スポンサーリンク

アバルト124スパイダー復活!

記事内に広告が含まれています。

昨年12月のLAショーでNDロードスターベースの124スパイダーを発表したのに続いて、ジュネーブショーではアバルト124スパイダーとアバルト124ラリーがワールドプレミアとなった。

★★毛のない頭で考えるな!無料相談受付中!★★
詳細はここをクリック→>>アイランドタワークリニック<<

アバルト124スパイダーは、72年に生産されたWRCベース車両の124アバルトスパイダーと同様、フロントボンネットとトランクリッドがマットブラック仕上げ。前後重量配分を50対50とするため、フロントアクスル方向に配置されたエンジンは、フィアット124スパイダーに積まれる1.4L4気筒マルチエアターボエンジンから10ps向上した170ps/25.5kgm。これに6速MTを組み合わせ、最高速度は230km/h、0→100km/hは6.8秒。今年9月には欧州で発売、日本導入は16年内を予定。

そして注目のもう一台、アバルト124ラリーはアバルトレーシングチームが開発したもので、300psの1.8L直噴ターボエンジンを搭載。17年にもFIAが現在の1600ccから2000ccクラスに変更するのではないかと噂されているが、それを見越して、WRC復帰を目指し開発されたようだ。

 

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

フィアット
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました