SUV人気拡大中!CX-8、レクサスUX、ジューク、フォレスター登場?

今、国産車も輸入車も大きいサイズから小さいサイズまでSUVが激増中。4月6日にスバルXVがフルモデルチェンジし、19日には新型ベンツGLAが登場。

また、26日には299万円スタートという戦略的な価格でアウディQ2がデビューした。さらにその流れに乗り遅れるなとばかりに、三菱は年末の登場が予想されるエクリプスクロスを各地で披露して存在感をアピールするなどSUVの勢いは増すばかりだ。

そんな中、今一番ホットな話題はマツダCX-5より一回り大きなサイズのSUVとなる「CX-8」を事前発表したことだろう。デビュー年内とされているが、ボディサイズと3列シートの室内が事前公開された。

サイズは全長4900☓全幅1840☓全高1730mm、ホイールベース2930mmで、車名の数字通り、北米で売られているCX-9よりは小さいが、CX-5よりかなり大きく、日本で売られる中で最も大きいマツダ車となる。

エンジンは2.2Lのクリーンディーゼルで6速ATを搭載。ミニバンのビアンテ、プレマシーが年内で生産を終了するため、そこもカバーする3列シート専用車となる。

【広告】


レクサスUXは来年春登場

また、レクサスのSUV攻勢を仕掛けてくる。まず来年春に登場するのが「UX」。いま人気のC-HRをベースにレクサスらしく高級に仕上げるSUVで、レクサスの中ではNXの下に位置するモデルだ。

さらに、2019年にはヴィッツクラスのコンパクトSUVも登場。新たに開発するTNGAの小型プラットフォームを使うクロスオーバーカーで、もちろんレクサス最小のモデルとなる。

UXのエンジンはC-HRとは異なるラインアップとなりそうだ。昨年2月にUX200、UX250、UX250hという車名が商標登録されており、それに沿ったエンジンラインアップとなることが予想される。

C-HRは1.2Lターボと1.8Lハイブリッドだが、UXはこの車名を見る限り2L&2.5LのガソリンNAと2Lクラスのハイブリッドと見るのが妥当。

この2種類のNAエンジンはTNGAに基づき新開発される超高効率のダイナミックフォースエンジンで、同じく新開発の8速ATと組み合わされることになりそうだ。

ヴィッツベースのコンパクトSUVのエンジンは3気筒の1Lターボが有力。レクサスで1Lとは意外かもしれないが、最新のアウディQ2もエンジンは3気筒1Lと4気筒1.4Lのターボ。今やプレミアムブランドも小排気量が当たり前になっている。

新型ジュークはe-POWERを搭載して今年末に登場

日産はジュークが年内にもフルモデルチェンジする。ノートで好評のe-POWERを搭載する新感覚のコンパクトSUVとなり、東京モーターショーで初公開し、その後、年末に正式デビューというスケジュールか。

本格スポーツモデルのNISMOバージョンも同時に発売となる可能性が高い。さらに年末はフォレスターのフルモデルチェンジも控えている。今最も熱いSUVカテゴリーに注目の新車が数多くスタンバイしている。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加