「 S-FR 」一覧

NO IMAGE

トヨタスポーツカー戦略の大中小 S-FR、スープラ後継車、86ビッグマイナーチェンジ

なかなか具体的な動きが見えてこないトヨタのスポーツカー戦略だが、まずは「86」が初のマイナーチェンジを実施することから動きが始まる。 4月のニューヨークショーで初公開されたマイナーチェンジモデルでは内外装の変更が明らかにされているが、本質はそこではない。現在「徹底的にチューニングを煮詰めている」と開発に関わる関係者が言うように、スポーツカーに最も大切なシャシー性能を磨き上げていると言うから楽...

記事を読む

NO IMAGE

S-FRは別デザインで開発継続中か

今回のオートサロンでは「レーシング仕様」を出展、東京モーターショーでの予想以上の評判の高さから、トヨタ社内でも積極的に動いているという。現在、トヨタのスポーツモデルの開発は多田哲哉チーフエンジニアを中心としたスポーツ車両統括部が行う。 統括部の中に「ZR」と「TGR」があり、ZRがBMWとの協業スポーツ、S-FR、それにWRC車両の開発もこの部署が担当し、TGRはGAZOO部門の車両開発を行...

記事を読む

NO IMAGE

トヨタコンパクトカーS-FRは市販化されるのか?

トヨタコンパクトFR、「S-FR」がついに東京モーターショー会場でその姿をあらわした。そのボディサイズは全長3990☓全幅1695☓全高1320mm。ヴィッツクラスの極めてコンパクトなボディーだ。 搭載されるエンジンについては公表されていないが、パワーウェイトレシオは6kg/ps台後半から7kg/ps台で、車重は1トン程度をイメージしているという。このことからパワーは140ps程度、チューニ...

記事を読む

NO IMAGE

S-FR 待ってました!デビュー決定?小型FRスポーツクーペ

世界初公開のトヨタS-FRは新ライトウェイトスポーツの提案である。操縦するエンターテイメント性と、エントリーカーとしての身近な存在感を追求している。東京モーターショーでの反響次第で商品化が決定するという。S-FRは、フロントミッドシップ方式のFRレイアウト。理想的な前後重量配分と、徹底した軽量化によりすぐれたコーナリング特性を追求。エンジンの詳細は未公表だが開発担当者は「パワーユニットは、低速トル...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。