「 2017年02月 」一覧

NO IMAGE

プリウスPHV発売!大容量バッテリ&システム改良で大幅進化

トヨタプリウスPHV 2月15日発表! EV走行換算距離:68.2km、JC08モード燃費37.2km/L EV走行距離は先代比2倍超 普通充電のほか急速充電も対応 量産車初のソーラー充電採用 昨年秋のデビュー予定から延期していた新型プリウスPHVだが、ついに2月15日に発表された。 この新型プリウスPHVの発売にあたってトヨタが強調したのは、プラグイン...

記事を読む

NO IMAGE

ホンダフィット、N-BOXモデルチェンジ

フィットをマイナーチェンジしホンダセンシング装備車を設定 ホンダは6月上旬にもフィットをマイナーチェンジすると同時に安全パッケージ「ホンダセンシング」装備車を設定、発売します。 マイナーチェンジでは内外装のデザイン変更と同時に、Fパッケージを除くL&Sパッケージにホンダセンシング装備車を設定します。 ハイブリッド車は新型フリードに採用した改良ユニットを移植する可能性もあります...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタミニバンビッグマイナーチェンジ、アクア販売激減

2017年度にトヨタ主力ミニバン勢をビッグマイナーチェンジ トヨタは17年度に、主力ミニバンであるヴォクシー/ノア/エスクァイア、アルファード/ヴェルファイアをビッグマイナーチェンジし、商品ラインアップを大幅に強化する方針です。 上期はヴォクシー/ノア/エスクァイアで5~7月、下期にはアルファード/ヴェルファイアの改良車投入となります。 エスクァイアは発売が14年10月末でヴォクシー...

記事を読む

NO IMAGE

新エコカー減税で減税が縮小する車種予想(スズキ・ダイハツ)

スズキ、ダイハツは軽自動車メーカーなので、以前の軽自動車の税金引き上げの時に販売台数が減少するなどの問題がありました。 燃費がいいのでエコカーに指定されていた軽自動車ですが、ここでエコカー減税幅の縮小にあうとなると、売れ行きがさらに厳しくなりそうです。 街中をちょっと走って、というセカンドカーの用途として便利な軽自動車ですが、買い替え時期に来ているのならエコカー減税が縮小する前に購入を...

記事を読む

NO IMAGE

新エコカー減税で減税が縮小する車種予想(マツダ・三菱・スバル)

マツダ、三菱、スバルともエコカー減税縮小の影響は大きいと思われます。三菱は燃費不正問題などがあり、これが追い打ちをかける形になるのかもしれません。 ガソリン車についてはもちろんですが、スバルのXVハイブリッドは、ハイブリッドであってもエコカー減税が縮小するのでこういう車種についても注意が必要でしょう。 マツダCX-5、三菱eKワゴン、スバルレヴォーグ、などの売れ筋も該当しているようです...

記事を読む

NO IMAGE

新エコカー減税で減税が縮小する車種予想(ホンダ車)

ホンダはトヨタと並んでハイブリッド車による低燃費車をだしていたわけで、そういうハイブリッド車についてはエコカー減税の対象車種になると思いますが、そうでないガソリン車はエコカー減税が縮小してしまうと思われます。 もしも、これからガソリン車の購入を検討しているのであれば、早めに対応したほうがいいでしょう。 たとえば、ホンダフリード13G(6人乗り)は2020年度基準を達成していて、現在は取...

記事を読む

NO IMAGE

新エコカー減税で減税が縮小する車種予想(レクサス、日産)

日産のノートe-POWERは燃費がよくてバカ売れしたわけで、もちろんエコカー減税対象というわけですが、ガソリン車を中心に減税額が縮小してしまう車種が多いようです。 エコカーと言われていても、燃費基準をどこまで達成しているかによって税金がどうなるのかが変わってきますから、この部分も十分に注意が必要ということ。 これから車を買い換える場合、燃費がいいに越したことはないでしょうが、希望の車種...

記事を読む

NO IMAGE

新エコカー減税で減税が縮小する車種予想(トヨタ車)

エコカー減税は燃費性能のいい車にかかる税金を軽くして購入しやすくするもの、というのはご存知のとおりですが、この減税率が2017年4月から縮小される予定です。 どの車種がどの程度、減税額が縮小されるかは明確ではなく、各メーカーは公表していませんが、エコカー減税の改正案は発表されているので、ある程度の予想はできるようです。 最終的にはディーラーに確認する必要がありますが、目安にはなると思い...

記事を読む

NO IMAGE

アウディA3 1月26日発売 中身は最新鋭に!価格は293万円~

アウディのプレミアムコンパクト、A3スポーツバック、A3セダン、S3のビッグマイナーチェンジモデルが1月26日から発売開始された。 精悍な顔つきになり、押し出し感が強くなったというのが第一印象。インテリアではフルデジタルのバーチャルコックピットがA3として初めて採用され、MMIコントロールユニットも使いやすくなり、オプションのナビを選ぶことによりスマートフォンとの連携も可能になった。 ...

記事を読む

NO IMAGE

VWティグアン TSI R-Line 試乗

つながる楽しさと充実の安全装備を持つ実力派SUV ドイツ本国で9年連続SUVのベストセラーとなるVWティグアンの新型が登場となれば、輸入車SUVの勢力図も変わってくる。 今回の試乗はRライン。RラインはコンフォートラインやハイライトとはLEDヘッドライトと専用バンパー、ボディ同色のサイドシルカバーを装着し、最上級グレードにふさわしい仕立てだ。 足回りは255/45R19とこのクラスに...

記事を読む

NO IMAGE

三菱アウトランダーPHEVの進化

「欧州プレミアムSUVに引けを取らない高性能」。アウトランダーPHEVの開発地からの目標だ。デビューから4年を経て、その願いにまた大きく近づいた。 アウトランダーPHEV改良のポイント プラグインハイブリッドシステムの改良によるEV走行の強化 従来比約10%のバッテリー容量アップ 歩行者検知機能の追加ほか予防安全技術の向上 ショックアブソーバーのチューニング見直しで操...

記事を読む

NO IMAGE

ヴィッツハイブリッドの走りは?燃費は?進化している?

ヴィッツハイブリッド!ハイブリッド搭載だけではなく全体的に進化している 実はヴィッツハイブリッドで走り出せば、アクアと大きな違いを感じるものではない。それはそうだ。1.5LエンジンのTHSⅡはアクアやシエンタに搭載されるものとパワースペックは同じ。 車重にしてもアクアの1080kgに対しヴィッツハイブリッドは1110kgと僅か30kg差なので動力性能面での「違い」を感じることはない。そうい...

記事を読む

NO IMAGE

新型スイフトの進化!直3、1Lターボ&直4、1.2Lハイブリッド

新型スイフトここが進化した 新開発プラットフォームを採用し、軽量化と高い剛性を両立 新搭載の直3、1Lターボはバレーノ用とは異なりレギュラーガソリン対応 サスペンションやエンジンなど徹底的な軽量化によりトータル120kgの軽量化 衝突軽減ブレーキは単眼カメラ+赤外線レーザーレーダー方式を採用 課題だった後部荷室容量は55L拡大した265L フロントシートは新...

記事を読む

NO IMAGE

ワゴンR マイルドハイブリッドと新プラットフォームで進化

新型ワゴンRのポイント 3つの顔を採用し、デザインを大幅一新 モーター走行できるマイルドハイブリッド搭載 室内は広くなり、利便性をアップ スズキ独自の先進安全技術を採用 標準形ワゴンRが2つのスタイルに! ワゴンRハイブリッドFX:マイルドハイブリッド33.4km/L 「FA」は直3NAエンジン搭載で26.8km/L。標準型ワゴンRのベーシックグレード...

記事を読む

NO IMAGE

スバル新型レガシィ速報!2017年の新種も続々登場!

スバルは2月3日、11月から開催される北米シカゴオートショーで、2018年型レガシィを出展すると発表した。 フロントバンパー、インテリアなどが現行モデルから変わっているが、この2018年型レガシィはそのまま日本でマイナーチェンジモデルとして売られることになる。具体的には日本のマイナーチェンジモデルの先行公開とも言えるわけだ。 日本でのマイナーチェンジの予定は9月から10月。北米でも18...

記事を読む

NO IMAGE

新型スバルXV!人気のSUVで勝負 3月8日から予約開始

スバルグローバルプラットフォーム第2弾。新型XVに新シリーズFB16、1.6Lエンジン設定。性能、価格、高度にバランスされた新時代の本格的SUV誕生。3月8日から先行予約開。 XVコンセプトの登場から1年、いよいよ市販型のXVが3月のジュネーブショーで公開されることが決まった。 全体的なフォルムはそのまま、イメージカラーも明るいブルーグレーとコンセプトカーに近いデザインで登場する。 ...

記事を読む

NO IMAGE

日産、ホンダ、スズキ 低金利残価設定クレジットで増販攻勢

日産 決算セールを低金利残価設定クレジットで増販攻勢 日産は3月末までの今期決算セールを実質年利0.1~2.9%の低金利残価設定クレジットで盛り上げ、増販攻勢をかける方針です。 車種別に実質年利を分けて実施します。電気自動車のリーフは0.1%、セレナ、エルグランド、スカイラインを1.9%。エクストレイル、ジューク、キューブ、軽自動車を2.9%としています。 通常だと4.9%なのがセレ...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタ新型車!新型クラウン、新型プリウスPHV、C-HR

次期型クラウン発売は18年6月に先送り トヨタ販売店筋によると、今年末を予定していたクラウンのフルモデルチェンジは、半年後の18年6月に先送りされたようです。 上級バージョンのクラウンマジェスタについても同時一新の予定でしたが、1年後の19年中盤に延期となった模様です。 基本的な車作りのコンセプトに変更はありませんが、フロント周りを中心としたエクステリアデザインの練り直しが必要との判...

記事を読む

NO IMAGE

コンパクトカー最新カタログ!200万円で買えて燃費もいい

3月は車の買い替え時。税金が安いということで人気の高かった軽自動車に2016年異変が起こった。税金体系の見直しだ。そこで再注目したいのがコンパクトカークラスの経済性。しかも軽より広く、走りも快適。今、車を買うならコン、パクトカーが狙い目だ。 新車販売については、残念ながら2016年の新車販売台数は500万台終わったというニュース。これは新車販売台数が約421万台に落ち込んだ東日本大震災の20...

記事を読む

NO IMAGE

2016年国内自動車メーカー販売台数ランキング

2016年の概況 昨年は15年末にフルモデルチェンジを果たしたプリウスが、それまで3年連続でトップとなっていたアクアから見事に王座を奪還する形になった。年間累計販売台数は22万840台で、2位アクアに5万2632台と圧倒的な差をつけている。 このトヨタのハイブリッド軍団がワンツーを形成し、それに続く登録車も9位にシエンタ、10位にヴィッツとトヨタ車がトップ10にランクイン。 トップ1...

記事を読む

NO IMAGE

自動ブレーキ評価!国内各社代表的システムの比較

まずはセンシング方式について確認する。 3つに大別されるセンシング方式 赤外線レーザー方式 家電リモコンなどでよく使われている、指向性の強い赤外線レーザーを照射して、その反射してきたものを検知する。 ただし、照射できる距離が10m程度と短く、検知できるエリアも小さい。検知は対物のみで、作動速度は30km/hが上限。コストが安く軽自動車などに多く採用されている。 ミリ波レーダー方式 ...

記事を読む

NO IMAGE

ベンツ、BMW、レクサスの残価設定 本当に価値ある車は?

一つのブランドの中で、どの車種が販売店に「価値がある」と思われているのか。普通は新車価格が高い順にそれが示されているように思うが、さにあらず。ここでも残価設定ローンの残価設定率がその大きな参考になる。 ここではメルセデスベンツ、BMW、そしてレクサスという3つのプレミアムブランドで調査。基本的に各車種で最もベーシックなグレードの3年後の残価設定率を取り上げているが、「新車価格が車の価値を示し...

記事を読む

NO IMAGE

残価設定ローンにみる最新モデルの期待値

最新モデルは下取り価格がまた予想されていないので、残価設定ローンの残価設定額が市場価値の参考になる。 販売店がその車に対してどの程度の市場価値を見込んでいるのか、あるいはどのくらいの期待値を持っているのかが数字となって出ていると思っていい。 新車価格から3年後の残価設定率を調べてみると、なかなか興味深い数字となっており、1位はプリウスとセレナが59.4%で並び、3位がC-HRの54.9...

記事を読む

NO IMAGE

下取り残価率ライバル対決!本当に価値があるのは?

車の本当の価値は売る時の価格残存率に表れるんだそうです。ということで、下取り残価率についてライバル対決の表でご紹介します。(2017年1月現在) アルファードハイブリッド vs ガソリン(2年落ち2015年式で比較) 車名 新車価格→下取り価格(万円) 残価率(%) アルファードハイブリッドG 442.2→315 71.2 アルファード3.5S...

記事を読む

NO IMAGE

BMW7代目5シリーズはベンツEクラスを超えたか?

6世代で世界累計生産台数が720万台以上。アッパーミドル級サルーンの雄、BMW5シリーズが7世代目へとフルモデルチェンジし、ついに日本上陸を果たした。 ちなみにベンツEクラスはと言うと、昨年夏10代目が日本にやってきた。世界累計は1200万台以上と言うから、歴史という点では5シリーズを圧倒する。 先駆者というわけだ。とはいえ世代ごとの台数を平均して考えれば、両車がっぷり四つ。FRアッパ...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタC-HR!買いはターボか、ハイブリッドか?

新型プリウスのプラットフォームをベースに開発されたコンパクトSUVのC-HR。 C-HRの「買い」はズバリ、ハイブリッドモデルなのか、それとも1.2Lターボエンジン搭載モデルなのか?これ、なかなか悩ませる選択肢なのだ。 ハイブリッドはFFのみで一方1.2ターボは4WDのみという設定なので4WDが欲しければターボ一択。 共に18インチタイヤの「G」と17インチタイヤの「S」2つのグ...

記事を読む

NO IMAGE

スイフト(4代目)フルモデルチェンジ 新技術も満載!

スイフトが4代目へとフルモデルチェンジ。新型はプラットフォームからエンジンまで一新され、車重は先代より約120kgの軽量化を実現。すべてが新しくなった新型スイフトの走りはどうなのか? 走りの良さを武器に、世界中に多くのファンを持つのがスズキのスイフトだ。16年4月、スズキの車としては最短となる11年5ヶ月で世界累計販売500万台の偉業を達成している。 スズキを代表するコンパクトカーに成...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。