「 センチュリー 」一覧

NO IMAGE

トヨタ RAV4、センチュリー情報

来春発売の新型RAV4はトヨタ全系列店併売か? トヨタが来春にも復活させて発売する新型RAV4の販売はトヨタ全系列店での扱いが有力になっています。 新型は、グローバルモデルでは2.5LのNA&ハイブリッドですが、国内仕様はハリアーとの競合を避ける狙いから、若干排気量ダウンし、新開発2LのNA&ハイブリッドを搭載する方向で開発を進めているようです。 シートレイアウトは、...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタクラウン、ニューセンチュリー情報

次期型クラウンは6月上旬に発表、発売か? トヨタは6月上旬にも次期型クラウンを発表、発売する方向でスケジュール調整をしているようです。 次期型は、昨年の東京モーターショーに参考出品したプロトタイプとほぼ同じボディスタイルに一本化する見込みで、従来のようなロイヤル、アスリートのようなシリーズ分けはしません。 搭載するパワーユニットは当面2.5Lハイブリッドと2Lターボのみのラインアップ...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタセンチュリー販売終了 次期型は2018年登場か?

2017年1月末、1967年11月に初代が登場してから約半世紀もの間、トヨタブランドのトップモデルとして君臨してた「センチュリー」の生産が終了した。 全長4980☓全幅1890☓全高1450mmのボディに、150ps/24.0kgmを発生する3LのV8、OHVエンジンを積んで登場した初代センチュリー。 この初代は30年にわたって販売され、97年に二代目へバトンを渡す。そしてこの二代目モ...

記事を読む

NO IMAGE

レクサスLS、センチュリー、プレジデント、高級車の未来

圧倒的な静粛性で世界の高級車メーカーを驚かせた初代レクサスLS400(日本名セルシオ)が登場してから早くも27年が経つ。日本の高級車として、実質的に世界で初めて認められたモデルと言っていいだろう。 もちろん、日本にも昔から高級車はあった。60年代にはクラウンの上級者、クラウン8やセドリックの上級モデル、スペシャルもあったし、その後、センチュリーやプレジデントも生まれ、80年代にはシーマ現象を...

記事を読む

NO IMAGE

新型センチュリー 20年ぶりのフルチェンジでV8、5Lハイブリッドに!

97年に登場したセンチュリーは国産車で唯一のV12エンジンを搭載する、ショファードリブン専用車として国産車で孤高の存在。総理大臣専用車の主流はレクサスLSに取って代わられたけど、センチュリーをベースとした「ロイヤル」は皇室専用車としてなくてはならない存在だし、やはりレクサスLSでは得られない威厳がある。 とはいえ現在開発中の次期型センチュリーは残念ながらV12を廃止し、LS600hにも搭載さ...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。