スポンサーリンク

レクサスRXに7人乗り誕生

記事内に広告が含まれています。

レクサスRX7人乗り仕様が追加される。ロングホイールベース化やリア回りの造形を変更した専用ボディを持つ、RXのまったく新しいボディバリエーションとして11月にも登場だ。

昨年10月、6年ぶりにフルモデルチェンジしたレクサスRX。そのRXに3列シートの7人乗りモデルが設定されるという情報が入ってきた。

トヨタのSUVではランクル200とランクルプラドに5人乗りの2列シート車のほか、7~8人乗りの3列シート車が設定されているが、RXの7人乗りモデルがこれらと異なるのは7人乗り専用のボディとなる点だ。

現行型RXのボディサイズは全長4890☓全幅1895☓全高1710mmで、伸びやかなサイドビューを持つプロポーションが印象的。ルーフラインの後ろ側が低くなっていて、リアウィンドウの角度も寝かせたクーペフォルムが特徴だが、7人乗りモデルではスペック上の全高は変わらないものの、ルーフ後半から低くなる傾斜を抑えながらリアウィンドウの角度もグッと立てた造形へと変更。

さらに、ホイールベースを2790mmから100mm弱ほど延長しており、これらによって3列目シートのスペースを拡大。その分全長も伸びて4900mm程度になる。

3列目シート広さはプラス2程度で広くはないが、7人乗車時もラゲッジスペースは確保されるという。また、3列目シートを格納すると広くフラットなラゲッジに変身。時々は6人以上で使いたい。そんなユーザーには待望のレクサスの登場だ。なお7人乗りモデルの発売は11月頃。価格は5人乗りの約20万円高と予想。

 

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

レクサス
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました