「 プレミオ 」一覧

NO IMAGE

トヨタプレミオ/アリオン、次期型クラウンの今後

プレミオ/アリオンは生き残れるか トヨタの主力セダンである「プレミオ/アリオン」の次期型は存在しない可能性が強まっています。 現行シリーズの登場は07年6月であり、既に10年が経過しました。 1年前の6月にビッグマイナーチェンジを実施しましたが、それ以降の手直しはありません。 関係筋によると「次期型の開発プロジェクトは動いておらず、あと1回程度のマイナーチェンジを実施したあと、...

記事を読む

NO IMAGE

昭和のライバル対決 日産ブルーバードVSトヨタコロナ

今から50年前の1960年代後半、日本でベストセラーの座を競ったのが日産のブルーバードとトヨタのコロナだ。59年に誕生したブルーバードは、初代310系が大ヒット。マイカー時代の到来を告げ、日本の風景を変えた。 2代目の410系ブルーバードはピニンファリーナの作品と言われる車だ。発売から半年後の64年4月には日本で初めて月産1万台を超え、ベストベストセラー街道突っ走る。が、尻下がりのデザインは...

記事を読む

プレミオ/アリオンマイナーチェンジで装備充実

プレミオ/アリオンマイナーチェンジで装備充実

現行型プレミオ/アリオンの登場は2007年なので既に9年目を迎えている。一般的なモデルライフを考えれば、2回目のフルモデルチェンジと言ってもおかしくはない時期だ。 「販売台数を考えると、簡単にはフルモデルチェンジをするということはできません。しかし、確実にお客様がいらっしゃる。熟成を極めると共に、新たな魅力を付加していくことが今回のマイナーチェンジのポイントです」と開発陣は言う。 ここ...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタプレミオ/アリオン大変身!安全装備を充実 6月13日マイナーチェンジ

トヨタの正統派5ナンバーセダン、プレミオ/アリオンがマイナーチェンジ。現行モデルの登場から9年目にして驚くほど大胆な改良が行われた。そのエクステリアはクラウンのような押し出し感のあるフロントグリル、それにシャープなヘッドライトなど、フロント回りの大変身ぶりが特徴。その他、リア回りもコンビランプのデザインが変更され、ボディカラーは新色5色を含む全8色が用意されている。 また、インテリアもセンタ...

記事を読む

NO IMAGE

プレミオ/アリオン クラウンルックに大変身!

伝統あるコロナ/カリーナの後継車となるトヨタの5ナンバーサイズセダン、プレミオ/アリオンが6月13日にマイナーチェンジする。現行モデルは登場から9年目。モデル末期とあって、そのマイナーチェンジの内容はエクステリアデザインが大幅に変わるのが特徴だ。 プレミオ/アリオンはトヨタ車の中でも特に保守的なデザインだったが、マイナーチェンジ後のエクステリアは最近のトヨタデータデザインに共通したちょっとア...

記事を読む

NO IMAGE

6月13日にプレミオ/アリオンがマイナーチェンジ

トヨタは6月13日にプレミオ/アリオンをマイナーチェンジします。内外装のデザイン変更、エコカー減税対応、安心パッケージ「トヨタセーフティセンスC」の標準装備車設定などが主な内容です。 エンジンラインナップはFFが1.5Lと1.8L、4WDが1.8Lで、FFに設定している2Lは売れ行き不振のため廃止となります。フロントマスクはバンパーまで切り込んだ大型グリルとヘッドランプのデザイン変更、ボディ...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタはセダンの商品ラインアップを強化

トヨタは今年中盤から来年初めにかけて中上級セダンの商品ラインアップを強化します。プレミオ/アリオン/マークX、カムリなど中軸モデルをビッグマイナーチェンジまたは、フルモデルチェンジする予定です。プレミオ/アリオンは4~6月、マークXは10~12月、カムリは12月ないしは来年1月あたりの投入でスケジュール調整を進めています。プレミオ、マークXはトヨペット店、アリオンはトヨタ店、カムリはカローラ店の扱...

記事を読む

NO IMAGE

プレミオ/アリオンは4~6月頃のマイナーチェンジでスケジュール調整

トヨタはプレミオ/アリオンのマイナーチェンジ実施について、4~6月頃のスケジュール調整をおこなっています。当初4月中旬あたりの設定を予定していましたが、2月8日から13日までの6日間、全工場が生産停止し、15日から再稼働しましたが、組み立て車両の納期に遅れが出ており、1時在庫管理しているコンピューター処理も中止しています。このため4~6月に予定している改良モデルの投入スケジュールも見直さざるを得な...

記事を読む

NO IMAGE

4月中旬にプレミオ/アリオンをマイナーチェンジ

4月中旬にもマイナーチェンジするプレミオ/アリオンはごく普通レベルの改良幅となりそうです。内外装のデザイン手直し&新グレード&ボディカラーを設定。安心パッケージのトヨタセーフティーセンスCを一部グレードにオプション設定。4月からの新燃費基準設定に合わせて若干の燃費改善も行いますが、1.5L車は自動車取得税40%、重量税25%減税の対象外になります。これによって両モデルは全グレードが...

記事を読む

NO IMAGE

プレミオ/アリオンは2016年中盤にマイナーチェンジ

プレミオ/アリオンは2016年中盤にもマイナーチェンジします。内外装のデザイン変更と同時に衝突回避完全パッケージ「トヨタセーフティーセンスC」の装備グレードを設定します。現行モデルの登場が2007年6月、2014年9月に一部改良し、モデルそのものは古くなっていることから、今回はボディパネルの一部を設計変更するなど、かなり大がかりな手直しになる可能性が強いです。 マイナーチェンジするなら、今の...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。