新型スイフト発進!12月27日発表、1月4日発売

燃費問題の不祥事により遅れていた新型車がいよいよ登場!

例の燃費不祥事から発表が遅れていたスズキの看板車種2車のうちの1車種、スイフトが16年末の12月27日にフルモデルチェンジを行う。

本来であれば、秋に発表、年内に市販される予定だったが、実質的に2~3ヶ月遅れての登場となる。

残るもう一車種、ワゴンRも3月までには登場するはずだが、このところ登録車に力を入れているスズキの屋台骨とも言える新型スイフトは要注目といったところだ。

新型スイフトには従来モデル同様、高効率のデュアルジェット1.2L、K12Bを積んだNAとS-エネチャージを採用するマイルドハイブリッドを採用するマイルドハイブリッドのほか、今回新たに1L、3気筒ターボのK10Cが設定される。

パワー的にはNAが91psと現行モデルと変わらないが、1Lターボはレギュラーガソリン対応となり、バレーノに積まれる111psから10psほど引き下げられることになりそうだ。

グレードはNAモデルがXLとXGとRS、マイルドハイブリッドがMLとRS、ターボがRStの1グレードとなる。

大きく分けるとスポーツ系のRSに3つのパワーユニットが与えられ、標準モデルにはNAとマイルドハイブリッドという設定だ。

ハイブリッドはFFと4WDのCVTのみ、NAのXLとXGのFFと4WDがあるが、このうちXGのFFのみに5MTが用意される。

NAのRSはマニュアルだけで、ターボはFFの6ATのみという組み合わせで、総じて燃費を中心としたグレード構成だということが分かる。

残念ながら、現時点でJC08モード燃費は確認できていないが、現行モデルよりも10%程度改善しているようだ。

価格はベーシックのXGが134万3520円(5MT)、車好き期待のRStは170万4240円(6AT)で、最も高額なRSハイブリッド4WD、セーフティパッケージ付きが194万1840円となる。

セーフティパッケージは税別で89000円高となるが、レーダーブレーキからカメラによる自動ブレーキアシストにバージョンアップしている。

ボディカラーは多彩で標準グレードが8色、RS系が4色の計12色が用意されると言う。ようやくデビューする新型スイフト。ソリオに積まれたストロングハイブリッドは少し遅れての登場になる。

【広告】


スズキ 新型スイフト 予想スペック

RSt RSハイブリッド
全長☓全幅☓全高(mm) 3840☓1695☓1500 3840☓1695☓1500
ホイールベース(mm) 2430 2430
エンジン K10C
直3 DOHCターボ
K12B
直4 DOHC
排気量(cc) 996 1242
最高出力(ps/rpm) 101/5200 91/6000
最大トルク(kgm/rpm) 16.3/1500-4000 12.0/4400
ミッション 6AT CVT
JC08モード燃費(km/L) 22.0 27.2
価格 170万4240円(6AT) 169万1280円

新型スイフト価格表

FF 4WD
XG 134万3520円
(5MT/CVT)
149万7960円
(CVT)
XL 146万3400円
(5MT/CVT)
161万7840円
(CVT)
ML(ハイブリッド) 162万5400円
(CVT)
179万9840円
(CVT)
RS(ハイブリッド) 169万1280円
(CVT)
184万5720円
(CVT)
RS 159万4080円
(5MT)
RSt 170万4240円
(6AT)
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加