プリウスのイチ押しグレードは?

トヨタプリウスは2015年12月9日登場。2016年5月販売台数19,860台となっています。

グレード別販売構成比上位3グレード

  1. S:38.0%
  2. A:21.0%
  3. Sツーリングセレクション4WD:19.0%

Toyota_Prius_S_-Touring_Selection-

人気ボディカラー

  1. ホワイトパールクリスタルシャイン:38%
  2. アティチュードブラックマイカ:17%
  3. スティールブロンドメタリック:11%
  4. シルバーメタリック:11%

この車のポイント

旧モデルよりエッジの効いたデザインはこの車の魅力の1つ。また今回のモデルからリアサスがWウィッシュボーンになったことと、TNGAの導入で乗り心地も一段とよくなった。グレードは2WD、4WD合わせて13グレード。

ズバリおすすめグレードは「S」247万9091円

駆動用電池はSがニッケル水素で、それ以外はリチウムイオン搭載。約4万円はニッケル水素が割安。従って機能や装備と価格のバランスでもニッケル水素のSが最も買得。またSツーリングセレクションはSに比べて約15万円高いが、タイヤが17インチになってシート表皮も合成皮革に上級化する。運転感覚や内装が好みならこれも割高ではない。

先代型のSツーリングセレクションは、現行型と同程度の装備で、価格は約20万円高かったのでツーリングセレクションへの上級化は、現行型の方が割安。プリウスの価格は先代型に比べて高くなったが、Sツーリングセレクションに限れば3万6327円の値上げ。燃費が最も優れ価格も安いEはSより約5万円安いが、リアワイパーなど9万円相当の実用装備と遮音材などが省かれた。リチウムイオン電池の搭載もあって割高感が強い。

プリウスS主要諸元

全長☓全幅☓全高(mm) 4540☓1760☓1470
ホイールベース(mm) 2700
車両重量(kg) 1360
エンジン 直4DOHC
排気量(cc) 1797
最高出力(ps/rpm) 98/5200
最大トルク(kgm/rpm) 14.5/3600
モーター出力/トルク(ps/kgm) 72/16.6
JC08モード燃費(km/L) 37.2
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加