「 EV 」一覧

NO IMAGE

国産ハイブリッドとヨーロッパ型ハイブリッドはどこが違うのか?

当たり前の話ではあるが、ハイブリッドは燃費効率を高めるために開発された技術だ。トヨタのTHSはまさにその王道を行くハイブリッド。実用領域での燃費効率では、未だこれをしのぐハイブリッドシステムは存在しないと言っても良い。 90年代の終わり、トヨタがTHSを開発していた当時、ライバルは最初それを冷ややかに見ていた。どのメーカーも「理論的に優れているが、コスト面で商品化は難しい」というスタンス。欧...

記事を読む

NO IMAGE

86/RZの後継者開発を明言!2018年にPHV2021年にEVも登場

新生SUBARU今後の戦略を占う! 営業利益、前期比33.7%増の5656億円と発表した15年度決算報告会で、吉永泰之社長は今後の新車戦略について、いくつもの重大な発表をした。 18年にZEV寄生に対応したPHVを投入 18年に北米向けの多人数乗車SUVを投入 19年に新設計のダウンサイジングターボを投入 21年にEVを投入 PHVは提携先であるトヨタの技術協力...

記事を読む

NO IMAGE

三菱が日産の傘下に!クルマはどう変わるのか

自動車業界再編と見るべきなのか。トヨタがダイハツを完全子会社化し、スバルと提携する一方で、日産が三菱を傘下に収める。もしかすると三菱の燃費に関する不祥事は仕掛けられたものだったのかもしれない。それはともかく、両社の提携でクルマはどう変わっていくのだろうか。 日産・三菱 協業が考えられるジャンル ●軽自動車:デイズ、デイズルークス、eKワゴン、eKスペース 現在、販売中止されいる現行モデルだが...

記事を読む

NO IMAGE

日産新型軽EV 軽自動車の常識を打ち破る電気自動車を開発中

燃費の不正問題で揺れている軽自動車だが、日産は軽サイズEVの開発を進めており、順調に着ているとの情報。リーフで培った技術があるだけに信頼性は文句無しで、あとはコストとデザインを含めた商品性がどうなるかが焦点。航続距離など、ガソリン軽の代わりが務まる車になれば、軽自動車の常識が変わる!

記事を読む

NO IMAGE

リーフの販売が絶好調。2~3月は2500台超えで倍増ペースに

日産の主力電気自動車「リーフ」が今年に入って絶好調の売れ行きを見せています。登録台数は1月2503台、2月2819台で1~2月の前年同期比は103.8%増と2倍強の急増ぶりです。 この第一要因として挙げられるのは、昨年12月に発売した航続距離280kmの改良モデル30kWhバッテリー仕様が好評のため。従来の228kmモデル「24kWhバッテリー仕様」より52kmも延長したのが売りとなっていま...

記事を読む

NO IMAGE

ノート 大革新EV誕生!

1.2Lエンジンを積んでいるのに電気自動車(EV)?ほかのハイブリッドとは違うシリーズ型で勝負に出る、ビッグチェンジノート。ガソリンで走るEVに注目だ。 コンパクトカー戦線で苦境に立つ日産は、本来3月に予定していたノートのビッグチェンジを10月に延期し巻き返しを図る。単に部分的な変更ではなく、好調のハイブリッド市場に革新的な技術で打って出る構えだ。 現在、日産のハイブリッド技術はフーガ...

記事を読む

NO IMAGE

年末にもEVベースのPHVをノートに設定か

日産は今年末にもEV(電気自動車)ベースのPHVをノートに設定する方向で開発を進めています。詳細はまだ明らかになっていませんが概要は現行1.2L3気筒エンジンと1モーター2クラッチ&リチウムイオンバッテリーの組み合わせでエンジンは走行には使わず、バッテリーへの充電のみで稼働させます。 バッテリーの蓄電を使い、残り容量が少なくなると自動的にエンジンが回り、バッテリーに充電します。ガソリ...

記事を読む

NO IMAGE

VW TYPEⅡ マイクロバスがEVミニバンで復活! その名はBUDD-e

フォルクスワーゲンはディーゼルエンジンの排気ガスソフトウェア不正操作という自ら招いた危機によって北米での信頼を失った。 その結果、この国の市場ではディーゼルエンジン搭載モデルの販売は当面見込まれず、その善後策として電化、すなわちEVの方向へと舵を切ると発表した。 その第一弾として1月5日、アメリカラスベガスで開催されたCES(国際家電ショー)で次世代EVコンセプトモデル「BUDD-e」...

記事を読む

NO IMAGE

日産の先進技術がカーライフを面白くする 日産IDSコンセプト

2016年高速道路の単一レーンで、2018年には複数レーンで車線変更を自動的に行う自動運転が可能になる。202X年、ニッサンIDSコンセプトの技術が多くの市販車に搭載され当たり前のものになる。 「2020年までに革新的な自動運転技術ゼロエミッション技術を複数車種に搭載する」 日産は、世界で最も優れた持続可能性を持った会社となることを目指しながら、環境負荷を低減する「ゼロエミッション」と、日産自...

記事を読む

NO IMAGE

テストコースで燃料電池車クラリティFCなどホンダが最新技術公開

ホンダは世界のモータージャーナリストを対象に、ホンダミーティングの名称で、開発中の先進技術を公開する場を設けている。2015年はとくに充実した内容だった。最も印象に残ったのは、16年3月からリース販売が始まる新型燃料電池自動車、クラリティ・フューエルセル(FC)である。クラリティFCは、燃料電池スタックを前作のFCXクラリティ(08年)比で33%小型化。 パワートレーンをエンジンフード内に集...

記事を読む

NO IMAGE

日産の安全技術説明会

日産は2015年10月23日、先進技術開発センター(神奈川県厚木市)で自動運転技術の説明会を開催した。日産は、走行中の二酸化炭素排出ゼロと日産車が関わる交通事故の死亡・重傷者数ゼロを掲げ、車の開発を進めている。 説明会では、EVのリーフをベースにした実験車両公開。このモデルは、ミリ波レーダーや360度をモニタリングする8個のカメラなどを搭載し、先進安全技術の実用化に向けた実証実験をおこなって...

記事を読む

NO IMAGE

小型モビリティの実証実験 トヨタ 沖縄県本部半島で

トヨタは2016年1月中旬から沖縄県本部半島で観光客用にCOMS(コムス)のカーシェアサービスを開始する。この試みは、自治体や旅行代理店などと協力し、小型モビリティと公共交通機関の併用によるスムーズな移動・交通システムを構築するための実証実験で、コムスによる観光客の回遊性向上や地域活性化の有効性を検証する。 コムスは1名乗りEVで、サイズは全長☓全幅☓全高2395☓1095☓1500mm。最...

記事を読む

NO IMAGE

三菱 eXコンセプト 航続距離400km以上のEVモデル

三菱exコンセプトは、次期RVRのプレゼンテーションモデルか。スタイリングは、三菱の新デザインモチーフの「ダイナミックシールド」フロントマスクとクーペライクなシルエットが特徴。サイドドアはセンターピラーレスの観音開き式ボディー。サイズは全長☓全幅☓全高4240☓1780☓1575mm。メカニズムは前後に出力70kWのモーターを配置したピュアEV。三菱独自の車両運動統合制御システム、S-AWCと駆動...

記事を読む

NO IMAGE

日産グリップス エンジンで発電するEVコンセプト

日産グリップスコンセプトはスポーツカーの興奮とパフォーマンス、そしてクロスオーバーSUVの必要性をかねそなえたコンセプトモデル。時期ジュークのうわさが高い。ボディは5ドアハッチバック。フロントドアは跳ね上げ式で、リアは後ろヒンジで大きく開く。Bピラーは未装備で、ドア開口部はワイドに設定された。室内はフル4シーター仕様。 パワートレーンはEV技術を応用したシリーズハイブリッド(エンジンで発電し...

記事を読む

NO IMAGE

日産が取り組むEV技術の進化のポイントとは?

日産は来るべき自動運転時代をEVとのセットでとられている。今回の東京モーターショーに出展されたIDSコンセプトもEVだし、現在の自動運転開発実験車両はEVのリーフである。 今の愛車7年落ちで下取り査定ゼロ・・・でも! >>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<< 現在直前しているEVのウィークポイントは航続距離の短さと充電にかかる時間と手間である。航続距離を伸ばすためにはバッテリーの効...

記事を読む

NO IMAGE

三菱 eX-コンセプト 軽ベースのi-MiEVとは別の乗用車ベースの三菱初のEVとして開発進行中!

三菱自動車のショーテーマのなかにある、SUVと電気の力、を表現したコンセプトカーが「eX-concept」だ。車名のeXはエレクトリッククロスオーバーを意味するもので、つまりこれはプラグインハイブリッドではなく純粋な電気自動車のコンパクトSUVとして提案されている。 コンパクトSUVというと、前回ショーに出品されたRVRコンセプトの進化版か?と考えがちだがそうではなく、前回のショーモデルはP...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。