スポンサーリンク

ホンダの新型「N-BOX」が8月に予約開始!気になる特徴は?

記事内に広告が含まれています。

今回は、ホンダの新型「N-BOX」についてご紹介します。この車は、日本で最も人気のある軽自動車のひとつで、2021年7月にフルモデルチェンジされました。8月からは予約が開始されるそうですが、どんな魅力があるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

新型「N-BOX」の特徴とは?

新型「N-BOX」は、以下のような特徴を持っています。

– デザインが一新され、よりスタイリッシュで洗練された印象になりました。
– 安全性能が向上し、衝突回避支援システムや後方誤発進抑制機能などが標準装備されました。
– 燃費性能も改善され、WLTCモードで25.2km/L(2WD)という高い数値を実現しました。
– 室内空間も広く快適になり、荷物やペットを積みやすいように工夫されています。
– カスタマイズ性も高く、カラーやグレード、オプションなどを自由に選べます。

新型「N-BOX」のデザインについて

新型「N-BOX」のデザインは、従来のモデルと比べて大きく変わりました。フロントマスクは、丸みを帯びたヘッドライトと大きなグリルが特徴的で、力強さとかわいらしさを兼ね備えています。サイドビューは、シャープなラインと大きな窓が目を引きます。リアビューは、縦長のテールランプと幅広いバックドアが印象的で、積載性を高めています。全体的には、よりスタイリッシュで洗練された印象になっています。

新型「N-BOX」の安全性能について

新型「N-BOX」の安全性能も大幅に向上しています。衝突回避支援システム「Honda SENSING」は、前方衝突警報や自動ブレーキなどを備えており、事故のリスクを低減します。また、後方誤発進抑制機能や後方接近警報機能なども標準装備されており、駐車場などでのトラブルを防ぎます。さらに、車両安定化装置やエマージェンシーストップシグナルなども備わっており、走行中の安定性や周囲への注意喚起も高めています。

新型「N-BOX」の燃費性能について

新型「N-BOX」の燃費性能も改善されています。WLTCモードで25.2km/L(2WD)という高い数値を実現しており、軽自動車の中でもトップクラスです。これは、軽量化や空力性能の向上、エンジンやトランスミッションの最適化などによって実現されています。また、アイドリングストップ機能やエコドライブモードなども搭載されており、環境にも優しいです。

新型「N-BOX」の室内空間について

新型「N-BOX」の室内空間も広く快適になっています。前席は、シートの高さや角度を調整できるようになりました。後席は、スライドやリクライニングが可能で、足元も広くなりました。荷室は、床下収納やフラットモードなどが利用でき、荷物やペットを積みやすくなりました。また、インパネやドアトリムなどにも高級感のある素材が使われており、質感も向上しています。

新型「N-BOX」のカスタマイズ性について

新型「N-BOX」のカスタマイズ性も高くなっています。カラーは、ボディとルーフの組み合わせが選べるようになりました。グレードは、標準仕様の「G」、「L」、「EX」のほかに、スポーティな「N-BOX Custom」も用意されています。オプションは、ナビゲーションやオーディオなどの快適装備や、アルミホイールやフォグランプなどの外装装飾品などが豊富にあります。自分好みの「N-BOX」を作ることができます。

管理人のまとめ

以上、新型「N-BOX」についてご紹介しました。この車は、デザインや安全性能、燃費性能、室内空間、カスタマイズ性といった点で優れており、軽自動車ファンにはたまらない一台です。8月から予約が開始されるそうなので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

ホンダ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました