スポンサーリンク

一番安い素のポルシェははたして選んでいいのか?

記事内に広告が含まれています。

718ボクスターの登場により、ケイマンのターボ化もほぼ既定路線であることは容易に察せられる。今回、同乗試乗ながらそのエンジンフィーリングを確認するに、ターボによる著しいフィーリングの損失はないとわかった。

となると、大きく向上した速さとトレードオフの対象になるのは、やはり4気筒のサウンドと微かに纏う鼓動感だろうか。これらは肯定的に見ればポルシェのスポーツカーの歴史に新たな個性を与えていると思う。が、パワーよりもなめらかさや爽やかさといった感覚的なところを重視したいという人にとっては、やはり6気筒の方に後ろ髪をひかれる事にもなるはずだ。

現在、販売店ではおそらく6気筒のケイマンも在庫販売になりつつあるのではと思われるから、検討は早めが吉である。そしてもし、あくまで速さよりフィーリング重視であればボクスター&ケイマンの搭載エンジンは2.7L、つまり素のグレードがお勧めだ。小さなムービングパーツで組まれたフラット6をシュンシュンと回す気持ち良さは、ほかの何にも代えがたい魅力だと言えるだろう。

この718ボクスターから見ると、おそらく素のグレードが良さそうな仕上がりだとおもえるのが、新しい911だ。ターボとはいえ、6気筒ゆえ、音・振動の変化はほぼ無に等しく、回転フィールやパワーの乗りも718ボクスターの仕上がりに近いものであれば、従来のNAユニットに対して著しい変化と感じることもないだろう。ラインアップの膨大な911にあっても、その中核であるベースモデルのカレラには911の何たるかがきっちり詰め込まれてきたが、新しいモデルも速さも含め、きっと高い満足度を供してくれるはずだ。

マカンシリーズは装備の見直しなどもあって初出時より価格が高くなったが、ポルシェらしいパワフルさやエンジンの回転質感、サウンドなどを期待するなら、多少の価格差は目をつぶって中間グレードのSを買ったほうがいい。

素のモデルは見た目的な不満はなくも、乗り続けているうちに機関側から物足りなさを感じる時が来るだろう。ポルシェである以上、やはりエンジンの存在感は絶対にゆずれないところだ。

ポルシェの新車を購入する場合のローン試算

ということで、実際にポルシェの新車を購入する場合、月々のローン支払い額はいくらになるのか試算した。頭金100万円で5年60回払い、ボーナス時20万円加算で計算。元金のうち、車両の残価を据え置いて、残りを支払う残価設定ローン(ポルシェパワーローン)と通常ローンでは、718ボクスターでいくら違うのか?

残価設定ローンは、2回目以降は月々4万7400円。一方通常ローンだと、2回目以降の支払額が8万3100円。少しでも月々の負債額を少なくするなら残価設定ローンが現実的かも。

718ボクスターを新車で購入する場合、通常ローンと残価設定ローンとの違い

ポルシェパワーローン
(残価設定ローン)
通常ローン
718ボクスター/7速PDK 710万4000円 710万4000円
支払合計金額 751万4250円 751万4250円
支払回数 60回 60回
頭金 101万4250円 101万4250円
ローン元金 650万円 650万円
初回支払 5万140円 8万7850円
2回目以降支払い 4万7400円 8万3100円
ボーナス時加算 20万円 20万円
手数料(実施年利率2.9%) 89万9340円 49万750円
最終支払額(残存価格) 260万円

 

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

ポルシェ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました