マツダは、3月末でMPVを生産中止

マツダはこの3月末をもって、上級ミニバンMPVの生産を打ち切るという情報をつかみました。国内での需要が見込めない状況にあるためです。

MPV、生産中止なんですね~。ミニバンはどんどん減っていくのでしょう。ならば、今のうちにミニバンを買えば値引きも大きいかもしれません。

それで、今の車を下取りに出して買い換えよう!
と思ったら、下取りに出す前に無料一括査定サイトのリクルートのカーセンサーで今の愛車の価格を確認してください!ディーラー下取り価格より50万円くらいは高く売れるはず!

リクルートのカーセンサーにはこちらから→カーセンサー.net簡単ネット査定

ビアンテ、プレマシーも廃止か?

このほかビアンテ、プレマシーについても順次モデル廃止の方向で生産調整に入っています。プレマシーは日産にラフェスタハイウェイスターとしてOEM供給していますが、こちらについても早晩打ち切る方向で検討すると見られます。

ではMPV亡き後、どのどうするかですが、ミニバンに代わってSUVの商品ラインアップでカバーする方針です。北米や欧州でも設定車種が増えつつある3列シート7人乗りのSUVですが、その動きに合わせ、日本市場にもミディアムクラス以上のSUV車に3列シート7人乗りを設定するそうです。

その車種はどうなるか?先頃広島宇品工場で生産を開始したCX-9は今春から北米仕様で発売開始されますが、ボディサイズは全長5065☓全幅1969☓全高1716mmと、日本市場には大きすぎるため、日本での発売は今のところ予定されていません。今後、CX-5とCX-9の間のモデルが開発され、それが3列シート7人乗りのSUVになるでしょう。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加