VWパサート/パサートヴァリアントが上陸

2.0TSI R-Lineは、これまでのR-Lineに搭載されていた1.4Lエンジンから、ゴルフGTIと同じ出力の2Lエンジンを搭載し、安全&機能装備を追加したモデル。

220ps/35.7kgmのエンジンパワーと6速DSGのコンビネーションは、サーキットでも全くストレスを感じさせない加速性能だ。

袖ヶ浦FRのストレートエンドでは、セダンが170km/h広くを記録。これはスポーツセダンとしてかなり速い。

ヴァリアントも160km/hを越えていて、この2Lエンジンはパサートでも十分以上にスポーツが楽しめる動力性能だ。

低速からの加速性能も高く、1速ギアでは一気に7000rpmまでオーバーシュートしそうな勢いだった。

R-Lineには可変減衰力ダンパーのDCCが標準装備されているので、走行シーンに合わせてモード(コンフォート、ノーマル、スポーツ)をチョイスできる。

もちろんサーキットではスポーツが最適だが、コンフォートにしてもタイトコーナーなどは、スポーツよりもかえってフロントがよく入り、軽快なステアリングフィールだ。

コンフォートモードでもただ乗り心地に特化せず、走行安定性はしっかり押さえているところが素晴らしい。

荒れた路面を通過しても、バウンシング(上下動)の収まりが速いので乗り心地が良い。ヴァリアントとセダンの比較では、リアセクションの長さと重さの違いを感じる。セダンの方が明らかに軽快で、サスペンションが締まった印象を受けた。

  • セダンよりもさらに余裕のある頭上空間と、快適な乗り心地で疲れにくく、多人数乗車での長距離ドライブも苦になることはないだろう。
  • 全グレードLEDテールランプを採用。ブレーキを踏むと、横位置から縦位置に点灯パターンが変わる機能を標準装備。

【広告】


パサート/パサートヴァリアント主要諸元

パサート
2.0TSI R-Line
パサート ヴァリアント
2.0TSI R-Line
全長☓全幅☓全高(mm) 4785☓1830☓1460 4775☓1830☓1500
ホイールベース(mm) 2790 2790
車重(kg) 1510 1560
エンジン 直4 DOHC 1984cc+ターボ
最高出力(ps/rpm) 220/4500-6200
最大トルク(kgm/rpm) 35.7/1500-4400
トランスミッション 6速DSG
JC08モード燃費(km/L) 15.6 15.0
価格 499万9000円 519万9000円
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加