「 試乗 」一覧

NO IMAGE

VWティグアン TSI R-Line 試乗

つながる楽しさと充実の安全装備を持つ実力派SUV ドイツ本国で9年連続SUVのベストセラーとなるVWティグアンの新型が登場となれば、輸入車SUVの勢力図も変わってくる。 今回の試乗はRライン。RラインはコンフォートラインやハイライトとはLEDヘッドライトと専用バンパー、ボディ同色のサイドシルカバーを装着し、最上級グレードにふさわしい仕立てだ。 足回りは255/45R19とこのクラスに...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタマークX試乗 7年目の大幅刷新

マークXのポイント 初代マークXを彷彿とさせる6眼ヘッドランプなどで更に精悍な顔つきに。 90カ所以上のスポット増しと6m以上になる接着による大幅なボディ補強。 RDSにはAVS(電子制御可変サスペンション)を採用して乗り心地を向上 一瞬フルモデルチェンジか?と錯覚するほどに、マークXの顔つきが変わった。しかし、大人のスポーティーセダンとして、より洗練されたデザインへと...

記事を読む

NO IMAGE

スバル レヴォーグSTIスポーツ試乗!これぞプレミアム

最近のスバル車はおとなしくなった、スバルらしさが少なくなった、と言った声に真っ向からぶつけたのがレヴォーグSTIスポーツと新型BRZ。スバルに期待する「MORE SPORT!」の声にストレートに答えた力作だ。 この秋発売予定の新型インプレッサを皮切りに、SGP=スバル・グローバル・プラットフォームと称する新規アーキテクチャの展開を開始、そして来年4月には富士重工業株式会社改め株式会社スバルへ...

記事を読む

NO IMAGE

新型NSXは世界に通じるのか?米国価格約1800万円の価値を問う

新型NSXが北米で発売になった。北米主導の開発となり、価格も1800万円近いと初代ほどの親近感はないと言われる中、車の出来はどうなのか。 V6ハイブリッドのパワートレーンを軸に、前側に置かれた2基のモーターが動的ベクタリングを実現する新世代のスーパースポーツ。 今から4年前、2012年のデトロイトモーターショーでその概要が発表された新型NSX。LPL(開発責任者)のテッド・クラウス氏は...

記事を読む

NO IMAGE

新型VWティグアン 試乗

ゴルフVのプラットフォームをベースに開発されたコンパクトSUVであるVWティグアンの初代モデルは07年秋にフランクフルトモーターショーでデビューした。以来、ヨーロッパはもちろん世界中で人気を博し、15年までにおよそ264万台を世界で販売した。特にドイツではコンパクトSUVセグメントで毎年販売台数トップを維持し、モデル最末期となった昨年も6万4千台余りを販売して首位となっている。ティグアンはVWブラ...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
>>かんたん車査定ガイド<<


かんたん車査定ガイド

 

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス UcarPac ローラ ピンクver.

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。