次期型フリードのプレキャンペーンが本格スタート

ホンダは9月21日にもフルモデルチェンジする、次期型フリードの首都圏営業マン向け説明会を7月中旬にも開催します。同時に今秋を中心に発売する軽自動車メインの特別仕様車について説明する予定です。いずれも実車を披露しながらの商品と販売方針の説明、販売促進の協力要請になる見込みです。次期型フリードは3列シート7人乗りと2列シート5人乗り仕様の両タイプを同時に世代交代することから、実車も2モデルが披露される可能性があります。

軽自動車中心の特別仕様車はNシリーズのフルモデルチェンジサイクルが近くなっていることから、最終段階の活入れ策で安全装備の充実を図るのが中心です。17年春のN-BOXを皮切りに、各モデルを順次世代次世代モデルに切り替える方向にあり、これについての方針説明も行われる可能性があります。

The_frontview_of_Honda_FREED_Hybrid_(GP3)

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加