スポンサーリンク

ジープ・レネゲードとプラットフォーム共用するフィアットのスモールSUV

FCA(フィアットクライスラーオートモビルス)ジャパンは、フィアットの新型スモールSUV、500Xを10月24日より発売する。500Xは1957年に誕生したフィアット500の内外装デザインのエッセンスを取り入れたスモールSUV。プラットフォームは欧州Aセグメントのフィアット500ではなく、同じFCAグループのスモールSUV、レネゲードと共用している。

フィアットのスモールSUV、欧州のセンスが光っていて、快適、という感じがします。
こういうSUVがいいかなということで買い替えを検討される方に。
買い替えの時、今の愛車を下取りに出すと思いますが、ディーラーの下取りにだすより無料一括査定サイトで売却したほうが高価に売れてお得ってご存知でしたか?

特に7年とか10年とか年数が経っているクルマはディーラ下取り価格はほぼゼロですが一括査定サイトで中古車屋さんに売却すれば、結構な高値で売れる時があるんです!
高く売れたらポップスターをポップスタープラスに出来る、かも!

詳細はこちら→>>あなたの愛車は今いくら?<<

レトロな美学と先進テクノロジーの融合

ボディサイズは全長4250☓全幅1795☓全高1610mm(4WD)は全長4270mm、全高1625mm)、ホイールベースは2570mmと、フィアット500POPより全長が705mm長く、全幅が170mmワイド、全高は95mm高いサイズになる。乗車定員はフィアット500は4人乗りだが、500Xは5人乗りとなる。全モデルに1.4lのマルチエアターボーを搭載。FFモデルのポップスター(286万2000円)、ポップスタープラス(307万8000円)には140ps/23.5kgmを発生する1.4L直4ターボエンジンに6速DCTを組み合わせ、JC08モード燃費は15.0km/L。4WDモデルのクロスプラスは、FFと同じ1.4L直4ターボだが170ps/25.5kgmを発生する高性能版を搭載し、9速ATを組み合わせ、JC08モード燃費は13.1km/L

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

SUVフィアット
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました