プレミオ/アリオンマイナーチェンジで装備充実

現行型プレミオ/アリオンの登場は2007年なので既に9年目を迎えている。一般的なモデルライフを考えれば、2回目のフルモデルチェンジと言ってもおかしくはない時期だ。

「販売台数を考えると、簡単にはフルモデルチェンジをするということはできません。しかし、確実にお客様がいらっしゃる。熟成を極めると共に、新たな魅力を付加していくことが今回のマイナーチェンジのポイントです」と開発陣は言う。

ここ最近の販売台数は、プレミオ/あアリオン両車あわせて月間1500~2000台程度となる。これは300台/月前後で推移するアクセラセダン、インプレッサG4、シルフィなどと比べても圧倒的に多く、トヨタとしても見過ごすことはできない。

今回のマイナーチェンジのポイントはズバリ、質感の向上に尽きる。プレミオとアリオンの差別化は、フロントグリルのデザインとリアコンビランプの形状のみにとどめ、エンジンフードやフロントフェンダーなどの形状は共通としつつ、大きく手を入れている。

さながらプレミオはクラウンロイヤル、アリオンはクラウンアスリートといった雰囲気。

インテリアも大きくイメージチェンジを図っており、特にセンターコンソールのデザインはグッと現代的になり、華やかな印象を与えるシート表皮のカラーデザインなどと合わせ、明るく開放的な印象を与える。

【広告】


走りは必要にして十分

搭載エンジンラインナップはこれまでと同じく1.5L、1.8L、2Lの3タイプ。ハイブリッドの搭載は検討されなかったのか?

「当然、ハイブリッドの搭載の検討はしました。しかし、プレミオ/アリオンのユーザーの年間走行距離はそれほど多くない方が多く、ハイブリッドにすることのメリットが少ないとの判断です」と開発陣。

プレミオ/アリオンのプラットホームが少々古く、ハイブリッド化するには大きな変更が必要で、その分コストがかかってしまい、販売価格に影響するということだ。

1.5Lと1.8L車に試乗をしたが、動力性能は1.5Lでも必要にして十分。CVTがトルクゾーンをキープしてくれるので、動力性能に不満を感じることはない。

ただ、シャシーに古さは感じた。時に路面に小さい凹凸のある一般道を走るとフロント回りがブルブルと震えるような動きをする。この辺り、「小さいけれども上質な車」を目指すのであればもう一歩突き詰めてほしいところ。

でも、リクライニングまでする広々とした後席に座ると、案外こんな5ナンバーセダンも悪く無い。

2010_Toyota_Premio_02

プレミオ/アリオンマイナーチェンジのポイント

  • フロントマスクの大胆変更で大きくイメチェンを図った。
  • 四色の新色ボディーカラーを設定
  • 本革シートをオプション設定。また標準タイプのシート表皮もデザイン、カラー変更
  • トヨタセーフティセンスC標準装備

プレミオ/アリオン主要諸元

アリオンA18 Gパッケージ プレミオ1.5F EXパッケージ
全長☓全幅☓全高(mm) 4590☓1695☓1475 4595☓1695☓1475
ホイールベース(mm) 2700 2700
車重(kg) 1230 1200
エンジン 直列4気筒DOHC 直列4気筒DOHC
排気量(cc) 1797 1496
最高出力(ps/rpm) 143/6200 109/6000
最大トルク(kgm/rpm) 17.6/4000 13.9/4800
JC08モード燃費(km/L) 16.4 19.2
タイヤサイズ 185/65R15 185/65R15
価格 223万9527円 230万6291円
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加