日産の反撃!ゴーン緊急指令!

ここ数年、日本マーケットを軽視していると指摘される日産だが、ある関係者はついにカルロスゴーンCEO自ら日本での業績に警鐘を鳴らしたと証言する。これまで海外展開に力を入れてきたが、国内ディーラーからの反発で動かざるをえなくなったのかもしれない。

今年は注目のノートHVの追加、マーチのフルモデルチェンジ(来年の可能性も)、そしてGT-Rのビッグチェンジなど、日本のユーザー層に人気のあるモデルが相次で登場する。

ノートHVはセレナのHVシステムと共通の新しいシステムのHVで、発電用1.2Lエンジンを積みモーターで走るシリーズHV。価格次第では燃費でアクアに対抗できるはじめてのHVモデルになる。マーチもデザインを一新。GT-Rで注目なのはNISMO。今や海外で評価が高いのはNISMOで、でこの仕上がりは相当期待できそう。

ゴーンCEOの号令で動きそうなのが、メルセデスベンツAクラスとプラットフォーム/エンジンを共用するインフィニティQ30。日本でナンバー付きが走るなどプレミアムブランドの確立のため、Q30やスカイラインクーペであるQ60の日本誕生も近づいている。場合によってはインフィニティブランド登場か?

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加