ホンダN-BOX、ステップワゴンHV、S2000で巻き返し!

売れ筋モデルの新型からリアルスポーツまで。NSX登場でスポーツ路線回帰が見られるホンダだが、新型N-BOXの投入など売れ筋モデルにも力を入れる。

好調な販売を見せるフリードの一方で、苦戦を続けているステップワゴンだが、2017年のマイナーチェンジでついにハイブリッド投入。一気に巻き返しを図る。

17年にはもうひとつ大きな動きがある。人気ナンバーワン軽自動車、N-BOXのフルモデルチェンジだ。基本的にキープコンセプトながら、細部のブラッシュアップで、さらなる魅力を獲得する。

スポーツモデル好きにとっての注目は、何と言っても新型S2000だ。モーターに頼らずエンジンのみで駆動するため、硬派なファンにはたまらないモデルとなるだろう。

NEW N-BOX デビュー時期2017年2月

広い室内空間はさらに広く。燃費性能も引き上げられて登場。

現行型デビューから6年目となる2017年、N-BOXが新型に生まれ変わる。既に定評のある室内空間は、各パーツのレイアウトの工夫により、さらに拡大。

軽自動車最大の居住空間となる模様。一方ライバルと比較して弱点だった燃費も、当然引き上げが図られる。

目標燃費は30.0km/Lで、これでもスズキの現行スペーシア(32.0km/L)にはおよばないが、評価の高いデザインや価格設定、ライバルを凌ぐ居住空間で、十分以上の競争力を確保する。

ステップワゴン(MC) デビュー時期2017年7月

イメージの良いハイブリッド投入で大逆転を狙う

ステップワゴン苦戦の原因に、ハイブリッドの不在が言われているが、2017年のビックマイナーチェンジでついにハイブリッドが投入される。

フリードが採用する1.5Lエンジンをベースとしたもので、燃費も20km/Lを大きく超えてくるはずだ。

S2000 デビュー時期2018年

ミニNSXとも言うべきミドシップマシン。搭載するは310ps発生の直4、2Lターボ

初代S2000はFRだったが、新型はシビックタイプRに採用されたK20C型2Lターボエンジンをミドに搭載。

まさにボクスター/ケイマンクラスのスポーツモデルとなる。310ps/40.8kgmだったK20C型エンジンの出力は、S2000では350pS/42.0kgmあたりまで引き上げられるという話もある。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加