「 インプレッサ 」一覧

NO IMAGE

スバル インプレッサは納期待ちだがエクシーガは苦戦?

スバルの登録車は全モデル納期が2~3ヶ月待ちに スバルのインプレッサはじめ、レガシィ、レヴォーグ、フォレスター、XVの各車種が軒並み2~3ヶ月の納車待ちとなっています。 インプレッサは新型に切り替わったばかりで多数のバックオーダーを抱えているので、納車待ち期間が長いのは理解できますが、他のモデルは別の理由があります。 アメリカ、ヨーロッパ各国からの引き合いが多く、生産が追いつかない状...

記事を読む

NO IMAGE

新型インプレッサは本当にいいのか?アクセラ、V40との比較

スバルインプレッサスポーツ2.0i-S 構成されている面そのものにソリッド感演出などの表現が弱く、初心者の厚化粧のように強く数多いキャラクターラインだけで表現されているデザイン。 一方シャシー性能はとても高く評価。ボディ剛性も高く、足はしなやかにバランスよく動き乗り心地もいい。 ステアリング系の剛性不足は要改良。しっかり感が弱い操舵系のフィーリングで車全体の高級感を残っているのが残念...

記事を読む

NO IMAGE

新型インプレッサ 9/1からの先行受注で約6000台!

新世代スバルグローバルプラットフォーム採用。1.6L車はVer.3、歩行者保護エアバッグ完備で200万円を切る!日本のCセグの水準を変える!スバルインプレッサ10月13日発表。 新型インプレッサの注目ポイント 新世代スバル グローバル プラットフォーム採用で「クラスを超えた感動質感」実現 全グレードに最新のアイサイトVer.3と国産車初となる歩行者保護エアバッグを標準装備化 ...

記事を読む

NO IMAGE

新型インプレッサ対VWゴルフはいい勝負?

発表までもう間もなくというところで新型インプレッサのプロトタイプ試乗会が修善寺サイクルスポーツセンターで行われた。 今回スバルが用意してくれたテスト車は5ドアハッチバックのインプレッサスポーツ、17インチ仕様の2.0i-Lアイサイトと18インチ仕様の2.0i-SアイサイトでいずれもAWD仕様。比較車両として1.4L直4ターボのゴルフを用意した。 【広告】 (adsbygo...

記事を読む

NO IMAGE

次期インプレッサは10月13日に発売、1.6L車は2017年2月発売

スバルは次期型インプレッサを10月13日に発表、2L車を同日から、1.6L車は来年2月に発売します。2Lハイブリッドは1年後に追加する見通しです。 次期型は新開発の「スバルグローバルプラットフォーム」を採用する第1弾で、ボディ剛性を40%アップしています。 5ドアスポーツのボディサイズは現行車比で、全長プラス45mm、全幅プラス35mm、全高マイナス10mmの安定したプロポーションとな...

記事を読む

次期型インプレッサは10月20日発表、11~12月発売

次期型インプレッサは10月20日発表、11~12月発売

スバルは次期型インプレッサを10月20日に発表、11~12月に発売します。 新開発のプラットフォームを採用し、商品ラインアップは5ドアハッチバックの「スポーツ」と4ドアセダンの「G4」で、エンジンはNAガソリンの水平対向1.6L&2L。いずれもFFと4WDが設定されます。 発売時期は、2Lは11月から、1.6Lは12月からとなり、予約受注はいずれも9月からスタートします。 2Lハ...

記事を読む

NO IMAGE

インプレッサ 先行予約開始2016年9月~

今年3月にニューヨークモーターショーでワールドプレミア、4月には北米仕様のG4が日本初披露された新型インプレッサだが、7月26日、待ちに待った日本仕様がついに公開された。 今回、新たに日本仕様のボディサイズと2LエンジンのスペックやアイサイトVer.3&歩行者保護エアバッグの全車標準装備化を発表。さらに今後のスケジュールも発表された。 7月26日からティザーサイトがオープンし、...

記事を読む

NO IMAGE

次期インプレッサ10月末発表11月発売9月1日予約開始

スバルは10月末にインプレッサをフルモデルチェンジして、11月から発売開始します。ボディタイプは5ドアハッチバックのスポーツと、4ドアセダンのG4。エンジンはいずれも水平対向4気筒のノンターボで1.6L&2Lの2ユニット。 現行モデルのスポーツに搭載されている2Lハイブリッドは7月24日をもって一旦生産中止し、次期型では当初設定されませんが、1年後に追加される見込みです。次期型は9月1日から...

記事を読む

NO IMAGE

新生SUBARUの象徴モデル NEWインプレッサ最新情報

次世代のプラットフォームSGP(スバルグローバルプラットフォーム)の第一弾として、今年10月に登場予定の次期インプレッサ。北米仕様の実車が公開済みで、仕上がりの良さは知られている。 SGPは各部の豪勢を70~100%向上させ、動的質感を飛躍的にアップさせるプラットフォーム。ある技術部門の役員は「レオーネがレガシィになったくらいの大変化」と表現したが、当然、この次期インプレッサへの注目が集まる...

記事を読む

NO IMAGE

新型インプレッサ 進化の中身!日本発売は今年10月

スバルグローバルプラットフォームを初めて採用する新型インプレッサはまさに「維新を感じさせる」ものだった。 スバルのデザインキーワード「ダイナミック☓ソリッド」。これもこの新型インプレッサから採用されたものだが、正面、サイドとリアの4つの面を一連につないで一体感を持たせたフォルムのボディ四隅にタイヤを踏んばらせるような格好で配置した。 ボディサイズは全長4625(5ドアは4460)mm、...

記事を読む

NO IMAGE

今秋日本投入の新型インプレッサはガッチリ骨太なスポーティセダン

スバルが渾身の開発を示唆次世代プラットフォームを採用して生まれ変わった新型インプレッサの詳細に迫る! 4代目となる現行型インプレッサがデビューしたのが2011年11月。早いもので既に丸4年以上が経過し、5年目に入っている。この先代と同様、ニューヨークショーでデビューしたのが新型、5代目インプレッサの市販バージョンだ。これまでと同じく、4ドアセダンとハッチバックボディの5ドアが同時に発表された...

記事を読む

NO IMAGE

インプレッサは10月頃にフルモデルチェンジ

★★毛のない頭で考えるな!無料相談受付中!★★ 詳細はここをクリック→>>アイランドタワークリニック<< スバルは今秋の10月にもインプレッサをフルモデルチェンジします。現行シリーズの登場が11年11月ですから5年ぶりの世代交代です。キープコンセプトで進化させますが、エクステリアデザインは一段とソリッド感を盛り込み、クオリティアップ、走りのポテンシャルアップを図ります。パワートレインは水平...

記事を読む

NO IMAGE

5代目インプレッサの実像に迫る 16年秋デビュー

冬がくれば思い出す4WDのありがたさ。4WDとなればスバルが注目されるのは当然のこと。特に東京で5ドア、LAで4ドアと、日米のモーターショーで相次ぎ次期型のコンセプトモデルが発表されたインプレッサは今、最も気になる存在。どんな車になりそうなのか情報をまとめて紹介。 正式デビューは16年秋。現行型と同じ4ドアのG4、5ドアのスポーツ、クロスオーバーのXVのラインアプで注目はまったく新しい概念で...

記事を読む

NO IMAGE

次期インプレッサ&WRX 市販は来年秋?

スバルファンだけでなく、車好きにとって今やレガシー以上と言っていいほど重要な存在になっているのがインプレッサシリーズ。早いもので、現行のインプレッサがデビューしてから12月で丸4年、来年には新型に切り替わることになる。 次期インプレッサ、どんな風になるんでしょうか。来年秋市販となれば買い替えも増えると思います。ところで、クルマを買い替えるとき、今の愛車をとりあえず無料一括査定サイトで価格確認...

記事を読む

NO IMAGE

NEWインプレッサは次世代プラットフォームを採用し2016年末デビュー

以前にイメージスケッチでは公開されていた次期インプレッサのデザインスタディ「インプレッサ5ドアコンセプト」だが、東京モーターショーでついに実車を披露した。スバルは総合安全性能高めるために、次世代プラットフォーム「SGP(Subaru Global Platform)」を次世代から投入することを昨年公表していたのだが、そのプラットフォームを次期インプレッサから採用することも発表。来年末に新型インプレ...

記事を読む

NO IMAGE

インプレッサG4 年次改良

昨年11月の年次改良で内外装のデザイン変更、インテリアの質感向上、足回りの変更により乗り心地の向上、静粛性が向上したが、今回は1.6LモデルにアイサイトVer.3を搭載した。 アイサイト、気になるんですよね~。それにしてもスバルは次々とアイサイト装着してますけど、やっぱり売れるんでしょうね。それで、アイサイトあるなら乗り換えようかな~ってことなら、ちょっとお得な簡単な方法あります。 それは...

記事を読む

NO IMAGE

10月28日にインプレッサ、XV、フォレスターをマイナーチェンジ

スバルは10月28日にインプレッサ、XV、フォレスターをマイナーチェンジするという情報が入ってきました。東京モーターショーに向けた最新モデルを披露するのが狙いのようです。 マイナーチェンジ、されたら乗り換えようかな~とか思ってます? お得に乗り換える簡単な方法ありますよ。 愛車を下取りに出す前に無料一括査定サイトで価格確認すればいいんです。 高く売れたら浮いたお金で支払いも楽になります...

記事を読む

NO IMAGE

SUBARU New インプレッサ・スポーツHV

内外装をスポーティに仕立てたインプレッサ・スポーツにハイブリッド(HV)仕様が登場した。特徴はクロスオーバーSUVのXV・HVを応用している点だ。 インプレッサHVに乗り換えれば燃費がよくなって燃料費も安く済みます。 愛車は下取りに出すしょうが、その前に無料一括査定サイトのカービューで 愛車の価格確認しませんか? メーカー下取り価格より高く売れたらなら経費節減になりますよ! 詳細...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<


かんたん車査定ガイド

 

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス UcarPac ローラ ピンクver.

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。