スポンサーリンク

モデルチェンジサイクルってどれくらい?

月販5000台程度以上の量販車は多くの場合、フルモデルチェンジによって世代交代し、商品力の維持・向上を図る。サイクルは車種ジャンル、メーカーにより多少の差がある。4年程度のサイクルで最も短いのは軽自動車でダイハツのタント、ムーブ、スズキのワゴンR、スペーシア。などホンダのN-BOX、N-WGNは5年強と少し長い。

登録者だと以前は4~5年サイクルが5~6年に長引く傾向にある。それも量販のミニバン、コンパクトハッチバックなどに限定され、他のモデルはさらに延長される方向にある。比較的短めなのはトヨタのアルファード/ヴェルファイア、ノア/ヴォクシー、プリウス、アクア、クラウン、ホンダステップワゴン、フィット、日産セレナ、ノート、マツダデミオ、スズキスイフトなどである。

メーカーによる格差もある。量販モデルの多いトヨタは短めで、他はホンダ、日産の一部車種を除き長引く傾向がある。販売台数が頭打ちになり、開発投資の回収が遅れつつあるためだ。ここ数年は市場ニーズの高いミディアムやコンパクトクラスのSUVの新顔が多く登場しており、今後は5~6年でのサイクルの仲間入りをする可能性がある。

 

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

モデルチェンジ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました