昭和のライバル対決 日産ブルーバードVSトヨタコロナ

今から50年前の1960年代後半、日本でベストセラーの座を競ったのが日産のブルーバードとトヨタのコロナだ。59年に誕生したブルーバードは、初代310系が大ヒット。マイカー時代の到来を告げ、日本の風景を変えた。

2代目の410系ブルーバードはピニンファリーナの作品と言われる車だ。発売から半年後の64年4月には日本で初めて月産1万台を超え、ベストベストセラー街道突っ走る。が、尻下がりのデザインは賛否両論だった。

東京オリンピック直前の9月、トヨタは満を持してコロナをモデルチェンジする。3代目のRT40系はストレート基調のモダンなデザインで、主役は1.5Lモデルだ。性能的にも1.2Lのブルーバードを大きく上回った。

発売と同時にブルーバードから首位の座を奪ったコロナは、66年11月には1万7000台に迫る販売を記録。登録台数の新記録を打ち立てている。

また、日本初の2ドアハードトップや5ドアセダンを加えるなど、ワイドバリエーションを誇った。トヨタをメジャーブランドに押し上げたのは3代目コロナだ。

反撃の機を伺っていたブルーバードは、67年8月に3代目の510ブルーバードを送り出す。デザインだけでなくエンジンやサスペンションを一新し、再びコロナからベストセラーの座を奪い返した。この販売合戦が世に言うBC戦争だ。

【広告】


現行車のライバル対決は?

ブルーバードとコロナは70年代以降、今一歩の販売にとどまっている。ブルーバードシルフィにバトンを託し、コロナも90年代からはプレミアを名乗りどちらも地味な存在となった。

埋没してしまったが、プレミオはコロナからの伝統を受け継ぎ、今も小型車枠のボディサイズを守り通している。

この心意気が熱狂的なファンを生み、乗り継ぐユーザーが多い。今年に入って大掛かりなマイナーチェンジを断行。安全装備のトヨタセーフティセンスCも盛り込んだ。

安全&運転支援装備の追加などで、プレミオは再び息を吹き返した。販売面でもシルフィとの差を広げている。華やかさはないが、トレンドに流されない円熟のセダンだ。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加