718ボクスター日本上陸!

今年2月に予約受注がスタートしていたが、まだ日本に上陸していなかったポルシェボクスターのニューモデル、「718ボクスター」が6月1日に初披露された。

今回ボクスターは、車名に「718」が加わったわけだが、これは50~60年代にサーキットで活躍したレーシングモデル「ポルシェ718」の名が与えられたもの。実は基本骨格はこれまでの先代モデルがベースなのだが、コードネームは「981」から新型では「982」に変更。コンセプトも一新したフルモデルチェンジとなっている。

先代ベースとはいえ、単なる改良ではないことはエンジンを見れば明らかだ。ミドシップに搭載されるエンジンは従来の水平対向6気筒から2気筒が減って新開発の水平対向4気筒に変更。レーシング718と同じ「ミドシップ&フラット4」のレイアウトから「718」の名前を受け継いでいるのだ。

その新型水平対向4気筒は最新のターボ技術が投入されて、ハイパワー化だけでなく高効率化も追求。ベースグレードは排気量が2Lで300ps/38.8kgm、上位グレードの「S」は2.5Lで350ps/42.8kgmを発揮。ノンターボの2.7Lと3.4Lを搭載していた従来モデルよりも、両グレードともにパワーが35psアップし、燃費は最大13%削減されている。

シャシーは大幅なチューニングによって飛躍的に剛性感を高めた上、電動パワステを10%ダイレクトにするなどで、俊敏性、安定性とも向上。

中身が進化しただけじゃなく、エクステリアもフロント回りやボディサイドをはじめ、ほとんどの部分のデザインを変更してシャープさを強調。実際のパッと見の印象も大きく変わった。

価格は先代型より20万~60万円程度アップして、658万~904万4000円。全国のディーラーでは6月末頃から展示され、試乗もできるようになるそうだ。

価格は、718ボクスターの6速MTが658万円、7速PDKが700万4000円。718ボクスターSの6速MTが852万円、7速PDKが904万4000円。

718ボクスターS 主要諸元

全長☓全幅☓全高(mm) 4379☓1801☓1280
ホイールベース(mm) 2475
車両重量(kg) 1385
エンジン 2.5L、水平対向4+ターボ
最高出力(ps/rpm) 350/6500
最大トルク(kgm/rpm) 42.8/1900~4500
燃費(100kmあたり/複合) 7.3L
トランスミッション 7速PDK
価格 904万4000円

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加