スポンサーリンク

2015年車メーカのトピック

記事内に広告が含まれています。

トヨタ:新型プリウス

「いいクルマを作ろう」という企業方針のもと新プラットフォーム「TNGA」第1弾として誕生した新型プリウス。これが一番です。プリウス=環境、燃費というイメージに「走る楽しさ」加えたのが新型の魅力で、それこそが「いいクルマを作ろう」の具現化。トヨタとしてチャレンジングな1台です。

日産:自動運転

やっぱり矢沢永吉さんが出演したCM やっちゃえ日産で動き始めた自動運転です。東京モーターショーで発表された電気自動車「IDSコンセプト」が、電動化、機能化を目指す日産を象徴していると思います。先日、報道関係に公開しましたが、公道でのテスト走行も始めましたし、トピックとしては一番だと思います。

ホンダ:ホンダジェット

創業者、本田宗一郎が長年描いていた空への夢。それはホンダの夢でもあるのですが、15年ホンダジェットという形で実現。それを羽田(東京)や仙台、神戸、熊本など各地空港で日本の皆さんへお披露目出来た。嬉しい出来事でした。マスコミの方は「ユニークで独創的」と評価。ホンダとしてはこれが一番の褒め言葉です。

マツダ:RX-VISION

一番のトピックは東京モーターショーでのRX-VISIONの大注目。これを見るために何重もの人垣ができていました。こんなに注目されるのマツダのブースを見るのは初めてかも。それだけロータリーエンジン復活が待たれていると思うと同時に、夢の実現へスタートを切ったと実感しました。

スバル:ニュル24時間優勝

しばらく勝ちから離れていたニュル24時間耐久レースで、圧倒的強さでクラス優勝を飾れた事。事前のテストでの大クラッシュ、急きょ行ったドライバー変更などトラブルが多かった中で勝てたことが大きかったです。また、グッドデザイン賞で、スバルの開発思想や、安全への取り組みが認められ「アイサイト」が金賞を受賞した事には驚きました。

三菱:再びのワークス参戦

今年アウトランダーPHEVを使って、バハ・ポルタレグレ500にワークス参戦を果たしたことです。成績は振るわなかったものの、SUV、電気、四駆の3本柱でやっていこうとしている三菱にとって、このチャレンジは意義がありました。

スズキ:鈴木俊宏新社長

一番は社長交代。15年末の時点では新社長で会社が変わったという実感はないですが、16年以降スズキも少しずつ変革する見通しです。また、アルト、アルトターボRS、アルトラパンの3モデルがRJCカーオブザイヤーを受賞したことです。

ダイハツ:キャスト新発売

15年9月に投入したキャストが一番のトピックです。軽市場が冷え込んでいる中で3つの顔を同時投入して、活性化を図れたことが良かったと思います。もう1つは、小ペンローズからセロに着せ替えできるドレスアップフォーメーションを発売した事です。

今の愛車7年落ち下取り査定ゼロ・・・でも!
>>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<<

 

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

トピック
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました