「 パッソ 」一覧

NO IMAGE

トヨタコンパクトミニバン!1L、直3ターボ搭載

4月12日にフルモデルチェンジしたブーン/パッソだが、これまでのトヨタ&ダイハツの共同開発から、ダイハツ単独の開発、トヨタで販売されるパッソはOEM供給というスタイルに変更された。これはダイハツのトヨタ完全子会社化と密接な関係があり、今後、両社のコンパクトカーはこの形態で開発、生産、販売されることとなる。 ブーン/パッソの派生車として企画されているのがこのコンパクトユーティリティで、...

記事を読む

NO IMAGE

新型パッソの価格を決め、事前予約の受付開始

トヨタカローラ店は4月12日発表、発売する次期型パッソの価格を決めて事前予約の受付を開始しています。 2WDだと標準タイプが115万200~144万7200円、上級タイプのMODAが143万1000~165万7800円。従来モデルにくらべると5万円程度の値上げになっていますが、スマートアシストⅡやエコカー減税分を差し引くと実質的には据え置きとなります。4WD車は全グレードに設定されて約18万...

記事を読む

NO IMAGE

2月14日付けで、現行パッソをオーダーストップ。3月から次期型の事前予約受付を開始

現行パッソは2月14日付けでオーダーストップとなり、在庫一掃セールをスタートさせています。グレード、ボディカラー、オプション用品に限りが生じつつありますが、まだかなりの在庫は残っている状況です。2月いっぱいで売り切り、3月から次期型パッソの事前予約の受付をスタートさせる見通しです。

記事を読む

NO IMAGE

4月11日 新型パッソ登場 燃費はガソリン登録車トップの28.0km/L

トヨタがダイハツと共同開発したコンパクトカー「パッソ」。ダイハツのブーンは姉妹車になるが、その3代目となる新型パッソが間もなく4月11日にデビューする。その新型のポイントは、パッソ本来の良さをさらに強化した点にあるという。 その1つが、コンパクトなボディはそのままに実現した、より広い室内空間だ。ボディサイズは全長と全幅は現行型と同じで、全高は現行型より10mm低くなったが、ホイールベースは5...

記事を読む

NO IMAGE

パッソを4月11日にフルモデルチェンジ!

トヨタはパッソを4月11日にフルモデルチェンジする予定。次期型はダイハツが全面的に開発し、トヨタにOEM供給する方式。キープコンセプトで進化させますが、100kg以上の軽量化と新開発1L3気筒直噴+アイドリングストップ機構付きエンジンの搭載で同クラス最高の低燃費を実現させる見込み。JC08モード燃費は30km/L超えを目指して開発を進めています。既にカローラ店向けにスタッフマニュアルを送付、2月下...

記事を読む

NO IMAGE

NA車だがパッソもフルモデルチェンジ!16年4月登場

コンパクトカーはガソリンエンジン搭載モデルの新型も16年に予定されていて注目。16年4月中旬に、パッソがフルモデルチェンジするのだ。 新型は現行型パッソの良さである扱いやすいコンパクトなボディサイズはそのままに、より広い室内空間を実現するのがポイント。ボディサイズは全長と全幅は現行型と同じで、全高が10mm低くなるだけだが、ホイールベースを50mm拡大。パッケージングの効率化が図られ、145...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。
 
▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<

 

かんたん車査定ガイド

 
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。