「 国産車 」一覧

NO IMAGE

国産車フルモデルチェンジ!2018年~2023年の一覧

トヨタ クラウン:2018年6月 スタイルは17年東京モーターショーでお披露目済み。クーペのようなリアビューや足回りの進化が楽しみだ。 カローラ:2018年11月 次期型は「相当かっこいい」カローラになる見込み。TNGAプラットフォームが採用され、5ナンバーサイズは維持される。 オーリス:2018年11月 現行は2012年のフルモデルチェンジなので6年ぶり。カローラ同様TNGAが採用さ...

記事を読む

NO IMAGE

スライドドアの車種 国産車一覧

車のスライドドアが日本に最初に生まれたのは1966年。商業車のダットサンキャブライトが 最初だった。 日本の狭い道路でもドアが開けられ、荷物を出し入れできる。そんな利点で人気になった。以来、商業車を中心に広がり始める。 そして1980年代に入り日本にもミニバンブームが到来、リアにスライドドアを持った初代プレーリーが登場したのが1982年、以来ミニバンブームの盛り上がりとともにスライドド...

記事を読む

NO IMAGE

国産エンジンなんでも「初」モデル

●国産車初のDOHCエンジンは63年登場のホンダT360、でなんと軽トラックだった。354ccで30psというハイパワーを発揮した。 ●国産車初の100psオーバー車は63年登場のグロリアスーパー6。2L直6SOHCで105psだった。 ●国産車初のV8エンジン搭載車は64年登場のクラウンエイトで、2599ccで115ps/20.0kgmだった。 ●国産車初の150psオーバー車は69年登場...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。