スポンサーリンク

ホンダオデッセイ復活!2023年冬に最上級ミニバンで再導入

ホンダ
記事内に広告が含まれています。

今冬発売のホンダ新「オデッセイ」は「豪華リアシート」も大幅進化? 快適性追求の後席の変化とは、というニュースがありました。

要約はこんな感じ。

==ここから==

ホンダは2023年冬に、最上級ミニバン「オデッセイ」を再導入し発売すると発表した。

オデッセイは2021年末に日本市場から撤退していたが、多くのユーザーから復活を求める声があったため、中国で生産されている改良型をベースとする新モデルが導入されることになった。

新オデッセイでは、プレミアムなセカンドシート「プレミアムクレードルシート」にスイッチ操作のパワーシートやセンターテーブル、シートヒーターなどが装備され、快適性が大幅に向上した。

また、フロントグリルのデザインや安全性能、機能装備も見直され、ブラックエディションも追加される予定だ。

==ここまで==

オデッセイは人気車種だったのにいつのまにか日本市場を撤退してたんですね。

ホンダオデッセイ復活。豪華リアシートの強化

ホンダは、2023年冬に最上級ミニバン「オデッセイ」を再導入し発売する予定です。

新モデルのリアシートは、従来モデルにはなかった両側スライドドアを国内向けモデルとして初採用した5代目オデッセイの特徴ともいえるプレミアムなセカンドシート「プレミアムクレードルシート」に改良が加えられています。

このシートは背もたれを倒すと座面が上昇し、姿勢をホールドすることに加え、ロングスライド機構や背もたれの中折れ機構、オットマンを装備するシートとなっています。

また、シートヒーターや2列目専用の急速充電付きUSBチャージャーも2個装備されるなど、大幅に快適性の向上が図られています。

新オデッセイではフロントグリルのデザインが刷新されたほか、機能装備も見直しを実施しており、新たに近距離衝突軽減ブレーキ、オートハイビーム、急アクセル抑制機能(オプション)を追加され、安全性能が向上しています。

各部にブラック加飾を施した新タイプ「ブラックエディション」も追加される予定です。

詳細なスペックや価格などは現在公表されていませんが、2023年秋に先行予約の受付が開始され、同冬に発売されることが明らかになっています。

管理人のまとめ

2023年冬に、最上級ミニバン「オデッセイ」が再導入され発売されます。

新モデルのリアシートは、プレミアムなセカンドシート「プレミアムクレードルシート」に改良が加えられており、背もたれを倒すと座面が上昇し、姿勢をホールドすることに加え、ロングスライド機構や背もたれの中折れ機構、オットマンを装備するシートとなっています。

また、シートヒーターや2列目専用の急速充電付きUSBチャージャーも2個装備されるなど、大幅に快適性の向上が図られています。

新オデッセイではフロントグリルのデザインが刷新されたほか、機能装備も見直しを実施。

詳細なスペックや価格などは現在公表されていませんが、2023年秋に先行予約の受付が開始され、同冬に発売されることが明らかになっています。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

ホンダ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました