「 コンパクトカー 」一覧

NO IMAGE

コンパクトカー最新カタログ!200万円で買えて燃費もいい

3月は車の買い替え時。税金が安いということで人気の高かった軽自動車に2016年異変が起こった。税金体系の見直しだ。そこで再注目したいのがコンパクトカークラスの経済性。しかも軽より広く、走りも快適。今、車を買うならコン、パクトカーが狙い目だ。 新車販売については、残念ながら2016年の新車販売台数は500万台終わったというニュース。これは新車販売台数が約421万台に落ち込んだ東日本大震災の20...

記事を読む

NO IMAGE

新型トゥインゴ フランス流コンパクトカーの真髄

ルノーの新コンパクトモデル、トゥインゴは従来のFF方式を刷新。リアにエンジンを積み、リアタイヤを駆動するRR方式となった。 その効果は絶大。フロントシートの足元は広々とし、ステアリング切れ角も増大。最小回転半径は4.3mと、かなり狭い道でも軽々とUターンすることが可能となった。 最近、世間の車はどんどん幅広になってきている。日本車だってその例に漏れない。そうした中、全幅1650mmと5...

記事を読む

NO IMAGE

もっとキューブを!

日産キューブのような車がたくさん走っていたら、日本の道はもっともっと華やかになる。 コンパクトカーは数々あれど、キューブほどユニークな車はそうない。その名の通り立方体のイメージを前面に押し出した個性的なスタイルと、それゆえの室内の広さ。 クラス最小の最小回転半径4.6mを誇る扱いやすさとともに、直4、1.5LエンジンはJC08モード燃費19.0km/Lの低燃費と軽快な走りを提供してくれ...

記事を読む

NO IMAGE

コンパクトカーと軽自動車 買うならどれがいい?

パッソやムーブ以外にも100万円台前半で価格が重なっているコンパクトカーと軽自動車はいろいろある。その中でお勧めのコンパクトカーと軽自動車はこれだ! 軽自動車のボディはコンパクトカーよりも小さいが、車内の広さは逆転する。価格が140万円以下に収まるコンパクトカーの場合、大半の車種は背が低く、全高は1550mm以下だ。立体駐車場が使いやすい代わりに、後席や荷室の広い車種が少ない。 逆に軽...

記事を読む

NO IMAGE

新型マーチ スタイリッシュに変貌を遂げる伝説のコンパクトカー

今年末に登場予定の新型マーチはこれまでのイメージをガラリと変えて、アグレッシブなデザインとなる。ベースは昨年のジュネーブショーで公開されたスウェイで流麗なフォルムが特徴。ボディサイズは一回り大きくなるが、5ナンバーサイズはキープするという情報だ。 エンジンは1.2Lと1.5LのNAが有力だが、プラットフォームを共用するルノールーテシアの0.9Lターボや1.2Lターボが搭載される可能性もある。...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタコンパクトカーS-FRは市販化されるのか?

トヨタコンパクトFR、「S-FR」がついに東京モーターショー会場でその姿をあらわした。そのボディサイズは全長3990☓全幅1695☓全高1320mm。ヴィッツクラスの極めてコンパクトなボディーだ。 搭載されるエンジンについては公表されていないが、パワーウェイトレシオは6kg/ps台後半から7kg/ps台で、車重は1トン程度をイメージしているという。このことからパワーは140ps程度、チューニ...

記事を読む

NO IMAGE

16年トヨタの新車攻勢の目玉はコンパクト3車種だ!

トヨタの16年における新商品ラインアップのアウトラインが浮かび上がってきました。目玉となるのは来春一新のパッソをはじめ来秋に登場する予定の新型コンパクトトール2ボックス、来冬の新型コンパクトSUVが挙げられます。 トヨタのコンパクトカー、ちょっと気になります?もしも新車に乗り換えるなら、お得に乗り換える簡単な方法ありますよ。愛車を下取りに出す前に無料一括査定サイトで価格確認すればいいんです。...

記事を読む

NO IMAGE

全長4000mm未満クラスコンパクトカー(値引目標額表あり)

コンパクトカークラスは売れ筋人気車がひしめいており、また現実的に購入中心ゾーンとなるのでライバル車も含めて値引きの動向やモデルチェンジ時期の把握など、商談に向けた作戦をしっかりと立てていきたい。 コンパクトカー、売れ筋ですから現実的な所で買い替えを考えている人も多いと思います。 それで今の愛車を下取りに出すと思うんですけど、7年落ち以上ならディーラーでは査定価格が付かないって知ってました?...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。