スポンサーリンク

1955年式 トライアンフ TR2

記事内に広告が含まれています。

トライアンフTR2はTR8まで続いたTRシリーズの名声を確立した、英国を代表するオープンスポーツである。1952年秋のロンドンモーターショーに出品されたコンセプトカー、トライアンフ・ロードスター(後にTR1と命名)の市販型で、53年8月にデビューした。

趣味の名車、持ってることが喜び、ですよね~
でも、自分で探すとなったらそれは大変というか、幻の名車ともなれば不可能に近い。
ところが、なびくる+なら、希望のクルマを登録すればプロが見つけてくれるんです!
しかも無料で。ちょっと確認してみませんか?

詳細はこちら→>>なびくる+<<

TR2の魅力

TR2の魅力はすぐれたパフォーマンスにあった。軽量コンパクトなボディに1991ccの直4OHV(90ps)ユニットが搭載された。排気量は当時人気のスポーツカー、MG-TD(直4/1250cc)とジャガーXK120(直6/3442cc)の中間で、性能はジャガーに近かった。公表されたトップスピードは170km/h、しかし、ポテンシャルはそれ以上だった。53年5月にベルギーのテストコースで挑んだ最高速度チャレンジでは、ウィンドシールドを取り去るなど空気抵抗を改善したモデル(エンジンはスタンダード状態)が201km/hを達成。160km/hを突破すると高性能車の称号が与えられた当時、TR2のスピードは圧倒的だった。

フロントがダブルウィッシュボーン式、リアがリーフにジェット式の足回りは、レーシングドライバーであり開発エンジニアでもあったケン・リチャードソンの調整で、ハイレベルに仕上がっていた。TR2は発売後、モータースポーツシーンで大活躍する。54年3月のRACラリーでは、1、2、5位を獲得。ミッレ・ミリアやアルパイン・ラリー、ル・マン24時間レースでも好成績を収めた。モータースポーツシーンでは耐久性が要求される長距離イベントになるほど強みを発揮した。スピード性能と高い信頼性をそなえたTRシリーズの伝統は、1stモデルのTR2で築かれたと言える。

TR2は55年10月にマイナーチェンジされ、TR3にバトンを渡した。2年ほどのモデルライフである。生産台数は8636台。そのうち約65%にあたる5521台がアメリカに輸出された。

新車時の車両データ

サイズ:全長☓全幅☓全高3838☓1410☓1270mm
ホイールベース:2235mm
車重:840kg
エンジン:1991cc水冷直列4気筒OHV、90ps/4800rpm、16.2kgm/3000rpm
トランスミッション:4MT
サスペンション:Fダブルウィッシュボーン/R半楕円リーフ
ブレーキ:Fディスク/Rドラム
タイヤ&ホイール:5.50-15+スチール
駆動方式:FR
乗車定員:2名

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

トライアンフ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました