「 自動運転 」一覧

NO IMAGE

自動運転車実証実験は2017年9月から本格化!

今年1月に開催されたCSE2017(家電見本市)にて、トヨタ、日産、ホンダ、アウディ各社は最新の自動運転を公開。 トヨタはAI(人工知能)を搭載したコンセプトカー「Concept-愛i(コンセプトアイ)」を世界初公開。 注目すべき点は現在急ピッチで開発が進む自動運転技術を単なるオンとオフの切り替え式と捉えず、ドライバーと車両との「人間的な関係」に置き換えたところだろう。 車両がド...

記事を読む

NO IMAGE

自動運転の危険性 本当にバラ色の未来が待っているのか?

「自動運転」というフレーズがある。手放し運転を想像する人や、部分的な運転支援を考える人など受けるイメージは様々だろう。確かに、いずれ実現する自動運転社会は魅力的だが早くも問題点が見つかった。 自動運転社会に対する問題点は大別して3項目ある。 過信 人への影響 社会への影響 この3つだ。 自動運転とはいえ機械の方にもミスは発生する aで真っ先に問われるのは運転支...

記事を読む

NO IMAGE

日産セレナ!話題のプロパイロットが気になる

多人数乗車での長距離走行の機会が多くなるミニバンにADAS(先進安全技術)が搭載されたことは交通事故による死亡者数やヒヤリハットの減少に大きな効果が見込めるため、その点は手放しに応援したい。また、このことは少子化と超高齢化対策にADASを搭載した自動車が貢献できる好例だ。 しかし、その紹介の仕方には疑問符がつく。新型セレナを紹介するカタログやウェブサイトには「同一車線自動運転技術」という文言...

記事を読む

NO IMAGE

人工知能で車はどう変わる?

人工知能と一口に言ってしまうことが多いし、メディアでも、AI、マシンラーニング(機械学習)、ディープラーニング(深層学習)を混ぜて使っているが実はちょっと違う。 AIが最も古い概念で、その一部に機械学習が含まれて、さらにその一部に最近話題の深層学習がある。 この数年で急速に発展しているのが深層学習だ。囲碁では長らく「人間チャンピオン」の方が勝っていたが、今年、なんとコンピューターが勝利...

記事を読む

NO IMAGE

日本で買える自動運転、どの車がNo1? 

最近になって自動車業界で大ブームの自動運転。輸入車のみならず、日産がセレナに自動運転を搭載。そしてEクラスが新型になり事実上の自動運転がついに日本に上陸。自動運転を早くから実用化していたテスラはその地位を脅かされるのか、今後はどうなっていくのだろうか。 自動運転とACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)の違いは? ACC(完全停止まで対応し、レーンキープのような操舵支援システムが付帯する...

記事を読む

NO IMAGE

自動運転で生まれる新たな役割

一般的には未来を描いたSF映画などのイメージが強いのか、手放し運転こそ主たる目的のように捉えられがちだ。でも実際は、技術の力でドライバーの運転操作を最大限サポートし交通事故の発生確率を減らす、「事故ゼロ社会を目指すための究極技術である」というスタンスで世界中の自動車メーカーやサプライヤー企業が切磋琢磨し自律自動運転の技術開発に取り組んでいる。 この部分をADAS(先進安全技術)の一つであるA...

記事を読む

NO IMAGE

日産セレナ7月登場!実用性と先進性を兼ね備え、自動運転技術「パイロットドライブ1.0」にも注目!

ミニバンのデザインは年々スポーツ方向に向かっているが、新型セレナもこれまで以上にフレッシュなものになる。フロントマスクは、ライトを上下に分割したような印象となり、フェンダーのデザインもしっかり感のあるものになった。 サイドフォルムは大型のスライドドア採用で乗降性にすぐれる事をうかがわせる。ハイウェイスターはどうやら個性的なリアスポイラーが採用されるようだ。 エクステリアに迫力が出たとこ...

記事を読む

NO IMAGE

自動運転ベータ2 日産が自動運転車を発売開始すると明言。各社の対応は?

自律自動運転という言葉の響きには未来感がある。非常にワクワクするし、走り慣れた道で自律自動運転が行われる車内にに身を置いてみたい。一方で自律自動運転が醸し出すイメージは千差万別だ。ボタンひとつで目的地へと運んでくれる完全なる自律自動運転を想像する人もいれば、ドライバーとセンサーの協調運転を思い描く人もいるだろう。 そうした中、実証実験車両で公道走行を繰り返しテレビCMも積極的な日産は、201...

記事を読む

NO IMAGE

日産から自動ブレーキ エマージェンシーブレーキ搭載車続々登場!

クルマが人を守る 日産の先進安全技術 日産が誇る先進安全技術。その中核が「クルマが人を守る」をキーワードにした「セーフティ・シールドコンセプト」だ。これは被害を軽減する「衝突安全技術」に加えて、危険な状態に近づけないとする「予防安全技術」の両側面から成り立つ日産独自の安全思想であり、この先、導入が期待されている自動運転技術の開発にも活かされている。 さらに日産では全方位の予防安全として自車...

記事を読む

NO IMAGE

テストコースで燃料電池車クラリティFCなどホンダが最新技術公開

ホンダは世界のモータージャーナリストを対象に、ホンダミーティングの名称で、開発中の先進技術を公開する場を設けている。2015年はとくに充実した内容だった。最も印象に残ったのは、16年3月からリース販売が始まる新型燃料電池自動車、クラリティ・フューエルセル(FC)である。クラリティFCは、燃料電池スタックを前作のFCXクラリティ(08年)比で33%小型化。 パワートレーンをエンジンフード内に集...

記事を読む

NO IMAGE

日産の安全技術説明会

日産は2015年10月23日、先進技術開発センター(神奈川県厚木市)で自動運転技術の説明会を開催した。日産は、走行中の二酸化炭素排出ゼロと日産車が関わる交通事故の死亡・重傷者数ゼロを掲げ、車の開発を進めている。 説明会では、EVのリーフをベースにした実験車両公開。このモデルは、ミリ波レーダーや360度をモニタリングする8個のカメラなどを搭載し、先進安全技術の実用化に向けた実証実験をおこなって...

記事を読む

NO IMAGE

日産が取り組むEV技術の進化のポイントとは?

日産は来るべき自動運転時代をEVとのセットでとられている。今回の東京モーターショーに出展されたIDSコンセプトもEVだし、現在の自動運転開発実験車両はEVのリーフである。 今の愛車7年落ちで下取り査定ゼロ・・・でも! >>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<< 現在直前しているEVのウィークポイントは航続距離の短さと充電にかかる時間と手間である。航続距離を伸ばすためにはバッテリーの効...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。