「 2015年12月 」一覧

NO IMAGE

ハイブリッド激化!トヨタ、日産、ホンダに続きスズキ参入

16年からはコンパクトカーもSUVのハイブリッド化へとさらに加速。新興勢力のスズキも本格的にハイブリッド競争に参入する。 スズキ、マイルドハイブリッドはやってますが、ついに本格HV参入なんですね。もっと早く参入する予定が他が好調すぎて延期になってただけだったと思いますが。 まあ、これでまた新車販売が増えることでしょう。でも、買い換えるにしても値引きは期待できませんよね。だから、ちょっと...

記事を読む

NO IMAGE

12月下旬から16年2月上旬発売の「オデッセイHV」の事前予約受付を開始

ホンダは16年2月上旬に発売する「オデッセイHV」の事前予約受付を12月下旬から開始します。同パワートレインはアコードと同じ2L&2モーター&リチウムイオンバッテリー方式を採用。アコードHVのJC08モード燃費は30km/Lですが、オデッセイは車重があるので25km/L程度となります。 グレード構成は2WDのみで標準HVと上級の2タイプ。車両本体価格は350万~380万円でN...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダ 2016年 新車スケジュール

ホンダ-20-16スケジュールがわかった安全なフルモデルチェンジはフリードただ一台だが数多くのモデルがビッグマイナーチェンジを受けるフレッシュなモデルに生まれ変わる フリードは1.5Lハイブリッド、ターボは中止 12月上旬、埼玉県の某所で行われた年末恒例のホンダビジネスミーティング。販売会車を集め、翌年度の投入車種の説明が行われた。そこで発表されたのが、16年の新車はフリードのみという事実だ。...

記事を読む

NO IMAGE

新型コンパクトSUVの登場でラッシュはどうなる?

16年12月、トヨタは新型コンパクトSUVを発売します。クロスオーバータイプで対抗モデルはホンダヴェゼル。トヨタ全チャンネル扱いとなります。 ★★毛のない頭で考えるな!無料相談受付中!★★ 詳細はここをクリック→>>アイランドタワークリニック<< そこで気になるのがトヨペット店の専売モデル「ラッシュ」をどうするのか。ラッシュは4WDのみでオフロード色が強いが、新型はより乗用車色を強め...

記事を読む

NO IMAGE

出たばかりのプリウスだが本命はPHV EV走行距離は倍増の50km超

2016年末、プリウスPHVが生まれ変わる。MIRAIにも似た専用ボディにも似た専用ボディに大容量のバッテリーを搭載し、ソーラーパネル付きルーフも手に入れた次期型はゴルフGTEやアウディe-tronがライバルのプレミアムモデルに進化する。 12月9日に発売した新型プリウスは絶好調のすべり出しを見せ、4ヶ月から5ヶ月待ちと言われる。4チャンネル合わせての月販目標台数は1万2000台だから、あっ...

記事を読む

NO IMAGE

16年1月6日、一部改良、追加グレードを設定するノア/ヴォクシー/エスクァイアは1万1000-8万2000円の値上げ

16年1月6日に一部改良、追加グレードを設定するノア/ヴォクシー/エスクァイアは装備充実によるコストアップ分1万1000~8万2000円の値上げとなります。上げ幅に差があるのは安心パッケージのトヨタ・セーフティセンスCやセルフリストアリングコート(耐擦り傷クリア塗装)の標準装備やメーカーオプション装備によるものです。 従来ノアにXディライトプラス、ヴォクシーに「ZS煌」のネーミングで特別仕様...

記事を読む

NO IMAGE

レクサス RC-F 477ps、5L・V8自然吸気

レクサスRC-Fはスポーツモデルでトップクラスの実力の持ち主だ。ルックスは海外でも高い人気を呼んでいる。それは当然だろう。コックピットもまたかっこいい。夜間の照明はいい雰囲気を演出している。後席の実用性も十分にある。 RC-Fは今や少数派となりつつある大排気量NA(自然吸気)V8を積んでいる。高回転域まで引っ張った時の快感や、それに伴う豪快なサウンドは、魅力である。エンジン音には、必要以上に...

記事を読む

NO IMAGE

マークXのFF化がついに正式決定!次期カムリも加え、トヨタのセダンが大きく変わる!

トヨタミドルサイズセダン戦略大幅見直し アウディ、BMW、ベンツを直撃!マークXスポーツFFへ。カムリは燃費優先。どちらも大胆にスポーティ! トヨタが推進するまったく新しいクルマづくりの骨格TNGA(トヨタニューグローバルアーキテクチャー)。このプラットフォームを使ってマークXがFRからFFへの劇的な転身を図る。次期マークXは当初の計画通りFRをやめFFになる。TNGAを使ったクーペ風の新...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタ 2016年の登録車は独走の可能性あり

16年の新車試乗のうち軽自動車を除く登録者ではトヨタが独走しそうな趨勢になっています。15年にフルモデルチェンジやビッグマイナーチェンジしたアルファード、ヴェルファイア、カローラ、シエンタ、クラウンに加え、16年に入ると12月9日一新のプリウスのフル販売、3~4月にはパッソ、エスティマ、中盤にプレミオ/アリオンのフルモデルチェンジ&ビッグマイナーチェンジ。 そして後半に新規の新トール...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダS2000 マツダSKYACTIV-Rともにターボで始動 21世紀ターボ新時代

これから2~3年後に量産化されるターボの新技術をマツダとホンダが採用するという。その目的はともにスポーツ。電気を使ったターボが車を変える。 ロータリー50周年の2017年に間に合うか? ヨーロッパを中心にディーゼルエンジンやガソリンエンジンのターボが増えているのはよく知られているところだ。ガソリンエンジンの場合、ダウンサイジングターボとして、日本でもようやくそのウェーブが本格的に始まろうとして...

記事を読む

NO IMAGE

新型プリウスの死角?社内登録車のナンバーを外し、輸出に振り向けることを禁止。4系列販売店競争激化ですでに値引き10万円以上か?

12月9日に発表、発売した新型プリウス。16年3月末までの各販社への枠配車分のほとんどを売切り、すでに4月以降分の受注活動に入っています。ところが首都圏某販売店での情報によると、トヨタ営業部より「新型のプリウスについては中古車での輸出を禁止する」という指令がでたんだとか。 どうやって輸出するのか。社内やユーザー名で一旦登録し、その後ナンバーを外し輸出車両として業者に売却。東南アジアなど発展途...

記事を読む

NO IMAGE

スバル フォレスター 2.0XTアイサイト コーナリングがより軽快に

4代目フォレスターが初のマイナーチェンジを実施した。新型はフェイスリフトと安全装備の充実を図り、魅力がアップした。ウィンターシーズンに心強いSUVである。 販売好調のスバル車を牽引するモデルがフォレスターである。北米市場ではレガシィ・アウトバックと並び、月販1万5千台前後。国内SUV市場でも常に販売ランキング上位だ。 その人気モデルが、初のマイナーチェンジを実施した。SUV市場は国内外...

記事を読む

NO IMAGE

雪に強いSUV 4WDの真骨頂!

雪道と言っても大きく2つに分けられる。まず、ミラーバーンに代表される「氷」。そして吹雪の最中に出くわす深雪の類だ。ミラーバーンの場合、滑りやすい路面での駆動&制動性能が重要になり、後者だと最低地上高でほとんど決まってしまう。どんなにすぐれた駆動システムを持っていても、最低地上高150mmしかなければ、簡易な4WDシステムの最低地上高220mmには勝てない。 ということでモノコックのソ...

記事を読む

NO IMAGE

レヴォーグ「1.6G EyeSight S-Style」、クロスオーバー7「Modern Style」、レガシィ アウトバック「Limited Smart Edition」

スバルレヴォーグ「1.6G EyeSight S-Style」価格291万6千円、12月10日発売 特別装備として、上質な手触りと光沢感が特徴のパールスウェードと本革を組み合わせた専用シートを採用して、インテリアの質感を高めた。さらに18インチホイールと、上級グレードの「GT-S」と共通となるフロントマスクを採用している。 スバルクロスオーバー7「Modern Style」価格275万4千円 ...

記事を読む

NO IMAGE

現行国産スポーツ4WD

現在、国産で本格スポーツ4WDとよべる車はわずか7台という状態になってしまっている。そのスポーツ4WD車たちも、直結4WDや単純に機械式LSDを組み込んだセンターデフ式フルタイム4WDシステムの車は絶滅してしまっている。今、時代を引っ張るのは、電子制御カップリング式のアクティブオンデマンド4WDだ。 ひとくくりにアクティブオンデマンド4WDと言っても、エンジンやブレーキ等との協調制御をどうす...

記事を読む

NO IMAGE

日本車史を彩った4WDの名車 スポーツ系&SUV系

1985年にマツダファミリアが日本初のフルタイム4WDとして登場し日本の4WDは市民権を得た。雪道や悪路専用だった4WD(それまではパートタイムのみ)の車種ラインアップが一気に増加したのだ。 ファミリア以降30年の歴史を振り返ると、90年代まではスポーツ4WDクロカン4WDがブームだったことが分かる。その間もいわゆる「生活四駆」も増えていたが、4WDは付加価値のあるスペシャルなアイテムだった...

記事を読む

NO IMAGE

5代目インプレッサの実像に迫る 16年秋デビュー

冬がくれば思い出す4WDのありがたさ。4WDとなればスバルが注目されるのは当然のこと。特に東京で5ドア、LAで4ドアと、日米のモーターショーで相次ぎ次期型のコンセプトモデルが発表されたインプレッサは今、最も気になる存在。どんな車になりそうなのか情報をまとめて紹介。 正式デビューは16年秋。現行型と同じ4ドアのG4、5ドアのスポーツ、クロスオーバーのXVのラインアプで注目はまったく新しい概念で...

記事を読む

NO IMAGE

ハスラー VS キャストのシェア争いが一段と熾烈に

ハスラーとキャストの販売競争が一段と熾烈になりそうな雲行きになっています。9月9日に発売したキャストは10月の販売で同ジャンルのトップに立ちました。 が、10月の販売台数はキャストの8895台に対してハスラーは8375台でわずか520台差。ハスラーは12月7日にマイナーチェンジし、より燃費のいいS-エネチャージ車や装備を充実させたG-2グレードの設定などで巻き返しを図りつつあります。 ...

記事を読む

NO IMAGE

2015年モータースポーツ F1

フェラーリ大幅戦力アップも最強メルセデスがシーズンを席巻 15年F1グランプリもアブダビを最後に幕を閉じた。結果はメルセデスワークスの圧勝。最後までクラス違いの速さを誇り、ワールドチャンピオンにルイス・ハミルトン、そして2位にはニコ・ロズベルグ。ポールポジションは常にメルセデスのものであった。結果ドライバーズとマニファクチャーのダブルタイトルを2年連続で獲得。他チームにはアンタッチャブルな勢でF...

記事を読む

NO IMAGE

VWジャパン VWディーラーの現状はどうなっているのか?

VWジャパン販売店によっては通常より10万円上乗せして値引きもあるとか!? 渦中のVWディーラーに現状を確認したところ、こんな感じらしい。 箇条書きにまとめると、 ●米国でのディーゼル問題、日本には直接関係ないけど影響あるの? ○15年の10月には全国レベルで14年の同月比で販売台数が約半分(52.0%、JAIA公表値) メーカーがCMやフェアなどの販促活動を抑えているのもあ...

記事を読む

NO IMAGE

RVRの後継モデルはコンパクトクラスにサイズダウンしネーミングを変更か

RVRの後継モデルは当初16年中盤にも発売する予定でしたが、3年程度先送りになっているようです。 新開発1.5LクラスのNAガソリン、クリーンディーゼル、PHEVのパワートレインを搭載、同クラス最高の低燃費をウリとする方向で開発を進めていますが、これまで目標とした軽量化、クオリティアップ達成に多少時間がかかっている事から、発売時期をずらすようです。 サイズダウンし、コンパクトクラスにシ...

記事を読む

NO IMAGE

2015年車メーカのトピック

トヨタ:新型プリウス 「いいクルマを作ろう」という企業方針のもと新プラットフォーム「TNGA」第1弾として誕生した新型プリウス。これが一番です。プリウス=環境、燃費というイメージに「走る楽しさ」加えたのが新型の魅力で、それこそが「いいクルマを作ろう」の具現化。トヨタとしてチャレンジングな1台です。 日産:自動運転 やっぱり矢沢永吉さんが出演したCM やっちゃえ日産で動き始めた自動運転です。東...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダ オデッセイHVとフリードの発売日程

オデッセイHVは16年2月上旬発売が濃厚 オデッセイHVは16年2月上旬発売で最終スケジュールを確定する見込みです。年内にも価格を決め、予約受付をスタートする予定です。 パワートレインはアコードと基本的に同一ユニットで2L&2モーター&リチウムイオンバッテリーの組み合わせです。2WDのみとなることから、370万円程度の設定となるのが濃厚です。 次期型フリードは16年4月下...

記事を読む

NO IMAGE

日産から自動ブレーキ エマージェンシーブレーキ搭載車続々登場!

クルマが人を守る 日産の先進安全技術 日産が誇る先進安全技術。その中核が「クルマが人を守る」をキーワードにした「セーフティ・シールドコンセプト」だ。これは被害を軽減する「衝突安全技術」に加えて、危険な状態に近づけないとする「予防安全技術」の両側面から成り立つ日産独自の安全思想であり、この先、導入が期待されている自動運転技術の開発にも活かされている。 さらに日産では全方位の予防安全として自車...

記事を読む

NO IMAGE

絶好調のS660は納期7ヶ月待ちで16年6~7月納車

15年3月末に発表、発売したS660が引き続き好調な販売推移を見せています。月産1000台規模に増産していますが、9か月を経過した11月下旬現在でも受注ピッチは加速傾向にあり、納期は7ヶ月待ちの16年6~7月。ライバルのダイハツコペンは月産600台そこそこですから、これを2倍近く上回っていることになります。 S660、大人気ですね。ちょっと売れ過ぎじゃないでしょうか。買い換えるにしても値引き...

記事を読む

NO IMAGE

2015年の新技術 話題の自律自動ブレーキ

自律自動ブレーキの評価は難しい。それは「時速何キロから停止できるか否か」という最終機能だけに焦点が集まりやすいからだ。 自立自動ブレーキ、気になりますね。次に買い換えるなら装着車をと思います。それで、買い換えるなら今の愛車がディーラー下取りより高く売れる一括査定を利用しようかなと。特にデータを入力するだけで営業電話が来る前に概略価格が分かるかんたん車査定ガイドがよさそうです。30万円高く売れたら...

記事を読む

NO IMAGE

日産の先進技術がカーライフを面白くする 日産IDSコンセプト

2016年高速道路の単一レーンで、2018年には複数レーンで車線変更を自動的に行う自動運転が可能になる。202X年、ニッサンIDSコンセプトの技術が多くの市販車に搭載され当たり前のものになる。 「2020年までに革新的な自動運転技術ゼロエミッション技術を複数車種に搭載する」 日産は、世界で最も優れた持続可能性を持った会社となることを目指しながら、環境負荷を低減する「ゼロエミッション」と、日産自...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタ、廃止モデル9車種を16年前半まで生産継続か?

トヨタはこの12月から16年前半にかけて9車種ものモデルを廃止する見込みです。ただ11月末現在ではカローラルミオン以外はまだ販売を継続させています。オーダーを入れると納期は16年1月下旬から2月上旬です。 (生産中止予定の車種) ・ウィッシュ:2月上旬 ・ラクティス:1月中旬 ・アイシス:1月下旬 ・iQ:2月下旬 ・イスト:2月上旬 ・bB:1月下旬 ・FJクルーザー:1月下...

記事を読む

NO IMAGE

新型プリウス、1日あたり国内生産を高水準に押し上げ=トヨタ社長

12月14日、トヨタは全面改良した「プリウス」の本格生産・出荷を祝うラインオフ式を堤工場で開いた。トヨタ自動車は14日、約6年半ぶりに全面改良した主力ハイブリッド車「プリウス」の本格生産・出荷を祝うラインオフ式を堤工場(愛知県豊田市)で開いた。新型プリウスの事前受注は月間販売目標の5倍に相当する約6万台に達しており、今注文すると納車は最短3カ月待ちで、12月の1日あたり国内生産台数は前年同月に比べ...

記事を読む

NO IMAGE

2015年の国内販売状況 8メーカーの販売台数や前年比、前年比アップ車種数など

登録乗用車の販売台数 登録乗用車の販売台数をチェック。8メーカーの15年1~10月までの累計販売台数で最も多いのはやはり世界一の売れ行きを誇るトヨタ&レクサスで109万5250台。2位のホンダに70万台以上の差をつける圧倒的な販売台数だ。 その内訳はトヨタが約105万台、レクサスが約4万台で、レクサスはRCなどの新型車両投入の効果もあって好調な売れ行きを確保した。登録車を4車種しか...

記事を読む

NO IMAGE

2015年のニューモデル評価 トヨタ盤石の1位、スズキ健闘の3位

15年の新車の特徴をキーワードでまとめるとすると「スポーツカー」「限定車」「ハイブリッド」ということになりそうだ。2015年は例年になく豊作の年で、アルトターボRS、S660、ロードスターなどが次々に登場。また次のキーワードである「限定車」でも華のあるスポーツモデルが相次いだ。登場順にBRZ ts(300台)、ランエボXファイナルエディション(1000台)、WRX STIベースのS207(400台...

記事を読む

NO IMAGE

シエンタ 納期 シエンタは4月以降の納車

15年7月9日にフルモデルチェンジした新型シエンタは引き続き好調な販売推移を見せています。11月下旬現在の納期は来年4月中旬で、早くも下半期分の販社の売り上げには貢献できない状況になっています。 したがって、トヨタ系列店ではアルファード、ヴェルファイア、ヴォクシー、ノア、エスクァイアの各人気ミニバンの増販でカバーすべく年末セールや決算セールに対応しようとしています。 シエンタ、ちょっと...

記事を読む

NO IMAGE

マイナーチェンジで売れ行き大幅アップ 販売アップ率トップ30車!

マイナーチェンジで売れ行き大幅アップをはたしたのはどの車なのか?今回はマイナーチェンジを行ったの前の月を比較して算出した。大幅アップを果たし1位に輝いたのは何と日産フーガだった。09年にデビューしてから6年、モデル末期で販売台数は100台を割り込んでいた。それが2月に行ったフルモデルチェンジじゃないのか?というビッグマイナーチェンジで一気に1230台まで回復し、増加率は1351%を記録。 フ...

記事を読む

NO IMAGE

2015年マイナーチェンジ車 ベスト10

マイナーチェンジによって車の性能や魅力がどれだけ大きく進化したのか。進化度の高いクルマベスト10! マイナーチェンジ後は、買い替えが多いですよね。旧型の大幅値引きを狙うのもありますし。それで、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格なんですが、ディーラー下取りよりお得なのが一括査定。特にデータを入力するだけで営業電話が来る前に概略価格が分かるかんたん車査定ガイドです。30万円高く売れたら浮いた...

記事を読む

NO IMAGE

2014年12月~15年11月にマイナーチェンジした国産車64モデル一覧

日本では、新車投入から4~6年程度のサイクルでフルモデルチェンジが行われる。その間、当該モデルが他社のライバル車との競争力を維持するために行うのが「マイチェン(マイナーチェンジ)」だ。 マイナーチェンジ後は、買い替えが多いですよね。旧型の大幅値引きを狙うのもありますし。それで、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格なんですが、ディーラー下取りよりお得なのが一括査定。特にデータを入力するだけで...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

1 2