スポンサーリンク

ポルシェが変わった!フラット4ターボの718ボクスターはNAのフラット6よりいいのか

記事内に広告が含まれています。

718ボクスターのフラット4ターボは標準グレードが2L、Sが2.5Lと2種類が用意される。基本的には先に911に搭載された3Lフラット6と同じモジュールとなり、室内側に近いシリンダーを2気筒分省いて出来たスペースに、ターボと吸排気の取り回しを加えたものだ。

空水両冷となるインタークーラーはシリンダー上部におかれ、エンジン搭載位置を低くする都合上、シングルタービンは不等長排気管に接続される。このレイアウトはかなり試行錯誤を繰り返したそうで、不等長であることのネがはないと言っていたポルシェの担当エンジニアは前職がフォードでマツダのある広島に足繁く通っていたそうだ。

鼓動感のはっきり伝わる不等長排気のフラット4サウンドは、日本人にとってはかつてのスバル車などで聞き覚えのあるものだが、シュンときれいに音をそろえて回るフラット6サウンドになれた車好きにとっては、おそらく賛否の分かれるところだろう。

しかしポルシェはそれを無理にかくそうとせず、あえて力強さの証として前面に押し出そうと考えたようだ。サウンドチューニングはかなり派手目で、特に2Lの側は音質もパリッと乾いたものとなっているため、回して楽しめる仕立てにはなっている。回して楽しめるという点で言えば、7500rpmのレッドゾーン直前までフラットにパワーの伸びを感じさせながら吹ける、言ってみればNA的なエンジンのフィーリングに関心させられた。速さそのものは数字が物語る通り、先代よりも確実に一回り上にして、この価格帯ではトップクラスのパフォーマンス。2.5LのSであれば一世代前の911GT3にも並ぶ7分42秒台でニュル北コースのラップを刻むというから、そのパワフルさはうかがい知れるだろう。

ドライバーは繊細なアクセルワークが要求される散水路で時折ドリフトを披露してくれたが、そこでのツキの良さをみるに、ターボエンジンにありがちなスロットルレスポンスの悪さもしっかり対処されているようだ。

ボクスタースペック表

グレード 12-15年
981型ボクスターS
12-15年
981型ボクスター
16年~
982型718ボクスター
16年~
982型718ボクスターS
エンジン 水平対向6気筒 水平対向6気筒 水平対向4気筒
ターボ
水平対向4気筒
ターボ(VTG)
排気量(cc) 3436 2760 1988 2497
最高出力
(ps/rpm)
315/6700 265/6700 300/6500 350/6500
最大トルク
(kgm/rpm)
36.7/
4500-5800
28.6/
4500-6500
38.8/
1950-4500
42.8/
1900-4500
圧縮比 12.5:1 12.5:1 9.5:1 9.5:1
0→100km/h 5.0 5.7 4.9 4.4
最高速度(km/h) 277 262 275 285
車両重量(kg) 1390 1380 1365 1385
日本価格 843万円 687万円 710万4000円 904万4000円

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

ポルシェ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました