スマート・フォーツー、フォーフォー 走り爽快!

三代目スマートは、ルノー(トゥインゴ)との共同開発で採算の改善を目指している。

日本向けは元祖スマート的な「フォーツー」より、4人乗りの「フォーフォー」を主役に据えて昨年登場したが、3気筒のNA 1Lエンジン(71ps)+DCTはかなり激遅。

軽のノンターボと互角ぐらいながら、4人乗りだとつい普通のコンパクトカー気分になってしまうので、この遅さがかなりきつかった。それで今回、本国向けにラインアップされていた3気筒の897ccターボ投入。

トルクが9.3kgmから13.8kgmへ大幅アップした効果は絶大で、実に軽快に加速する。ターボラグもほとんど感じない。

特にフォーツーだとRR感もバリバリで、超ショートホイールベース+後ろから押される感覚が最高。カブリオターボをオープンにすれば、走り始めた瞬間からこれはいいという感じ。

もちろん4ドアのフォーフォーだって、走りの実力は相当高められた。これなら大人が3人くらい乗っても不満なく走ってくれるだろう。

ターボの追加で魅力が大きく増したスマート。あえて不満な点を上げれば、内装デザインにワクワク感が足りないことだろうか。この辺はトゥインゴの方が上かも。

  • 基本的にフォーツーと共通となるフォーフォーのインパネ。ハンドル右奥には回転計と時計が追加されている。
  • ラゲッジ下に収められた0.9Lの直3ターボエンジン。エンジンを外すことで簡単にアクセス可能。
  • フォーフォーのシート。後席を備える4人乗りだが正直、後席はあまり広くない。リアウインドウが下がらないのはルノートゥインゴとも共通の仕様。
  • フォーツーターボは「カブリオターボリミテッド」と「ターボマットリミテッド」(241万円)が限定で用意される。フォーフォーのターボはカタログモデル(NAもあり)

【広告】


スマート・フォーツー、フォーフォー主要諸元

フォーツーカブリオ
ターボリミテッド
フォーフォーターボ
全長☓全幅☓全高(mm) 2755☓1665☓1540 3550☓1665☓1545
ホイールベース(mm) 1875 2495
車重(kg) 990 1060
エンジン 直3 DOHC 897cc+ターボ
最高出力(ps/rpm) 90/5500
最大トルク(kgm/rpm) 13.8/2500
トランスミッション 6速DCT
JC08モード燃費(km/L) 22.0
価格 248万円 256万円
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加