ホンダフリードハイブリッドモデューロX。ローダウンなしでも不満なし

ローダウンなしで、しっかり感のある走りを手に入れたフリードモデューロX。

コンプリートモデルの中でもひときわ異彩を放つ。

  • エアロダイナミクスで安定性向上
  • ローダウンなしでのチューニング
  • 後席でも分かる乗り心地の良さ
  • 一目でわかる専用エクステリア

モデューロXといえば、開発アドバイザーを土屋圭市さんが務めていることで知られる。

鷹栖のホンダテストコースを満足のいくまで走ったというフリード・モデューロXの走りは気になるところ。

モデューロXの特徴は、単なるサスペンションのチューニングでスポーツ方向に乗り味を変えているのではないこと。

空力を考えた専用フロントバンパーを装着することで、空気を車体の下に導き、リフトバランスを最適化しているのだ。

車高の高いミニバンの場合、これが予想以上に効果があり、横風との戦いとなる東京湾アクアライン(試乗時は8m/秒)を走った時の安定感は、ノーマルよりも数段上。

ステップワゴン・モデューロXでは17インチタイヤを装着し、15mmのローダウンとなっていたが、フリード・モデューロXはノーマルと変わらない185/65R15タイヤを装着し、最低地上高も135mmのままとなっている。

その代わり、専用アルミホイールの剛性を最適化し、サスペンションのチューニングと合わせて4輪の接地性を高めている。

路面の継ぎ目でも、ガツンと言う初期入力をいなしてくれる。

どうしても1モーターのハイブリッドの場合、車重が重くなるせいか、ばたつきを感じることもあるが、フリードモデューロXは剛性が上がっているのだろう、ベースモデルよりも乗り心地がフラットだ。

これは後席でも同様で、ドライバーだけでなく、奥さんや子供たちにも自慢できるポイントだ。

ただ、モデューロXの場合、エアロダイナミクスと足回りのセットでのチューニングなので、どうしても値段が上がってしまう。

サスペンションとアルミホイールだけ、セット25万円くらいで走りの質感アップが可能になれば、多くのファンが獲得できるはずだ。

【広告】


フリードハイブリッド モデューロX ホンダセンシング

全長☓全幅☓全高(mm) 4290☓1695☓1710
ホイールベース(mm) 2740
エンジン 直4DOHC+モーター
総排気量(cc) 1496
最高出力(ps/rpm) 110/6000
最大トルク(kgm/rpm) 13.7/5000
モーター最高出力(ps/rpm) 29.5/1313-2000
モーター最大トルク(kg/rpm) 16.3/0-1313
トランスミッション 7速DCT
サスペンション ストラット/ストラット
車重(kg) 1460(6人乗り)
最低地上高(mm) 135
価格 313万920円

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加