昭和のライバル対決!レビン/トレノvsシビック

70年代のTE27以来、レビン/トレノはトヨタを代表するスポーツモデル。レースやラリーでも常に第一線で活躍。コンペティション志向の強い走り屋を魅了し続けた。

その頂点が、FRのAE86、FFのAE92あたり。AE86に人気があるのは漫画のせいだけじゃない。

一方、その独走に待ったをかけたのが、ZCツインカムからVTECエンジンに進化するあたりのシビックだ。

こちらはモータースポーツ活動はサーキット専門だったが、強力なエンジンと軽量ボディでレビン/トレノを追走。峠などの公道バトルでも絶好のライバルだった。

【広告】


現行車のライバル対決は?

現行のトヨタ86は、その名前の通りAE86へのオマージュとして企画された、ある種ノスタルジック路線のFRスポーツ。単純な速さを追求するのではなく、ドライビングそのものが楽しい車を目指している。

その背景には「ランエボvsインプSTI対決」の反省がある。速さを極めようとすると、一般ユーザーを置き去りにしたマニアックなテクノロジー競争になりがち。それを戒めるのが、オーソドックスなFRにこだわる86の車作りなのだと思う。

対するシビックは、現行モデルで「タイプR」が限定復活。86とは対照的に、こちらのコンセプトは明確に「速さ」で、「量産FF車ニュル最速」という分かりやすいテーマを掲げている。搭載する2L直4ターボエンジンは最高出力310psを発揮する。

ただし、実際に乗ってみると意外なことにシビックタイプRの方はあらゆる面で洗練されていて、車全体のクオリティ感が高い。やっぱり目標は高い方がいいのかも。

  • トヨタカローラレビン/スプリンタートレノ(87年)vsホンダシビック(87年)
    80年代を中心にテンロクスポーツが当時の若者の間で人気に。その中でも、レビン/トレノとシビックはツーリングカーレースでも、峠でも人気を二分するライバルだった。
  • トヨタ86
    207ps(MT車)を発揮する2L水平対向4気筒エンジンを搭載。価格262万3320~325万800円。
  • ホンダシビックタイプR
    昨年10月に国内750台限定で発売されたタイプR。310ps/40.8kgmを発揮する2L直4ターボエンジンを搭載。価格428万円。
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加