スポンサーリンク

プリウスPHVはなぜ発売延期になったか?

[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

トヨタは10月26日に発売する予定だった次期型プリウスPHVを、12月下旬発売に延期すると傘下販売店に通達しました。理由は明らかにしていませんが、組み立て体制の立て直しの必要性が生じたためのようです。

次期型プリウスPHVはこれまでと違い、量販を目指す戦略モデルとして位置づけており、立ち上がり1年間は国内で月販3500代を予定しています。

ところが15年12月にフルモデルチェンジした新型プリウスが予想以上に好調な売れ行きで8ヶ月以上経過した最近でも2ヶ月以上のバックオーダーを抱えています。

8月8日に特別仕様車を設定し、商品ラインアップを強化したことで、さらに勢いが増す可能性があります。

そうなると供給体制が一段と逼迫する可能性があり、新型プリウスPHVの生産開始がスムーズに展開できない可能性があり、プリウスの受注ピッチが一段落する12月下旬に先送りしたともいえます。

したがって販売店での予約の受付開始も当初の9月上旬から11月上旬に延期する見込みです。ただし組み立て開始は10月からと、ほぼ予定通りにすすめるようです。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

PHVプリウス
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました