スポンサーリンク

注目の2016年登場のニューカーベスト10予想

今年もこれから続々ニューカーが生まれてくる。待望のフルモデルチェンジだったり、新規投入車だったり色々予定されているが、日本市場にインパクトを与えそうなニューカーをまず10車種ピックアップしてみた。

順位としては以下のようになる。

  • 1位:トヨタ・プリウスPHV(11月)
  • 2位:スバル・インプレッサ(9月)
  • 3位:日産・セレナ(8月)
  • 4位:トヨタC-HR(9月)
  • 5位:ホンダ・フリード(9月)
  • 6位:スズキ・ワゴンR(8月)
  • 7位:トヨタbB後継車(10月)
  • 8位:ダイハツミラ(イース)(9月)
  • 9位:レクサスLC(10月)
  • 10位:ホンダNSX(11月)

1位のプリウスPHVは新型プリウスの前後のデザインを専用とし、より上級志向に。価格がポイントだがEV走行が60kmできるとなると、実質的にガソリンをほとんど消費しないエコカーとなる。

2位のインプレッサは国内でのテストも終了、秋の市販待ち。ファンが多い車種だけに、派生車とも言えるXVとともに注目したい1台だ。3位はセレナ。5ナンバー市場でモデル末期とはいえ人気車種。次期モデルは新しいHVシステムを積むとあって、多くのユーザーが期待するミニバンだ。

4位はトヨタが新たに投入するSUV。基本的には新型プリウスのプラットフォームを使った新感覚SUV。日産のジューク対抗ともいえるが、HVもあり期待できる。

5位は売れ筋のフリード。シエンタ同様、HVでどこまで伸びるか注目される車種。こちらも国内でのテストも終了。

6位と8位は軽自動車。ハイト系のメイン車種でもあるワゴンR、そしてダイハツが威信をかけて開発するメイン車種ミラの次期型がこの順位。間に7位としてトヨタの新型コンパクトミニバンを入れてみた。

bB後継車的な扱いだが、ユーザーターゲットはまったくことなり、ヤング層からファミリー向けに変わる。実用性の高いミニバンでトヨタが力を入れる車種だ。

9、10位はレクサスのSC後継車のLCとホンダのNCX。ともに1000万円を大きく超える価格帯ながら、車好きにとっては見逃せないモデルだ。日本の自動車技術力の高さを証明するモデルとしてランクイン。一部は来年にずれ込むこともあり得る。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

トピック
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました