「 2015年11月 」一覧

NO IMAGE

86 GRMNは219ccにパワーアップして1000台限定販売 12月21日発表!

トヨタがG'sに対してよりハイレベルのチューニングで展開しているGRMN。これまではiQがベースのスーパーチャージャーモデルやヴィッツターボなどを市販してきたが、ついに86をベースにした86GRMNが間もなく発売されるという。 今の愛車7年落ちで下取り査定ゼロ・・・でも! >>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<< 86GRMNはドイツのニュルブルクリンク24時間耐久レー...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダ 新型NSX 待望のスーパースポーツ、走る

ホンダNSXのプロトタイプ。新型NSXは、2016年春から北米(アキュラ・ブランド)で生産販売が始まり、日本発売は16年秋以降の予定である。開発責任者テッド・クラウス氏からの説明によると、「新型の技術は人間のためにある」という点を強調していた。これは1stモデルから継承したNSXの伝統と言う。1990年にデビューした1st・NSXは一般道でも扱いやすいミッドシップモデルだった。新型この設計思想を受...

記事を読む

NO IMAGE

エクストレイルは毎年の改良で進化させる戦略を継続

エクストレイルは毎年改良し、進化させる商品戦略を展開していますが、今年も基本的にはこの路線を踏襲する方針です。現行モデルは13年12月に登場し、1年後にハイブリッド車を追加設定する予定でしたが、実際は開発が遅れ半年弱ずれ込みました。 16年末は3年経過し比較的大がかりなマイナーチェンジの時期を迎えます。さらに次のステップとしてはクリーンディーゼル車の設定、オーテックニスモ、カスタマイズ、セー...

記事を読む

NO IMAGE

日産 2016年投入の新型車は3種類かも?

日産はこれまで2016年投入の新型車は4車種としていましたが、実際には3車種となる可能性が強いです。有力モデルとして挙げられるのは、セレナ、ジュークの次期型で、もう一車種はキューブの後継モデルとなりそうです。4車種とされたのはNMKVの軽自動車をベースとした電気自動車か燃料電池車で16年度終盤ぎりぎりになるためと思われます。投入時期は次期型セレナ&ジュークが16年度中盤、キューブの後継が来...

記事を読む

NO IMAGE

新型プリウス 商品力向上!

第44回東京モーターショーで注目を集めた4thプリウスのプロトタイプ。新型のJC08モード燃費は40km/L。燃費は世界最高値である。スタイリングは3rdモデルのイメージを踏襲し、先進の安全装備と4WD仕様の新設定など話題豊富である。4thモデルはハイブリッド車の代表的なモデルとして、いっそう商品力に磨きがかけられた。発売予定は15年12月である。 新型プリウス、いよいよ発売ですね。どれだけ...

記事を読む

NO IMAGE

1.4Lターボ搭載のロードスター FIAT124スパイダーデビュー

日本時間11月19日午前3時、ロサンゼルスオートショーで、オリジナルのデビューから実に49年の時を経て新しい124スパイダーが登場した。 今の愛車7年落ちで下取り査定ゼロ・・・でも! >>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<< すでに伝えられているように、ベースとなったのはマツダロードスター(ND型)。とはいえ両車共用を前提に開発された基本プラットフォームが使用されるに過...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタアクア 一部改良+特別仕様車発売

トヨタは15年11月4日、アクア(176万1382~210万109円)を一部改良して発売した。 今の愛車7年落ちで下取り査定ゼロ・・・でも! >>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<< 主な改良点は、衝突被害軽減ブレーキと車線逸脱警報、自動ハイビームなどの安全デバイスをセットにした「トヨタ・セーフティセンスC」の搭載である。(LとSはメーカーオプション扱い)。また買い物フ...

記事を読む

NO IMAGE

次期インプレッサ&WRX 市販は来年秋?

スバルファンだけでなく、車好きにとって今やレガシー以上と言っていいほど重要な存在になっているのがインプレッサシリーズ。早いもので、現行のインプレッサがデビューしてから12月で丸4年、来年には新型に切り替わることになる。 次期インプレッサ、どんな風になるんでしょうか。来年秋市販となれば買い替えも増えると思います。ところで、クルマを買い替えるとき、今の愛車をとりあえず無料一括査定サイトで価格確認...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタの販売店再編はどこまで進むか

多数の生産中止モデルの続出、併売車の新規導入などで、トヨタ系列店の再編がどこまで進むか注目されます。16年中に行われそうな廃止モデルはトヨタ店扱いがアイシス、FJクルーザー、トヨペット店がラクティス(カローラ店と併売)、カローラ店がカローラルミオン、ラクティス(トヨペット店と併売)、ネッツ点がRAV4、iQ、bB、イスト、ウィッシュの合計9車種が挙げられます。 今の愛車7年落ちで下取り査定ゼ...

記事を読む

NO IMAGE

ベンツ 新型ミニバンVクラス デビュー

メルセデスの三列シートミニバン、Vクラスがモデルチェンジした。新型は全車2142ccの直4ディーゼルターボ(163ps)を搭載し、駆動方式はFR。 今の愛車7年落ちで下取り査定ゼロ・・・でも! >>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<< ラインアップは4グレード ・V220dトレンド ・V220d (ともに全長4905mm) ・V220dアバンギャルドロング(全長51...

記事を読む

NO IMAGE

メルセデス・ベンツ 新型GLC Cクラスのクロスオーバーモデル

メルセデスGLCはCクラスベースのSUV。従来のGLKの後継モデルである。日本発売は15年12月の予定。ボディサイズは全長☓全幅☓全高4656☓1890☓1639mm(欧州仕様)。室内は前後席ともにたっぷりとしたスペース。最大ラゲッジ容量はGLK比80L増の1600L。 今の愛車7年落ちで下取り査定ゼロ・・・でも! >>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<< 欧州仕様はガソリンが2L...

記事を読む

NO IMAGE

マツダ 「越」 KOERU 新コンセプトモデル

マツダ「越(KOERU)」は、CX-5、CX-3に次ぐクロスオーバーSUVの新提案。ネーミングには「既存の概念・枠組みを越える」という意味が込められている。スタイリングは、マツダのデザインテーマ「魂動」を発展させたロングノーズシルエットでルーフが低い。 今の愛車7年落ちで下取り査定ゼロ・・・でも! >>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<< ボディーサイズは全長☓全幅☓全高4600☓...

記事を読む

NO IMAGE

三菱 eXコンセプト 航続距離400km以上のEVモデル

三菱exコンセプトは、次期RVRのプレゼンテーションモデルか。スタイリングは、三菱の新デザインモチーフの「ダイナミックシールド」フロントマスクとクーペライクなシルエットが特徴。サイドドアはセンターピラーレスの観音開き式ボディー。サイズは全長☓全幅☓全高4240☓1780☓1575mm。メカニズムは前後に出力70kWのモーターを配置したピュアEV。三菱独自の車両運動統合制御システム、S-AWCと駆動...

記事を読む

NO IMAGE

日産グリップス エンジンで発電するEVコンセプト

日産グリップスコンセプトはスポーツカーの興奮とパフォーマンス、そしてクロスオーバーSUVの必要性をかねそなえたコンセプトモデル。時期ジュークのうわさが高い。ボディは5ドアハッチバック。フロントドアは跳ね上げ式で、リアは後ろヒンジで大きく開く。Bピラーは未装備で、ドア開口部はワイドに設定された。室内はフル4シーター仕様。 パワートレーンはEV技術を応用したシリーズハイブリッド(エンジンで発電し...

記事を読む

NO IMAGE

軽自動車用4気筒エンジンはもう出てこない?

現在、軽自動車には4気筒エンジン搭載モデルは存在しない。最も古い4気筒エンジン搭載軽自動車は1962年2月に登場したマツダキャロルで排気量358ccのOHVで20ps/2.4kgmを発揮した。この翌年の63年8月、ホンダは354ccのDOHCエンジンを軽トラT360に搭載して市販。これが四輪車用としては歴代最小排気量の4気筒エンジン。このエンジンをベースにその後排気量を拡大しS500/600/80...

記事を読む

NO IMAGE

スバルのアイデンティティ 水平対向4気筒の将来は?

水平対向エンジンの未来は暗い。直4ならシンプルにおさまるヘッド周りが、動弁系だけでも2倍近い手間。さらに、吸排気の取り回しがやっかい。触媒やターボどういうふうにまとめるか、エンジニアの頭を悩ませる。結果としてパッケージ的にはほぼ縦置き専用。汎用性に欠けるから、この面でもなかなかコストが下がらない。おそらく今の状態から新たに水平対向4気筒の開発を提案したら、どこのメーカーでも即座にボツになるだろう。...

記事を読む

NO IMAGE

日本&世界の4気筒エンジン

小排気量化が進む現代、かつて高級車といえばV6やV8が主流だったのが一転、四気筒エンジンが一躍脚光をあびている。最新の日本&世界の4気筒エンジンの動きを見てみよう。 今の愛車7年落ちで下取り査定ゼロ・・・でも! >>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<< 2015年今時代は4気筒エンジンが主流となった ダウンサイジングの時代となり、今、4気筒エンジンが一躍脚光をあびている。...

記事を読む

NO IMAGE

4気筒エンジン ココも知りたい!

4輪車のエンジンで4気筒といえば「直列4気筒」が一般的。スバルは伝統的に「水平対向4気筒」を採用するため、日本では比較的一般的なイメージだが、世界的には特殊なエンジンレイアウトだ。 このほかV型4気筒というレイアウトもある。4輪車ではランチアフルヴィアやフォードコルセアなどがV4エンジンを搭載していたが、現在では搭載車はない。一方V4は二輪車ではホンダ、ヤマハ、スズキなど国内各メーカーもライ...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタ C-HR プリウスベースコンセプトモデル

トヨタC-HRコンセプトは、新型プリウスのメカニズムを活用したハイブリッドSUV。「新世代スペシャリティ」をコンセプトに開発中だ。デザインイメージはクーペフォルム。 スタイリングはダイヤモンドがモチーフで、ボディサイズは全長☓全幅☓全高4350☓1850☓1500mm。そして、トヨタの新プラットフォームTNGAの採用で、高いボディー剛性とハイレベルなハンドリング性能を目指す。 メカニズ...

記事を読む

NO IMAGE

なぜ新型プリウスはリチウムイオンとニッケル水素を両方設定しているのか

現行三代目のプリウスは、全車(プリウスαの7人乗りのみリチウムイオン採用)で動力用電池として、ニッケル水素バッテリーを採用していた。ところが、新型のプリウスでは、従来までのニッケル水素にくわえ、新たにリチウムイオンバッテリー採用グレードも設定してきたのだ。 今の愛車7年落ちで下取り査定ゼロ・・・でも! >>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<< 新型プリウス グレードと採用バッテリー...

記事を読む

NO IMAGE

進化する福祉車両&アイテム

少しの気遣い。助手席回転シート。ベース者+25万~35万円で乗降がうんとラクに 高齢者にとってクルマの乗り降りは結構辛いもの。そのサポートとして助手席回転シートはありがたい存在なのだが、トヨタが今回新開発した「助手席回転チルトシート」は、新たなステージに入ったと言っていい。使う人の快適性に真正面から取り組む姿勢と、盛り込まれたアイデアで使用感が大幅向上。 両親が歩けなくなると移動も大変にな...

記事を読む

NO IMAGE

バハポルタレグレ500 三菱が久々のワークス参戦 トラブルのためクラス19位

三菱が久々にワークス体制でラリーに挑んだ。10月23日から24日にポルトガルで開催された「バハ・ポルタレグレ500」に、三菱はアウトランダーPHEVで出場。ドライバーはダカール・ラリーウィナーの増岡浩、マシン開発および現地での技術支援は三菱のエンジニアが担当するまさにワークス体制での参戦だ。 アウトランダーPHEVは過去3年間、アジアクロスカントリーラリーに出ているが、それは三菱がマシンをプ...

記事を読む

NO IMAGE

フェラーリ・フォー ピニンファリナーがデザインを手がけたフェラーリFF

伝統のV12+4人乗り+全輪駆動=FF F12ベルリネッタからちょうど一年前のジュネーブ国際モーターショーでフェラーリが世界に披露したのがFFだった。ひとつのFは四輪駆動、もう一つのFは4人乗り、という意味。だから「エフ・エフ」と読むよりは「フォー・フォー」と読む方がしっくりくる。 フェラーリというと12気筒+ベルリネッタ(2人乗りクーペ)と、V8の2シーターモデルをイメージするかもしれな...

記事を読む

NO IMAGE

JEEP 新型レネゲード 好評発売中、コンパクトSUV

レネゲードは、ジープ初のスモールSUV。フィアット500Xとプラットフォームを共有し、日本仕様は500Xと同じイタリアの工場製。バリエーションは、FF仕様のオープニング・エディション、リミテッド、4WD仕様のトレイルホークぼ3タイプ。パワートレインは、FF仕様が1.4Lターボ(140ps)と6速DCT、4WD仕様は2.4L自然吸気(175ps)と9速ATの組み合わせ。フロントマスクは丸型ヘッドラン...

記事を読む

NO IMAGE

スズキ 新型イグニス プロトタイプ世界初公開

世界初公開のスズキ・イグニスは、コンパクトサイズの5ドアクロスオーバー。今年3月のジュネーブショーに参考出品されたiM-4である。早ければ年内にも販売が計画されている。ショー出品車は、標準仕様とアウトドアテイストを強調したトレイルコンセプトの2タイプ。 イグニスのボディサイズは、全長☓全幅☓全高3700☓1660☓1595mm(標準仕様)。スイフト(同3850☓1695☓1500mm)に比べ...

記事を読む

NO IMAGE

排気ガスの有害成分とはいったいなに?

フォルクスワーゲンの排ガス不正問題の報道で取り上げられているNOxとはどのような物質で人体に対してどのような影響があるのでしょうか?また、NOx以外にも排ガスには有害物質が含まれていると思いますが、それらがあまり問題とされていないのはなぜなのでしょうか? VWのディーゼルエンジン排ガス不正問題でNOx排出量が40倍・・・などと報道されています。さてNOxとは何なのでしょう? 日本語で言...

記事を読む

NO IMAGE

日産が取り組むEV技術の進化のポイントとは?

日産は来るべき自動運転時代をEVとのセットでとられている。今回の東京モーターショーに出展されたIDSコンセプトもEVだし、現在の自動運転開発実験車両はEVのリーフである。 今の愛車7年落ちで下取り査定ゼロ・・・でも! >>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<< 現在直前しているEVのウィークポイントは航続距離の短さと充電にかかる時間と手間である。航続距離を伸ばすためにはバッテリーの効...

記事を読む

NO IMAGE

BMW 3シリーズ マイナーチェンジ内容

14年4月の登場から約3年半となる9月12日、BMW用語のビッグマイナーチェンジを意味するLCI(Life Cycle Impulse)を受けたF30型3シリーズ。プレスリリースには内外観は小変更にとどまるが、エンジンは新世代エンジンに変わり、ダンパーのセッティングとハンドリング特性を刷新し、よりスポーティさと快適性を両立したとある。 BMW320i、320d、マイナーチェンジしたんですね。...

記事を読む

NO IMAGE

トライトン パジェロの兄弟車

パジェロスポーツのベースとなったトライトンもタフな走りを見せつけた。さすがにモーグルステージでは3mのホイールベースがネックとなり、走り抜けるのに苦労した。だがストロークたっぷりのサスペンションと高い剛性のボディとシャシーによってガレ場や岩場を苦もなく走りきる。 今の愛車7年落ちで下取り査定ゼロ・・・でも! >>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<< パジェロスポーツの方...

記事を読む

NO IMAGE

パジェロスポーツ 日本でも乗りたい完成度!

1982年に登場した三菱のパジェロは、ジープ譲りの高い走破性能を武器にSUVの代名詞となった。このパジェロの血を引くタフなアウトドアギアが「パジェロスポーツ」だ。その存在を知らない人も少なくないだろう。実はこのSUV、日本では発売されていない、海外専用車なのである。 今の愛車7年落ちで下取り査定ゼロ・・・でも! >>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<< パジェロスポーツのベース車は...

記事を読む

NO IMAGE

ダイハツ キャストスポーツ

キャストの「アクティバ」「スタイル」に続く3つ目のバリエーション、「スポーツ」が発売された。 赤色をアクセントカラーとした外観や内装デザインでスポーティさを表現。また、コペンで培ったサスペンションチューニングをほどこし、高い操縦安定性を実現している。さらに、7速マニュアルモードのパドルシフトも専用に搭載している。 専用装備としてはMOMO製革巻きステアリングホイールや、専用デザインの1...

記事を読む

NO IMAGE

スズキ エスクード 安さは正義

エスクードが10年ぶりにフルモデルチェンジした。これは大変身。現在も売られているが、エスクード2.4はラダーフレーム一体型のモノコックボディという堅牢が売りのモデル。FRベースのフルタイム4WDというのもマニア受けこそすれ、走りは近頃のSUVのイメージとはかけ離れている。 今の愛車7年落ちで下取り査定ゼロ・・・でも! >>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<< 4WDなら走破性もなか...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダCR-Z 熟成という名の高性能

軽量ハイブリッドスポーツとして唯一無二の存在、CR-Zが2度目のマイナーチェンジ。目立たないが、乗れば初期型とはまるで違う乗り味にホンダの意地を感じた。 今度のCR-Z、乗り味いいみたいですね。乗り継ぎの人も多いでしょう。それで、買い替えのとき、無料一括査定サイトで価格確認するとたお得なんですがご存じですか?オススメは、データを入力するだけで営業電話が来る前に概略価格が分かるかんたん車査定ガ...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダ プラネタリー式10AT FFビッグサルーンの走りが変わる

初代アコード以来、ホンダのATは並行2軸式という独特なメカニズムを継承してきた。特許の関係もあるが、他人の真似が嫌いな本田宗一郎さんの影響が大。以来40年、ユニークなATで今日までやってきたわけだ。 今の愛車7年落ちで下取り査定ゼロ・・・でも! >>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<< しかし、この並行2軸式、1速に1組のギアセットを必要とするため多段化が難しい。8速や...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダ 1L VTECターボ これぞダウンサイジングターボ

ステップワゴンを1.5Lターボで統一するなど、ホンダは国産勢で最もダウンサイズターボに熱心なメーカー。いよいよ3気筒1Lターボがデビュー間近となってきた。 今の愛車7年落ちで下取り査定ゼロ・・・でも! >>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<< このエンジン、2年前のホンダミーティングでプロトタイプに試乗したが、今回はほぼ量産仕様となってのお目見えだ。プロト時代はトルク感...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

1 2 3