GRMN86とポルシェ、BMWの比較

トヨタ86/スバルBRZは200万円台という価格設定のFR車というコンセプトがポイント。先日のマイナーチェンジでは特にリアサスの横剛性が高められたことでよりスタビリティーが高まり、コーナリング時のコントロール性が高まった。

とはいえ、基本コンセプトはあくまでも「手軽にFRの走りを楽しむことができるスポーティクーペ」である。ポルシェケイマンやBMWZ4あたりの本格派スポーツクーペ(オープン)と比べたら、やはり動力性能面、操縦安定性能面で一歩も二歩もかなわない。

ところが、86はまさに謀反を企てた!それがGRMNモデルだ。エンジンはNAのままトヨタテクノクラフトの手によりファインチューン。シャープに吹け上がり、トルク感もノーマルとは全く異なりアクセルに対するレスポンスがシャープでアクセルワークによる挙動コントロールがより容易になっている。

なによりも徹底的に鍛え上げられたシャシーが別次元。「メカニカルグリップ」という言葉があるが、なるほど、これがそれか、と納得する。

【広告】


GRMN86試乗

サーキットでの試乗だったが、ストレートエンドでフルブレーキング。ブレーキを残しながら1コーナーにターンインして行く場面。

ノーマル86では絶対にその速度では曲がれないのだが、GRMNは一切挙動を乱すことなくスッとノーズをインに向けてスパっとエイペックスをかすめて立ち上がりのラインに乗る。

明らかに余裕があり、まだまだブレーキポイントを奥にできるし、コーナリング速度自体も高められる。

やや逆バンクになるハイスピードの左ターン。アクセルをやや緩めて前輪をしっかりと接地させてターンインしていく場面で、たいていは軽くリアを振り出しながらコーナリングしていく場面だが、ここでもGRMNは四輪がっちりと路面を掴んでいる。

この感覚はレーシングマシーンの感覚に近く、ポルシェケイマンやBMWZ4を確実に超えている。

ただし、GRMN86の価格は648万円、718ケイマンは619万円、BMWZ4は20iMスポーツで591万円。そして残念なことに100台限定のGRMN86はもう新車で買うことができない。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加