「 レクサスLS 」一覧

ハイラックス、ランドクルーザープラド、レクサス、新車情報

ハイラックス、ランドクルーザープラド、レクサス、新車情報

cタイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名:佐藤秀峰 トヨタハイラックス 2.4Lディーゼルで日本復活 9月12日にはハイラックスがピックアップトラックで13年ぶりに復活。 今回発売されるのは15年5月にタイで発売発表された8代目で、タイからの輸入モデル。 ボディタイプはダブルキャブピックアップのみで、ボディサイズは全長が5メートルを超え、全幅は1.8m以上に達する。...

記事を読む

NO IMAGE

レクサスLS、RXモデルチェンジ

レクサスLSは10月19日にフルモデルチェンジ レクサスブランドの最高峰サルーン「LS」は、10月19日にフルモデルチェンジすることが決まりました。 次期型ではレクサスにおける次世代の車作りの考え方である「GA-L」を採用。新設計のプラットフォーム&基本コンポーネントで仕立て、クオリティアップを図ると同時に新開発のパワーユニットを搭載。 走行性を大幅に向上させます。 パ...

記事を読む

NO IMAGE

新型レクサスLS、新型カムリ登場

新型レクサスLS 当初はV6、3.5L HVのみだが後に3LターボとFCVも追加へ 15年の東京モーターショーに出展されたLF-FCをベースに、実に11年ぶりのフルモデルチェンジで2代目へと進化する次期型LS。 登場は11月以降だが、ホイールベースは3mを超え、全長5225mmに達するフラッグシップらしい、凄みのあるモデルとして満を持して登場する。期待大だ。 新型LSで大き...

記事を読む

NO IMAGE

レクサスLS、センチュリー、プレジデント、高級車の未来

圧倒的な静粛性で世界の高級車メーカーを驚かせた初代レクサスLS400(日本名セルシオ)が登場してから早くも27年が経つ。日本の高級車として、実質的に世界で初めて認められたモデルと言っていいだろう。 もちろん、日本にも昔から高級車はあった。60年代にはクラウンの上級者、クラウン8やセドリックの上級モデル、スペシャルもあったし、その後、センチュリーやプレジデントも生まれ、80年代にはシーマ現象を...

記事を読む

NO IMAGE

レクサスLS FCV(燃料電池)、HV、ツインターボ。3種類のパワーユニットで頂点を狙う。

開発呼称200B。レクサスのフラッグシップ、LSはいよいよ18年に待望のモデルチェンジ。待たされた分その内容は充実しており、現行型とは全く違うラインアップとなる。 最大のトピックはFCVが設定されることで、これがトップモデルとなる。また、ガソリンもハイブリッドもV8エンジンは廃止され、V6にダウンサイズ。ハイブリッドはV6、3.5L+モーターとなり、ガソリンエンジンには新開発のV6、3Lツイ...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。