プリウスαも怯えてしまうのか BMWの底力。グランツアラーの魅力

全長はプリウスαが70mmほど長く、全幅はグランツアーが25mm広い。ホイールベースは2780mmで同じ。車内の広さはほぼ同じという状況。座席を見ると、まず1列目の座り心地はグランツアラーのサポート性が優れ、αに勝る。

2列目はαの座面が長く、柔軟に感じられてグランツアラーよりも快適だ。2列目の膝前空間は、身長170cmの大人4人が乗車して、両車とも最大寸法は握りこぶし二つ半になる。ミニバンの肝は3列目だが両車とも補助席感覚。大人が座るには2列目を前方へ寄せる必要がある。大人6名で移動するなら片道30分までが限界だ。3列目の居住性は同じくらいだが、αでは足が二列目の下におさまりやすい構造で、αにアドバンテージがあるといえそうだ。

内装の質感はグランツアラーが勝る。見栄えは地味だが丁寧に作りこまれている。

動力性能はディーゼルを選べばグランツアラーの圧勝といえる。実用回転域の駆動力はガソリンの3L並で、高回転域の吹き上がりも滑らか。以前のBMWのディーゼルに比べてノイズも抑えてある。

走行安定性はαも不満はないが、操舵感が少し鈍い。グランツアラーはBMWの後輪駆動セダンに似た設定で小さな舵角から車両が正確に向きを変える。足回りが柔軟に動いて乗り心地も重厚そのもの。

燃費数値はハイブリットの強みでαが勝るがグランツァラは軽油使用がお得感をあおる。価格は装備差を補正してαが約70万円安いが、走行性能や内装、所有感などでグランツァラの魅力が勝る。

BMWグランツアラーとプリウスαの比較

グレード 218dグランツアラー プリウスα(G)
全長☓全幅×全高(mm) 4565☓1800×1645 4530☓1775×1575
ホイールベース(mm) 2780 2780
車重(kg) 1610 1480
エンジン 1995cc、直4DOHC
ディーゼルターボ
1797cc、直4DOHC
+モーター
最高出力(ps/rpm) 150/4000 99/5200
最大トルク(kgm/rpm) 33.7/1750-2750 14.5/4000
モーター出力/トルク(ps/kgm) 82/21.1
JC08モード燃費(km/L) 21.3 26.2
エコカー減税(取得税/重量税) 免税/免税 免税/免税
価格 389万円 317万8145円
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加