「 輸入車 」一覧

NO IMAGE

300万円台の輸入車52台

100万円台、200万円台の輸入車と言うと、BセグメントやCセグメントのエントリーグレードや最量販グレードが中心で、200万円台後半になれば装備が充実したグレードも選べるようになる。 しかしオプションを選んで行くとあれよあれよと知らない間に300万円台になっていることも多い。 ということで、300万円台の輸入車ならばどうか?ざっと調べると52車種もあり、装備が充実していて満足のいく中間...

記事を読む

NO IMAGE

2017年新車カレンダー 注目の輸入車!

BMW5シリーズ 日本上陸2月 約100kg軽量化した7代目の走りは? 09年に登場したF10系から7年。型式名称をG30系に改められた新型5シリーズが2月にも日本に上陸する。 折しも最大のライバルといえも言えるメルセデスEクラスは一足先にフルモデルチェンジが施されたばかり。 その内容に注目が集まる。そして内容においての注目すべきトピックは、CLARと呼ばれる最新モジュールの採...

記事を読む

NO IMAGE

日欧Cセグメントハッチバック10車

新型インプレッサがデビューし、にわかに脚光を浴びているのがCセグメントカテゴリーだ。 VWゴルフをベンチマークとして新開発のプラットフォームが与えられた新型インプレッサは、大幅に完成度を上げて登場したが、その好敵手であるアクセラも今夏にマイナーチェンジを施して魅力度をアップ。 さらに、このカテゴリーのスタンダードモデルであるVWゴルフもこの11月にドイツ本国で大幅マイナーチェンジを受け...

記事を読む

NO IMAGE

コミコミ350万円ならメルセデス・ベンツも選べる!

メルセデス・ベンツBクラス 316万~505万円 メルセデスが「ニュー・ジェネレーション・コンパクトカーズ」と呼ぶFFベースモデルで最初に登場したBクラス。 見た目のバランス感がちょっと微妙な気もするが、プレミアムブランドでは数少ないスペースユーティリティ志向のコンパクトカーであり、後席の住居空間や荷室はサイズの割に広く、それでいて走りは軽快だ。 ひとつ上の「B180スポーツ」とは実...

記事を読む

イギリス車はなぜ外国資本に買われても魅力を失わないのか

イギリス車はなぜ外国資本に買われても魅力を失わないのか

一時の暗黒時代を乗り越え、近年イギリス車の魅力はますます向上。外国資本になっても揺るぎないパワーの源泉はどこにあるのか? 蒸気機関ではあるが、史上初めて自動車を生み出したのはフランスだし、ガソリンエンジンの自動車はドイツで生まれている。自動車の黎明期においてイギリスはいわば後発組。 そんなイギリス車が台頭する一因には、やはりロールスロイスをはじめとした超高級車がある。「自動車後...

記事を読む

NO IMAGE

PHV vs ディーゼル Cセグメントクラスではどちらが優勢か

プリウスとアクセラは、ヨーロッパではCセグメントと呼ばれているクラスに送り出されたファミリーカー。プリウスはエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッド車で、燃費に代表される優れた環境性能を実現している。充電器機能を備えたプラグインハイブリッド(PHV)の投入も間近に迫った。 CセグメントクラスはPHV勢の勢力が強い PHVは、ハイブリッド車の新しい形だ。環境保全に対する最も現実的な回答で、E...

記事を読む

NO IMAGE

今、日本で売れている輸入車は?

ブランド別の今年1~5月までの販売台数では、1位はベンツで2万5868台、2位は1万9952台でVW、3位は1万8987台でBMWというのがトップ3。VWは昨年の排ガス不正問題によって大きく販売台数を落とした一方で、ベンツは主力である新型Cクラスの人気やGLCなどSUVラインアップの拡充などでしっかりと売れ行きを確保。人気のBMWはベンツに700台近い差をつけられているが、改良モデルの投入などによ...

記事を読む

NO IMAGE

2016年新車カレンダー 輸入車

2016年1月 ●VWゴルフトゥーラン VWの3列シート7人乗りミニバン、ゴルフトゥーランは今年1月中旬に発売予定。ゴルフⅦから採用されているモジュラープラットフォーム、MQBによる新設計ボディはゴルフⅦに似たエッジのきいたシャープなーフォルム。室内空間は最大200mmのスライド機構を備えるセカンドシート、ニースペースが54mm拡大したサードシートなど広く、使いやすく進化している。 2016...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<


かんたん車査定ガイド

 

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス UcarPac ローラ ピンクver.

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。