シビックセダン レスポンスに優れる1.5Lターボ搭載

米国ではコンパクトな部類に入りそうなサイズだが、そういう車はだいたい日本に導入されると予想以上に大きかったというオチがつく。

米国では、他が大きすぎてスケールが感じられなくなるのだ。しかし、シビックは明らかに大きい。何しろボディサイズは全長4503mm、全幅1752mm、全高1435mmである。シビックというよりアコードだ。

ただし、大きなぶんキャビンスペースはしっかりと広い。乗り心地も良く、シビックというネーミングだけに違和感がある。

パワーソースは直列4気筒1.5Lの直噴ターボ。もちろんVTECを採用する。最高出力174ps、最大トルク22.4kgmのこのエンジンが実にパワフルなのだ。

しかも、ボンネットを開けてターボの文字を確認するまでは、もしかするとNAなのかと疑うほどにレスポンスに優れているのだ。

ハンドリングは、サスペンションの動きに粗削りなところがあるが、ロールを伴う素直な操縦性。乗り心地にもしなやかさがあり、1ランク上のシビックだ。

さて、日本に導入されるとどのような評価となるのか楽しみだ。

  • 全長4503mm、全幅1725mm、全高1435mmでホイールベース2669mmというのは我々がイメージするシビックのサイズというよりも、アコードサイズである。
  • 直4、1.5Lターボは最高出力174ps、最大トルクは22.4kgm

【広告】


シビックセダン主要諸元

全長☓全幅☓全高(mm) 4503☓1752☓1435
ホイールベース(mm) 2669
車両重量(kg)
エンジン 直列4気筒DOHCターボ
排気量(cc) 1497
最高出力(ps/rpm) 174/6000
最大トルク(kgm/rpm) 22.4/1800-5500
トランスミッション CVT
サスペンション ストラット/マルチリンク
価格 1万8640ドル~

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加