「 燃費 」一覧

NO IMAGE

燃費向上技術のトピック

気筒休止エンジン:使わないシリンダーは休ませる新技術 燃費の悪さでは有名なアメ車のキャデラックセビルに突如現れた気筒休止エンジン(1981年)。要するに高速クルージングなど負担が少ない時にいくつかの気筒を休ませて燃費を稼ごうというものだ。 国産で最初に搭載したのは、三菱ミラージュ(1982年)。現行モデルではレジェンドなどが採用している。 アルミボディ:スチールからアルミボディへ軽量化最...

記事を読む

NO IMAGE

国内燃費測定モードの変遷!そもそもカタログ燃費とは?

燃費というのはとても不確定要素が大きい。燃費燃費と言うけれど、燃費とはつまり「燃料消費量」のことで、日本では慣例的に「16.5km/L」のように、1Lの燃料で走行できる距離を表している。 カタログには現在JC08モードによって測定された燃費値が記載されている。元々JC08モード測定は燃費値を測定するためというよりも、排ガスを測定するために実施され、排ガス測定のために燃費消費量が測定されるため...

記事を読む

NO IMAGE

新型カムリHV 排気量からは想像できない優れた燃費性能!

7月10日に登場する時期カムリは、現在のカローラ店専売からトヨタ店、トヨペット店、ネッツ店を含めたトヨタ全系列店の扱いとなる。 今後、マークXやSAIと統合するモデルとなることで販売網を大きく広げる。 中身も大きく変わる。TNGAの新開発4気筒、直噴2.5L「ダイナミックフォースエンジン」を使ったハイブリッドで、これは熱効率が41%という超高効率ユニット。 トランスミッションはこ...

記事を読む

NO IMAGE

燃費を節約する運転方法!無駄な出費を節約!

車の運転方法はひとそれぞれ。毎日長距離を乗る人もいれば、たまに近所だけという人もいると思います。そんな中、多くの人が思うのは、少しでもガソリン代を節約したい、ということではないでしょうか。 今回は、すでに常識になっていると思われるものも含めて、無駄な出費を抑える走り方について紹介してみます。 アクセルの踏み方で年間2万円は無駄になる 同じ距離を走るのでもガソリン代は安い方が嬉しいものだし...

記事を読む

NO IMAGE

JC08モード燃費廃止 WLTPモードに変更!2018年10月予定

JC08モード燃費は2011年4月1日以降に型式認定を受けた車から義務付けられたが、2018年10月からWLTPという新燃費測定モードに変更される。 WLTPとは「ワールドハーモナイズド・ライトビーグル・テスト・プロシージャ」の頭文字をとったもので、各国バラバラだった燃費測定モードを統一する世界共通の燃費規格である。 ご存知の通り、カタログ燃費のJC08モード燃費と実燃費との乖離が大き...

記事を読む

NO IMAGE

コンパクトカー最新カタログ!200万円で買えて燃費もいい

3月は車の買い替え時。税金が安いということで人気の高かった軽自動車に2016年異変が起こった。税金体系の見直しだ。そこで再注目したいのがコンパクトカークラスの経済性。しかも軽より広く、走りも快適。今、車を買うならコン、パクトカーが狙い目だ。 新車販売については、残念ながら2016年の新車販売台数は500万台終わったというニュース。これは新車販売台数が約421万台に落ち込んだ東日本大震災の20...

記事を読む

NO IMAGE

日産ノートe-POWER燃費はプリウス以上!11月2日発売

ノートe-POWERはHV革命か? 97年、世界で最初の量産ハイブリッド、プリウスが誕生して以来、既存の燃費を2倍近く伸ばすことは、遊星歯車を使ったトヨタのハイブリッドシステム以外難しいと思われてきた。 かつては日産もこのシステムをトヨタから購入して北米で展開してきたし、スバルもマツダも技術供与を受け、自社のハイブリッドシステムに反映させてきた。 ホンダ、三菱、スズキは独自の技術で対...

記事を読む

NO IMAGE

新型プリウスはどこがすごいの?

4代目となる新型プリウスは12月9日の正式発表に先だつ10月13日、技術発表という形で公表された。正式認可前なのか「燃費目標は40.0km/L」というにとどまったが、1グレードのみ40.0km/Lを達成するグレードが設定され、量販グレードは37.0km/L、さらにプリウス史上初めて設定される4WDモデルの燃費は現行型プリウスを上回る35.0km/Lとなる。4WDはリアアクスルにモーターを組み込んだ...

記事を読む

NO IMAGE

プリウス リッター40km/Lの低燃費を実現

パワーユニットは直4、1.8L+モーターのハイブリッドで現行型と同じだが、エンジン、ハイブリッドシステムともに大きく進化している。エンジンは大容量クールドEGRや3倍以上の吸気量を実現した吸気ボードの形状などで、熱効率を38.5%から世界最高レベルの40%に向上。 プリウス、といえば低燃費ですが、ついに40km/Lが実現したんですね~。 すごいの一言です。ここまで来ると少々クルマの値段が高...

記事を読む

NO IMAGE

省燃費に有利な運転術

燃費を向上させるドライビングは ①急発進をしない、アクセルを丁寧に操作して、スムーズな発進を心がける ②周囲の流れに乗り、不要な 加減速を控える ③ 走行速度を一定に維持出来るようにアクセルを操作する これらが基本になる。 車は停止状態から発進する際に大きなエネルギーを必要とする。発進加速でアクセルを踏み込み、一気にダッシュする運転パターンは燃費的にマイナス。ディーゼルでもHVでも、...

記事を読む

NO IMAGE

新型プリウスのJC08モード燃費

ハイブリッドシステムは直4、1.8Lの2ZR-FXEエンジンにモーターを組み合わせるものだが、インバーターやモーターの小型軽量化に加え2ZR-FXEを改良。クールドEGRの流入量アップや吸気ボード形状変更によって熱効率40%と世界最高レベルを達成し、燃費向上を実現。 ここで、新型プリウスに買い換える時のお得情報です! カービューというサイトを知ってますか? このサイトで今のお車をぜひ...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。