アルファロメオ ステルヴィオ・クワドリフォリオ

車体サイズを感じさせないその身のこなしに驚いた!

久々のFRサルーン、ジュリア登場で盛り上がるアルファロメオ。

けれども、本命はむしろこちら、SUVのステルヴィオだ。

ジュリア同様、新開発のFRプラットフォーム「ジョルジュ」を使う。

今のところ、全グレードがQ4、つまり4WDとなる。

ライバルはポルシェマカンやBMWX3、MベンツGLCだ。

内外装のデザインを含め、基本的には「背の高いジュリア」である。

サスペンション形式やホイールベースもジュリアと同じ。

エンジンラインアップも同様だ。

ということは、ジュリア・クアドリフォリオのステルヴィオ版も存在する。

砂漠のリゾートホテルを起点に、パールホワイトのステルヴィオQ4クアドリフォリオで走り出す。

心臓部には、フェラーリとの協力で生まれた2.9L90度V6ツインターボの510馬力エンジン+8ATが収まる。

4WDであること以外は、ジュリア版と全く同じ仕様だ。

ドライブモードをRACE、変速をマニュアルに変え、爆音を響かせ駆け上がる。

加速そのものはジュリアより安定していたが、背の高い分、違う質のスリルがあった。

何より驚いたのは一層シャープになったハンドリング。

トルクベクタリングの効きが凄まじく、車体の前半ごとカツーンと内側を向く。

その動きを予測してアクセルペダルに込める力を調整すれば、まるでスポーツカーのようにあらゆるベンドを駆け抜ける。

なるほど、いま世界で最も楽しい、かつ最速のSUVだとFCAが胸を張るわけだ。

日本導入は2018年上半期中。

まずはジュリアヴェローチェ相当のグレードからやってくる。

クワドリフォリオは、少し遅れての上陸となりそうだ。

ステルヴィオQ4クワドリフォリオ諸元表

全長☓全幅☓全高(mm) 4702☓1955☓1681
ホイールベース(mm) 2818
車重(kg) 1830
エンジン V6ツインターボ
総排気量(cc) 2891
最高出力(ps/rpm) 510/6500
最大トルク(kgm/rpm) 61.2/2500
トランスミッション 8速AT
【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加