「 カローラ 」一覧

NO IMAGE

クラウンマジェスタは廃止、カローラシリーズは改良

クラウンマジェスタモデル廃止へ トヨタは18年6月にクラウンをフルモデルチェンジしますが、その際、上級バージョンとして設定していた「クラウンマジェスタ」を廃止する方向で検討しています。 同ユーザーは今後レクサスブランドへの吸収を図ります。 トヨタは、2~3年以内にセダンラインアップの再編を目指しています。 継続するのはクラウン、カムリ、カローラの3モデルで、現行型のプレミオ/ア...

記事を読む

トヨタカローラ、カムリの動向

トヨタカローラ、カムリの動向

cタイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名:佐藤秀峰 10月11日、カローラがマイナーチェンジして上級シフト トヨタはカローラシリーズを10月11日にマイナーチェンジし、装備を充実させて上級シフトします。 Gタイプなどの上級グレードは、LEDヘッドランプ、クルーズコントロール、プッシュスタートボタンなどを標準装備し、これまでオプションで設定していた装備を標準化するグ...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタの今後の販売態勢とカローラマイナーチェンジ、ダイハツ販売戦略

トヨタは4系列店4モデルの専売態勢を維持 トヨタは、このほど4系列店の主軸専売モデルについて現在の各一車種態勢を今後も維持すると、各販社に通達したようです。 その主軸モデルは、トヨタ店はクラウン、トヨペット店はハリアー、カローラ店はカローラ、ネッツ店はヴィッツの4モデルを指定しています。 ただしクラウンについては東京地区がトヨペット店との併売となっており、こちらは特殊事情で例外としま...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタ カローラ、ランクルのマイナーチェンジ

10月、カローラのマイナーチェンジを正式に通達 首都圏カローラ店筋によると、このほどメーカーのトヨタからカローラ店にカローラシリーズ(アクシオ、フィールダー)のマイナーチェンジを今秋10月に実施するとの通達が正式にあったといいます。 比較的大幅なマイナーチェンジであり、改良点としては内外装のデザイン変更、実質燃費&走行性の向上が盛り込まれています。 ビッグマイナーチェンジの後...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタ マイナーチェンジ、特別仕様車を続々発表

来夏発売の次期型カローラは3ナンバーサイズに拡大 来夏に国内投入予定の次期型カローラは、全幅が1720mm程度の3ナンバーサイズに拡大するとのことです。 カローラの歴代モデルは世代交代ごとにサイズアップしてきましたが、いずれも5ナンバーサイズを維持していました。 しかし、マーケットニーズがナンバーに関係なく形成されるように変化していることから、トヨタとしてもグローバルのサイズトレンド...

記事を読む

NO IMAGE

カローラ、ランドクルーザープラドマイナーチェンジ

カローラは10月にも最終のマイナーチェンジか? トヨタは今年10月にもカローラシリーズ(アクシオ&フィールダー)をマイナーチェンジする見込みです。 カローラは、来年夏にはフルモデルチェンジを控えていることから、今回は現行モデル最終の改良となります。 ガソリン車、ハイブリッド車ともに内外装のデザイン変更、クオリティアップ、使い勝手&燃費の向上などが行われます。 燃...

記事を読む

NO IMAGE

カローラ生誕50年 

「自動車をみんなのものに」という願いから50年前に生まれたセダン。「花の冠」を意味する「カローラ」は現行11代目まで作られ、国民的車、と言われた時代も。そこで、カローラのお話を。 初代の計器盤は二つあった 扇形やバー式の速度計をメインとした計器盤が主流だった66年当時、丸型2連メーターを採用したのが初代カローラ。 デビュー当初は計器盤がダッシュボードから飛び出た雰囲気だったが、後期で一体...

記事を読む

NO IMAGE

次期カローラにGTI計画あり?

日本を代表するビッグネームであるカローラ。そのカローラも日本では「高齢化」が進み、いわゆる車好きや働き盛りの人たちからは敬遠されるように思われがちだが、実際には相変わらず売れている。 特に2013年にハイブリッドを加えてからは、常にベスト10入りを果たす「人気車」。ワゴンタイプのフィールダーを加えての数字ながら、まだまだ健在だ。 とはいってもセダンタイプのアクシオはやはり「高齢化」は否...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタ フルモデルチェンジラッシュ!アクア、エスティマ、カローラ

トヨタのビッグネームのフルモデルチェンジラッシュに注目続々とNEWモデルが登場するトヨタ。スタンバイする注目車はどれも魅力的だ! 車種ラインナップが豊富なトヨタは既存車のモデルチェンジだけでもNEWモデルの予定が次々とやってくるのだが、特に注目なのがエスティマ。 一時期はプリウスαとの統合で消滅する方向に決定していたものが一転、根強い人気を誇るミニバンのブランド車として存続が決定した。...

記事を読む

NO IMAGE

昭和のライバル カローラVSサニー 

サニーとカローラが産声をあげたのは、今から50年前の66年だった。春に日産がサニー1000を、秋にはトヨタカローラ100を送り出している。 半年遅く登場したカローラは、ライバルのサニーより見栄えが良い。性能的にも「プラス100ccの余裕」を感じさせた。 発売されるや、瞬く間にコロナからベストセラーの座を奪取し、連勝街道を突っ走っている。サニーも2代目のB110系が「隣の車が小さく見えま...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタビッグネームの行方を追う!

日本車の車名では長く連綿と続いてきたネーミングや、際立った個性も受け継いできた名車などを、特にビッグネームと呼んできた。 例えば、1950年代に生まれたクラウンやスカイラインはまさにビッグネームであり、ミドルサイズサルーンのアコードやマークXレガシィなどそうだ。 際立った個性、すなわち、SUVジャンルならトヨタのランクル三菱のパジェロもそうだろうし、ミニバン系ではオデッセイやエスティマ...

記事を読む

NO IMAGE

新型カローラ&カローラフィールダー。若者に向けた新生カローラが18年登場!

12年5月にフルモデルチェンジした、現在販売中のE160系で11代目となるカローラ。この前の型から国内向けと欧州、北米、中国をはじめとした海外向けでプラットフォームを別物として、国内向けはあくまでも全幅1700mm以下の5ナンバーサイズとする一方で、海外向けは全幅を1760mmまで拡大した、一回り大きなボディサイズとしたのが特徴。国内向けでは13年8月にハイブリッドを追加、15年3月にはマイナーチ...

記事を読む

NO IMAGE

サニーとカローラ、大衆車の時代

日本の国民はアメリカの豊かなライフスタイルに憧れていた。1950年代後半になると、日本の経済成長が始まった。1956年経済白書は「もはや戦後ではない」と宣言。テレビ、冷蔵庫、洗濯機が三種の神器と呼ばれ国民の指針となった。1955年、当時の通産省が国民車構想発表。1960年(昭和35年)9月池田内閣が所得倍増計画を打ち出す。テレビの受信契約500万件突破。映画は、アランドロンの「太陽がいっぱい」が公...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。