「 スズキ 」一覧

NO IMAGE

東京モーターショー2017注目モデル 三菱、スズキ、ダイハツ

三菱 一連の燃費不正問題で新車スケジュールが遅れた三菱だったが、久々のニューモデルが東京モーターショーに登場する。 今回発表するモデルには、電動技術を搭載する予定のあるものが多く、得意のSUV+電動化技術を復活への牽引力としたいという三菱の考えが見て取れる。 エクリプスクロスエボリューション 新生三菱の象徴となるクーペSUV、エクリプスクロスが来春1月にデビューを予定しているが、そのハ...

記事を読む

NO IMAGE

スズキとダイハツのデッドヒート!3月はスズキが軽自動車首位

3月はスズキが軽自動車首位。今後、ダイハツとのデッドヒートに注目! 3月の新車販売実績で注目したいのは軽自動車の首位交代です。スズキが久しぶりにダイハツを抜き、トップを奪還しました。 3月の軽自動車届出実績はスズキが7万1215台、前年同月比9.4%増だったのに対して、ダイハツは7万857台、2.7%減と明暗を分けたです。 スズキが好調だったのは2月にフルモデルチェンジしたワゴンRと...

記事を読む

NO IMAGE

スズキ新型スイフトスポーツ、新型ジムニー

新型スイフトスポーツ デビュー時期:2018年1月 現状の国産コンパクトカーの中で、軽快な走りをお手頃価格で楽しめるモデルといえばスイフトだろう。 今年1月登場の4代目はプラットフォームからエンジンまで一新され、車重は先代より約120kgの軽量化を実現。 スズキの精力的な変化が満載のスイフトだけに、それをベースとしたスイフトスポーツの登場は放っておけないところ。 その発売時期だ...

記事を読む

NO IMAGE

新型ワゴンR好調!N-BOXを抜くか?

2月1日に発表、発売したスズキの新型ワゴンRの売れ行きが好調なスタートを切っています。売りのメインは新開発のマイルドハイブリッド搭載車で、滑り出しは受注の90%を占めています。 新シリーズでは標準のワゴンRをノーマルとスタイリッシュなFZに分け、さらにスティングレーを加えた3つのフロントマスクを設定。 初期の受注では、標準のワゴンRが80%でうち40%ずつがノーマルとFZ、残りの20%...

記事を読む

NO IMAGE

新エコカー減税で減税が縮小する車種予想(スズキ・ダイハツ)

スズキ、ダイハツは軽自動車メーカーなので、以前の軽自動車の税金引き上げの時に販売台数が減少するなどの問題がありました。 燃費がいいのでエコカーに指定されていた軽自動車ですが、ここでエコカー減税幅の縮小にあうとなると、売れ行きがさらに厳しくなりそうです。 街中をちょっと走って、というセカンドカーの用途として便利な軽自動車ですが、買い替え時期に来ているのならエコカー減税が縮小する前に購入を...

記事を読む

NO IMAGE

新型スイフトの進化!直3、1Lターボ&直4、1.2Lハイブリッド

新型スイフトここが進化した 新開発プラットフォームを採用し、軽量化と高い剛性を両立 新搭載の直3、1Lターボはバレーノ用とは異なりレギュラーガソリン対応 サスペンションやエンジンなど徹底的な軽量化によりトータル120kgの軽量化 衝突軽減ブレーキは単眼カメラ+赤外線レーザーレーダー方式を採用 課題だった後部荷室容量は55L拡大した265L フロントシートは新...

記事を読む

NO IMAGE

日産、ホンダ、スズキ 低金利残価設定クレジットで増販攻勢

日産 決算セールを低金利残価設定クレジットで増販攻勢 日産は3月末までの今期決算セールを実質年利0.1~2.9%の低金利残価設定クレジットで盛り上げ、増販攻勢をかける方針です。 車種別に実質年利を分けて実施します。電気自動車のリーフは0.1%、セレナ、エルグランド、スカイラインを1.9%。エクストレイル、ジューク、キューブ、軽自動車を2.9%としています。 通常だと4.9%なのがセレ...

記事を読む

NO IMAGE

ワゴンRスティングレー2017年2月1日発表

当初のスケジュールから発売が延期となっていた期待の新型ワゴンRはいよいよフルモデルチェンジ。JC08モード燃費40.0km/L達成か? 主力モデルのワゴンRが、いよいよ2月1日に5年ぶりのフルモデルチェンジを受ける。当初予定された昨秋よりも発売時期が延期されたが、それだけに力の入ったモデルとして満を持して登場することになりそうだ。 なんといっても最大の注目ポイントは、昨年11月に登場し...

記事を読む

スイフト 新型プラットフォーム&3つのパワーユニットを搭載

スイフト 新型プラットフォーム&3つのパワーユニットを搭載

欧州仕込みのRSグレードをカタログモデル化 83年に登場したカルタスの流れを汲み、2000年に誕生したスイフト。その三代目となる先代モデルのフルモデルチェンジから6年。4代目となる新型スイフトはついにデビューした。 先代モデルが質の高い走りとスタイルで好評だっただけに注目される新型スイフト。そのデザインは、縦長のヘッドライトやブラックに塗られたAピラーなどのデザインアイデンティ...

記事を読む

NO IMAGE

スズキとダイハツ次の一手!ジムニー、ブーンX4

スズキジムニーコンセプト 歴代最強のモデルライフとなった現行ジムニーの次期モデルがついに登場。卓越した悪路走破性はそのままに最新エンジンで燃費性能も向上 現行型登場から20年目となる2018年にジムニーが新型に切り替わる可能性が極めて高い。となれば、その前年の東京モーターショーにプロトタイプ的なモデルが出展されることになるはずだ。 新型のトピックは搭載エンジンの変更。従来のK6A型か...

記事を読む

NO IMAGE

エスクードの価格と値引き目標金額

スズキエスクード 価格:212万7600~234万3600円 値引き目標額22万円 長い間、本格派のSUVとして多くのファンを魅了してきたエスクードは、車名をエスクード2.4に変更して脇役に回った。 代わって主役をつとめるのがSX4 Sクロスと基本コンポーネンツを共用するエスクードだ。クロスオーバーSUVに生まれ変わり、2WDの設定する。 4WDはオールグリップと呼ぶスズキ独自...

記事を読む

NO IMAGE

新型スイフト発進!12月27日発表、1月4日発売

燃費問題の不祥事により遅れていた新型車がいよいよ登場! 例の燃費不祥事から発表が遅れていたスズキの看板車種2車のうちの1車種、スイフトが16年末の12月27日にフルモデルチェンジを行う。 本来であれば、秋に発表、年内に市販される予定だったが、実質的に2~3ヶ月遅れての登場となる。 残るもう一車種、ワゴンRも3月までには登場するはずだが、このところ登録車に力を入れているスズキの屋台骨と...

記事を読む

NO IMAGE

スズキは16年の登録車販売が10万台で悲願達成確実

スズキの16年(1~12月)における登録車販売は、目標だった10万台を突破して、悲願を達成しそうです。 1~11月の販売実績は9万5677台で前年同期比35.6%増ですから、あと4323台に迫っています。11月が7422台であり、12月は年末セールの最終で、11月29日にソリオにフルハイブリッドを追加していることから、引き続き販売台数はプラスで推移する見込みです。 こうしたことから暦年...

記事を読む

NO IMAGE

スズキソリオ NEWハイブリッドの走りは?

最近のスズキはパワートレイン関連の技術革新が実にアグレッシブ。ワゴンRなど最多量販車である主力軽自動車をほぼすべてマイルドハイブリッド(S-エネチャージ)化したのをはじめ、1.2LのNAなどではツインインジェクター(デュアルジェット)を採用。 さらに、バレーノでは1L直噴ターボ+6AT、アルトターボRSでは5速AGS(シングルクラッチATM)など、ものすごいペースで新技術を導入している。 ...

記事を読む

NO IMAGE

ソリオフルハイブリッド発売。ワゴンRもフルハイブリッド?

ソリオフルハイブリッドが11月29日発表、発売。車両本体価格は190万人程度からか? 11月29日にEV走行が可能なソリオのフルハイブリッドを発表、発売します。標準ボディとバンディットで計3グレードが用意され、価格は190万円程度からと従来のマイルドハイブリッドよりも20万円くらい高くなり、売れ行きが注目されます。 次期型ワゴンRにもフルハイブリッドを採用か? スズキは年内か来年早々にも主力...

記事を読む

NO IMAGE

年末ボーナス商戦!コミコミ350万円のスズキ車は?

イグニス 138万2400~177万8760円 2WDの車両重量は880kgと軽く、マイルドハイブリッドの1.2Lエンジンは十分な性能を発揮して燃費もいい。操舵感は適度に機敏で、最低地上高が180mmだからデコボコも乗り越えやすい。 乗り心地が硬く、後席の座面奥行きは前席よりも40mm短いから快適性に不満を感じるが、全長3700mmのボディは運転がし易い。車内は意外に広く、SUVのスポーテ...

記事を読む

NO IMAGE

中古スポーツ車情報!スズキスイフトスポーツの相場

中古車相場:65万~220万円、現行型価格帯:172万8000~179万8200円 デビュー時スペック 2011年11月発表 全長3890×全幅1695×全高1510mm エンジン:直4、1586cc エンジン発生出力:136ps/16.3kgm 価格帯:168万~174万8250円 若者に人気のスイスポ 来年フルモデルチェンジの噂があるスズキのスイフト...

記事を読む

NO IMAGE

スズキ ワゴンR、ジムニー、スペーシアがモデルチェンジ!

ついに軽自動車の主役モデルがモデルチェンジ。今年は、イグニスとバレーノという新規の小型車を発売したスズキだが、来年には主力の軽自動車が続々とフルモデルチェンジする。 燃費計測の不正問題によって自粛ムードが今も続いているスズキ。その為当初、今年の後半あたりからデビューする予定だったニューモデルが発売延期になっていたのだが、それが年末くらいからいよいよ発売になりそうだ。 年内に登場しそうな...

記事を読む

NO IMAGE

スズキ スイフトスポーツ来春発表か?

スイフトは本来この秋にもフルモデルチェンジが予定されていたが、燃費計測不正問題で遅れ、年末から来年あたりに延ばされた。 ベースモデルとRSは同時に登場し、スイフトスポーツは半年ほど遅れる予定だった。しかし同時に登場する可能性も出てきた。スイフトはエンジンも多彩で1Lターボや1.2L NAなど、各種設定される。 国土交通省の調査の結果、スズキの燃費の計測方法に誤りがあったものの、数値自体...

記事を読む

NO IMAGE

スズキスイフトスポーツとスイフトRSの比較

スイフトスポーツのエンジンは1.6Lで最高出力は136ps。CVTのほかに6速MTを用意し、ショックアブソーバーはテネコ製になる。 対するスイフトRSは、特別仕様車の位置づけでエンジンは1.2Lで最高出力は91psにとどまり、CVTと5速MTを用意する。ショックアブソーバーは欧州仕様と同じ設定で、減衰力はベース車のXGよりも少し高い。 動力性能なら当然スポーツが上回るが、運転する楽しさ...

記事を読む

NO IMAGE

ソリオストロングハイブリッドは11月の投入か?

EV走行が可能な「ソリオストロングハイブリッド車」は今秋の11月にも発売される見込みです。 これまで目標としていた燃費数値がクリア出来なかった事や、現行のアシスト方式であるマイルドハイブリッドモデルが月販4千台ペースと当初目標としていた計画を大幅に上回る売れ行きで、ストロングハイブリッド車の投入ニーズが薄れていたという経緯があります。 しかし、このほどようやく技術的な目処がついたのと、...

記事を読む

NO IMAGE

スズキ、今年、悲願の登録車年間10万台達成が濃厚に

スズキは今年、暦年(1~12月)で悲願だった年間登録者販売10万台達成が濃厚になっています。1~6月の上期で5万4000台と半分以上を販売しているからです。 これは15年8月、ソリオのフルモデルチェンジを皮切りに、今年1月にイグニス、そして3月にバレーノと相次いで戦略ニューモデルを投入したのが成果となっています。 本来であれば今年中盤にソリオにストロングハイブリッドを追加、秋口に主軸モ...

記事を読む

NO IMAGE

スズキは年内発売予定の新型3モデルを若干先送りし、一部は17年にずれ込むか?

スズキは今年秋から年末にかけてフルモデルチェンジするスイフト、ワゴンRとソリオストロングハイブリッドの新型3モデルの一部について発売を先送りする方向でスケジュール調整を行っている模様です。 軽自動車を中心とした燃費測定に際して国が定めるのと違った方法で行った行為が問題となりました。改めて正規の方法で実施したところ、燃費値に変わりがないことがわかりました。国土交通省がこれを認めれば同件は一件落...

記事を読む

NO IMAGE

新型スズキスイフト 2016年10月発表

ベースグレード、RS、スポーツと三車三様の個性と性能が揃う 「スズキの走りを変えた」と驚かれるのが04年登場の先代モデル。10年にデビューした現行モデルもその正常進化型として変わらぬ高評価を獲得し、欧州テイストの走りが楽しめるコンパクトカーとして確固たる地位を獲得した。 そのスイフトのフルモデルチェンジがこの秋にも行われる。まずはベースモデルとRSが登場し、来年春にスイフトスポーツが発...

記事を読む

スズキワゴンR おすすめグレード

スズキワゴンR おすすめグレード

スズキワゴンR(5代目)は2012年9月6日登場。2016年5月販売台数は5704台となっています。 グレード別販売構成比 FX:50.0% FZ:25.0% スティングレーX:15.0% 人気ボディカラー クリスタルホワイトパール:25% ブルーイッシュブラックパールⅢ:20% シルキーシルバーメタリック:15% ズバリおすすめグレー...

記事を読む

NO IMAGE

新型ワゴンR2段型ヘッドライトのミニヴェルファイアルックで年末デビュー?

「セダンもあるけどワゴンもあ~る」というのがネーミングの由来となったワゴンRは93年に登場。軽自動車に革命をもたらした日本を代表する名車の一台。そのワゴンRの6代目デビューがいよいよ近づいてきた。しかし、燃費不正問題で新型ワゴンRの認可はすぐにおりることは難しそうだ。当初予定していたフルモデルチェンジも年末から来年に連れ込みそうだという。 そうは言ってもスズキとして粛々と市販に向けて開発して...

記事を読む

NO IMAGE

4月、登録者販売でスズキがスバルを抜き、業界5位に浮上

登録車販売ランキングに異変が生じています。4月の実績でスズキがスバルを抜き、初めて業界5位に浮上しました。4月はスバルが7885台、対してスズキは8403台とスバルを518台引き離しました。前年同月はスバル7085台、スズキ4795台で2290台も遅れをとっていたので、一気に抜き去った感が強くあります。 スズキが健闘しているのは昨年2月にSX4 Sクロスを発売したのをはじめ、8月にソリオをフ...

記事を読む

NO IMAGE

スズキは新開発1Lダウンサイジングターボエンジン搭載車に今後注目

スズキが発表した新小型ハッチバック車「バレーノ」は1.2Lモデルが発表同日の3月9日に発売、新開発の1Lターボモデルは5月13日から発売します。 バレーノは国内で開発しましたが、組み立てはインドの工場で行われている輸入モデルです。ところが1Lターボユニットは国内で生産、インドに供給しており、同エンジンユニットだけは完全な逆輸入となっています。 ここで注目したいのはこの1Lターボユニット...

記事を読む

NO IMAGE

スズキは3月の登録車が初の1万台突破、2016年度は悲願の10万台達成が濃厚

スズキが3月の登録車販売で初の1万台を突破しました。こうしたことから16年度は悲願の年間販売10万台達成が濃厚になっています。3月の登録実績はソリオ5073台、スイフト2802台、イグニス2786台で、これら有力3モデルだけで1万661台という大台乗せを果たしました。 これにエスクード2.4、ジムニーシエラ、輸入モデルのバレーノ、エスクード、SX4 Sクロスを含めると1万2069台になります...

記事を読む

NO IMAGE

ソリオのストロングハイブリッド投入時期は再延期か?

今年の夏前に投入を予定していたソリオのストロングハイブリッド車ですが、今秋以降に発売を再延期する方向で検討している模様です。 原因は分かっていませんが、現行のマイルドハイブリッド車の売れ行きが好調で、生産が追い付かない状況にあるためのようです。ストロングハイブリッド車は当初、昨年12月に発売、マイルドハイブリッド車の40万円高程度で投入すると販売店筋に伝えていました。それを今年夏前に延期、今...

記事を読む

NO IMAGE

ソリオG vs ソリオMX(マイルドハイブリッド)どっちが買いか

ソリオはマイルドハイブリッドを搭載する。モーター機能付き発電機が減速時の発電、アイドリングストップ後の再始動、エンジン駆動をアシストする。ただし、モーターの最高出力は3.1psで1回の駆動時間も最長30秒。モーターのアシスト感が少ないシステムだ。 マイルドハイブリッドの機能を備えないのは、価格が最も安いGのみ。売れ筋のMXと上級のMZは搭載する。 装備差を補正してマイルドハイブリッドの...

記事を読む

NO IMAGE

次期スイフトスポーツの心臓は話題のターボか、痛快なNAか?

スズキの小型車の主力モデルであるスイフト。その高性能スポーツモデルとなるスイフトスポーツの次期型の姿は? 初代スイフトスポーツが誕生したのは03年。05年登場の2代目と11年登場の現行モデルの3代目がキープコンセプトのモデルチェンジだっただけに、次期型はどうなるのか? 基本フォルムやブラックアウトしたA&Bピラーなど、2代目から続くスイフトのアイデンティティを継承。その上で、次...

記事を読む

NO IMAGE

イグニスが好調な売れ行きでスタート

スズキが2月18日に発売したコンパクトクラスの新型クロスオーバーSUVイグニスが好調な立ち上がりを見せています。月販1500台の計画に対して2月の登録台数は2089台と見込みを大幅に上回る立ち上がりぶりで、登録車の主力モデルであるスイフトの2048台をわずかですが、上回っているほど売れています。 イグニス好調。そろそろハスラーからの買い替えという人も多いみたいですね。 ハスラーは現在も人気...

記事を読む

NO IMAGE

スズキの小型車猛攻 切り札はバレーノ

バレーノのここがポイント アルトで新開発された軽量、高剛性プラットフォームをBセグメントとして初採用 全長は4m以下としながらも全幅は1745mmとして余裕の室内空間 新開発直列3気筒1Lターボエンジン搭載 インドで生産する ★★毛のない頭で考えるな!無料相談受付中!★★ 詳細はここをクリック→>>アイランドタワークリニック<< スズキの小型車戦略がまさに...

記事を読む

NO IMAGE

ハスラーがキャストを販売台数で3ヶ月ぶりに抜き返す

ダイハツキャストは昨年9月9日に発売されました。発売約1ヶ月後の10月から3ヶ月連続してライバルのハスラーを販売実績で上回っていましたが、今年1月に抜き返されました。 今年1月の届出実績はハスラーが7378台に対してキャストは6395台で983台の差。キャストが初期のバックオーダーをほぼ消化し、新車効果が鎮静化しつつあるのに対して、ハスラーは昨年12月に一部改良、特別仕様車の設定などで商品ラ...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<


かんたん車査定ガイド

 

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス UcarPac ローラ ピンクver.

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

1 2 3