スポンサーリンク

見えてきたホンダの17年戦略。N-BOXのモデルチェンジやマイナーチェンジ多数

[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

今年、ホンダのニューモデル展開は8月25日発表のNSX、秋発売の次期型フリードがありますが、次の17年はN-BOXのフルモデルチェンジを筆頭にビッグマイナーチェンジを含め、ニューカーラッシュになりそうです。

有力モデルは次期型N-BOXの他、バモスとシビックの次世代モデル、新規ハイブリッド専用モデル。そしてビッグマイナーチェンジや追加モデルではフィット、ステップワゴン、シャトル、ヴェゼルなどが予定されていて、強力な商品ラインアップを整えそうです。

登録車はあんしんパッケージのホンダセンシング、軽自動車はホンダセンシングの簡易版の採用、パワートレインや駆動系の見直しで低燃費&高性能をより高次元で両立させる構えとなっています。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

ホンダモデルチェンジ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました