「 シエンタ 」一覧

NO IMAGE

9月16日登場の新型フリードとシエンタどっちがいい?

9月16日に発売開始となる新型フリードはすでにホンダがティザー広告展開しており、内外装が明らかにされているし、1.5Lガソリンエンジン&ハイブリッドといったパワートレーンも明らかにされている。 8月5日より予約受注が開始されており、すでに3万台を超える受注台数で、年内納車も難しい状況だと言う。 価格は3列シート車のフリードが189万~231万円ほどで、フリードハイブリッドは224万~2...

記事を読む

トヨタシエンタのおすすめグレード

トヨタシエンタのおすすめグレード

トヨタシエンタは2015年7月9日登場。2016年5月販売台数9,450台となっています。 グレード別販売構成比上位3グレード G:43.0% ハイブリッドG:36.0% X:13.0% 人気ボディカラー ホワイトパールクリスタルシャイン:31% ブラックマイカ:19% シルバーメタリック:14% この車のポイント トヨタの末っ子ミニ...

記事を読む

NO IMAGE

シエンタ vs シエンタHV どっちが買いか

ハイブリッドの価格を装備差も補正して割り出すと、ノーマルエンジンよりも約35万円高い。減税額の違いを含めると約32万円に縮まる。それでもこの実質格差を燃料代の差額で取り戻すには、約16万kmも走る必要がある。1年間に1.5万kmを走っても10年以上だ。 シエンタの場合、ノーマルエンジンのJC08モード燃費が20.2km/Lと優れているので、ハイブリッドの27.2km/Lは、比率にすれば135...

記事を読む

NO IMAGE

フリードはシエンタを超えられるのか

ホンダのコンパクトミニバン、フリード&フリードHVが8月にフルモデルチェンジする。エクステリアデザインはキープコンセプトでフロントマスクはフィットにそっくりだという。ボディサイズは現行シリーズとほぼ同じだが室内は内張り、シートレイアウトの工夫で居住空間を拡大、使い勝手を大幅に向上させている。 2列シート5人乗りと三列シート6人乗り、7人乗りを設定し、フリードスパイクと統合されるが、ス...

記事を読む

NO IMAGE

シエンタ 納期 シエンタは4月以降の納車

15年7月9日にフルモデルチェンジした新型シエンタは引き続き好調な販売推移を見せています。11月下旬現在の納期は来年4月中旬で、早くも下半期分の販社の売り上げには貢献できない状況になっています。 したがって、トヨタ系列店ではアルファード、ヴェルファイア、ヴォクシー、ノア、エスクァイアの各人気ミニバンの増販でカバーすべく年末セールや決算セールに対応しようとしています。 シエンタ、ちょっと...

記事を読む

NO IMAGE

ただいま人気絶好調 オススメミニバン 160万円~210万円

まだまだ人気のミニバン。ボーナスで購入という人も多いはず。ここでは人気のミニバンの中から価格160万円~210万円の車種をご紹介。値引きの目安も! シエンタがここに入るんですが、売れ行き絶好調です。もう、販売ランキングはアクアに次いで2位だし、納車は半年待ちとかになってるようです。ボーナスで買い換えの人も多いでしょう。 ところで、買い替えのとき、今の愛車を無料一括査定サイトで価格確認し...

記事を読む

NO IMAGE

新型シエンタハイブリッドG(7人乗り)

3列シートの小型ミニバン、新型シエンタはスタイリングからメカニズムまでフルモデルチェンジを実施。スタイリングはアールヌーボー的な曲線美が話題である。 【広告】 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 走るアールヌーボー シエンタが12年ぶりにモデルチェンジした。新型のエクステリアデザインは、個性的である。...

記事を読む

NO IMAGE

新型シエンタの納期がついに来年に持ち越し

トヨタが7月9日にフルモデルチェンジした新型シエンタは依然好調な販売が続いている。9月中旬現在の納期は4ヶ月待ちの来年1月とついに年越しとなりました。累計も6万台を突破し7万台に達した模様です。 新型シエンタ、ついに年越しですか。注文はお早めにということでしたが予想通りの売れ行きですね。これだけ売れたら値引交渉も難しい。そう考えると余計に今の愛車を高く売ることを考えたほうがいいですよね。具体...

記事を読む

NO IMAGE

次期型フリードの販売時期が16年3月以降に延期

ホンダ販売店筋によると、ホンダはつい最近になって次期型フリードの販売時期を16年早々から3月以降に先送りすると、ホンダ販売店に通告したとのこと。理由は明らかになっていませんが搭載するパワートレインの変更を検討しているとの見方があります。当初計画では新開発の1L3気筒ターボのダウンサイジングユニットを搭載し、これを売りにする方針でした。ところがこれだけではライバルのシエンタに太刀打ちできないのではな...

記事を読む

NO IMAGE

新型シエンタ 受注累計5万台突破

7月9日に発表発売した新型シエンタが引き続き絶好調の販売推移となっています。当初の計画では月販7000台で7~9月の3ヶ月間で3万台程度の受注を見込んでいましたが、実際には8月末で5万台を突破、9月末までには6万5千台程度と当初計画の倍のペースで売れそうな見通し。 ところで、愛車をあっというほど安く買い替えるために カービューというサイトをしってますか? このサイトで今のお車をぜひ査...

記事を読む

NO IMAGE

バカ売れシエンタ 乗り換えチェック

まずは新型シエンタユーザーがどの車から乗り換えているかをチェック。1位は旧型シエンタ。代替ユーザーが多い一方、ほかの車種を見るとすべてがユーティリティー系。ラクティスは使い勝手がいいけど3列目なし。 ところで、シエンタへの乗り換えで、今乗ってるお車が高く売れるかもという話です。 カービューというサイトを知ってますか? このサイトで今のお車をぜひ査定してみて! 一括査定だから驚きの買...

記事を読む

NO IMAGE

新型シエンタ絶好調の滑り出し。納期は3ヶ月待ち。

トヨタが7月9日に発売した新型シエンタが絶好調のすべり出しをみせています。月販目標を7000台に設定したのに対して、約1ヶ月後の受注台数は4万台を突破したようです。納期は8月中旬現在で11月下旬以降となっています。その半分以上が新設定のハイブリッド車でしめられています。従来モデルがカローラ店専売に対して、新型はトヨタ全系列店扱いに拡大し、販売力が約4倍になったのも好調な販売の要因として挙げられます...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。